チンパンジーが赤ちゃんを食べる事例は過去50年間で4件も!

チンパンジーは赤ちゃんを食べるということが良く起こります。

知能が高く賢くて面白く愛されているチンパンジーですが、想像以上に凶暴な性格であることでも知られています。

群れで生まれたチンパンジーの赤ちゃんを食べることもありますし、人間の赤ちゃんをさらって食べることも。

チンパンジーが赤ちゃんを食べるという過去に起こった事例をご紹介します。

チンパンジーは赤ちゃんを食べる

過去50年間で4件、人間の赤ちゃんがチンパンジーにさらわれたという事件が報告されています。チンパンジーは赤ちゃんを抱いていた母親の腕からさらい、森の中に連れ去って赤ちゃんを食べるようです。

また、チンパンジーは群れの中で生まれた赤ちゃんを捕食することもあります。野生動物が自分の赤ちゃんや群れの赤ちゃんを食べる、殺すというのは割と良く見られる現象です。

鳥や小動物などペットを飼っていて、出産の後に子供を食べるという光景を目撃した人も多いことでしょう。それは遺伝子的に弱い子供を始末するためや、多すぎる赤ちゃんを減らすためだといわれています。

しかしチンパンジーは5年に一度、1匹出産するだけなのだとか。これでは数が増えすぎて困るなんてことはなさそうですね。チンパンジーはやはり残虐性をもって赤ちゃんを食べるのかもしれません。

チンパンジーは人間を襲う

赤ちゃんのような弱くて抵抗できないターゲットだけを襲うのかと思ったら、大人の人間なども普通に襲うようです。

体格は人間の大人の方が大きいですが、チンパンジーはとても戦闘能力が高い生き物です。握力は200キロで、全身毛におおわれているのでわかりにくいですが筋肉も相当すごいとのこと。あれだけ器用に木登りをしたり木の上で移動したりする姿を考えても運動神経はすごいと言えそうです。

チンパンジーに襲われるにはその兆候がある場合も。歯をむき出して笑っているような表情は、歓迎の笑顔ではなく縄張りを侵されたチンパンジーの威嚇です。

このときに撤退しないと、チンパンジーは次の段階に進み攻撃してきます。長い腕を振り上げて、髪を掴み頭を打ち付けたり、その後フンを浴びせてくることも。

また、群れの仲間を呼び寄せて攻撃してくるのでなかなか逃げるのも難しいです。足はそれほど速くはありませんが、なにしろ筋肉がすごいのでプロレスのようにしがみついてきて一度まとわりつかれると脱出するのは困難です。

チンパンジーに襲われる動物学者の動画を見たところ、チンパンジーに体の一部を掴まれたまま地面を引きずり回されるような感じでした。チンパンジーはなかなかとどめを刺さないようです。

他にも、チンパンジーが人を襲った事例としては、チンパンジーの飼い主さんが目を離したすきに飼い主さん宅に訪れていた友人を襲ったというものがあります。まず目をつぶし、耳や指などを食い尽くしたようです。

急所でとどめを刺す前に、体の食べやすそうなところから食べるというのがなかなか残虐性があると思いませんか?目をつぶすなんて言うのも、知能が高いのを感じさせますね。

まとめ・チンパンジーが赤ちゃんを食べる事例

チンパンジーなんかに、せっかく産んだ可愛い赤ちゃんを食べられたらと思うと身の毛もよだちますね。

チンパンジーや野生のサルがいるような森の中は、決して赤ちゃんを連れて散策しないようにしましょう。

想像以上に残虐性があり、狂暴で戦闘力の高いチンパンジー。テレビで見てももう「可愛い」とは思えなくなりそうです。

スポンサード リンク



チンパンジーの知能は何歳?実験の結果とは

チンパンジーの知能は何歳でしょうか。一般的には3歳児並みの知能だといわれていますが、それよりもっと賢いと思わせるエピソードも数々あります。

動物の中では遺伝子が人間とほぼ同じで、人間にとても近い動物であるチンパンジー。

知能が高いと感じさせる行動が報告されていますが、具体的にどのようなエピソードがあるのか詳しく確認していきましょう。

チンパンジーの知能は?

道具を利用する

木の枝、石などを道具として利用して餌を得ることがあります。白アリを取ったり木の実を割るときなどに使います。

木の葉も道具として使い、水を飲むのに使ったりします。その時々の環境にあるものを使って餌を取るという知能の高さや適応力があるようです。

手が器用に使えるというのも知能が高い証拠ですね。

同族同士で争いが起こる

知能が高く、同族同士で争い合うことがあります。縄張り争いという動物の本能以外にストレスや知能の高さゆえの同族争いが起こることがあるようです。

オスのチンパンジーがメスをベシベシと叩いたりを繰り返すこともあります。意外なことに、チンパンジーの場合だと腕力を振るうオスの方が群れの中でメスから人気があるのではないかと推測されています。

動物園でも、「チンパンジーの異常な行動」としてチンパンジーが仲間をベシベシし続ける動画が撮影され無料動画で公開されています。

知能が高い動物なので人間と同じようなひどい部分も持っているのですね。

実験

パネルに現れる数字を小さい順に押していかないと餌がもらえないというゲームでの実験で、チンパンジーは人間を超えるほどの記憶力があることを示しました。

人間でも人によってはちょっと覚えられないようなゲームを器用にこなしていくチンパンジーの動画が後悔されています。これを見ると本当にチンパンジーは知能が高いことを感じさせますね。

スポンサード リンク



チンパンジーは知能だけでなく身体能力もすごい

握力が強い

チンパンジーの握力は強く、200キロもあります。人間よりも腕の腱がとても発達しているせいかもしれません。全体的に筋肉も人間をはるかに超えます。

器用に木登りしたりできるチンパンジーの筋肉は、普通毛皮に覆われて分かりませんが毛の生えていないチンパンジーを見ると筋肉がどれだけ発達しているかが分かります。

牙が鋭い

人間と似ているチンパンジーですが、牙は人間よりだいぶ野生動物らしく鋭くとがっています。もし噛まれれば怪我では済まないかもしれません。

筋肉の強さ、牙の鋭さ、そして高い知性を持っているという特徴から、本質は猛獣な生き物なので猛獣指定もされています。

狩りの仕方がひどい

チンパンジーの狩りの仕方がちょっと美しさに欠けます。

ライオンみたいに、カブッと一息にというわけに行きません。獲物と定めたターゲットに対しては襲い掛かる時にまず目を狙ったり爪を取ろうとしたりするようです。指、耳などから先に食べて、最後に顔を狙います。

実際にチンパンジーに食べられるというアクシデントも起きており、チンパンジーをペットとして飼っていた人の家に訪れた人が、飼い主が目を離したすきにチンパンジーに芽を狙われたり指を全滅させられたとのこと。

飼い主さんには興奮状態のチンパンジーを止めることができなかったようです。チンパンジーはもはやキケンな動物でしかありません。サルを飼おうと考えている方はこの点について充分検討してください。

ただ単に、お腹が空いていたとか餌を狩るためという理由だったら、動物の本能としての行動なのでまだ許せるかもしれませんがチンパンジーはそれとは違うなんというかひどいところがありますね。

小動物を捕まえて、チンパンジーが集団でやいのやいのやって、最後にとどめを刺したものの結局食べはしないというケースも多々報告されているようです。

鳥の中では、モズが似たようなひどい狩り方や餌を結局食べないというようなことをするみたいですね。うろ覚えの記憶ですが。

赤ちゃんを食べることも

チンパンジーはチンパンジーを食べることもあります。赤ちゃんのチンパンジーを仲間に分け与えて食べたりすることもあります。

群れ同士で縄張り意識が強く、違う群れのチンパンジーに遭遇すると亡くなるチンパンジーが出る程に争います。その時逃げ遅れたチンパンジーの群れの子どもが捕食されることが多いです。

人間の赤ちゃんもチンパンジーにとっては完全に獲物になるでしょう。実際、人間の子どもが野生のサルに体の一部を持っていかれたケースもありますね。

本来、群れの中の赤ちゃんを食べるというケースはチンパンジー以外にもたびたび見られる行動です。これは本能的な部分では、子どもの数が多すぎるため減らす目的だったり遺伝的に欠陥があると感じた子供を群れから外すためだったりと様々です。

しかしチンパンジーの場合は、数減らしをする必要なんてないんです。5年に1回、1匹出産するだけだといわれていますので、やはりストレス発散などの心理から赤ちゃんのチンパンジーを食べるのでしょう。

まとめ・チンパンジーの知能

チンパンジーの知能について調べていたら、想像以上に暗い内容の記事になってしまいました。

チンパンジーは想像以上に知能が高く、危険性も持ち合わせている動物なんですね。人間は動物ならなんでも「可愛い」など見た目の評価に走りがちな傾向が見られますが、甘く見ていると危険ですね。

犬でもなんでも、ペットに噛まれたりして怪我をするなどの本末転倒な結果になった事例もたくさんあります。小動物だって飼い主さんを血が出るまで噛んだり、病原菌を移したりなどの話は良く聞きますね。動物と関わるというのは想像以上に危ないことだと改めて認識させられました。

スポンサード リンク



カルガモの親子の生態・生息場所・餌・繁殖など

今回は、カルガモの生態についてです。

春にはカルガモ親子のお引越しがよく地方ニュースになっていますね。警官が動員されることもありますし、側溝にカルガモの子どもが次々落ちて、助けるために消防隊員が出動したこともニュースになっていました。

カモというのは基本的に冬の渡り鳥ですが、カルガモだけは別で一年を通して日本に生息しています。

そんな気になるカルガモの生態について確認していきましょう。

スポンサード リンク



カルガモの生態・生息地

カルガモが水辺で泳ぐ姿は良く見られますね。水のある場所ならどこでもたいてい生息しています。

もちろん水は比較的綺麗でないといけません。小川、側溝などにも見られます。淡水の傍だけではなく、冬になると海の方に下ってカルガモ以外のカモ類と一緒に暮らすこともあります。

カルガモは何を食べて生きているのでしょうか。カルガモは主に植物を食べますが雑食で昆虫も食べます。植物の種子や、水に生えている植物、昆虫などです。淡水魚を食べることもあり、狩猟によって狩られたカルガモからオイカワという淡水魚が30匹も出てきたということもあるようです。

稲も食べるので害獣と認識されることもあります。雑食の傾向が強いので、イネばかりでんくタニシなどの貝類も食べます。タニシを食べるカルガモはお肉が臭くなるのでマガモほどは食肉として食べる機会は少ないといわれています。

カルガモはマガモと並んで美味しい肉だといわれています。日本ではハンターライセンスを所得したらカルガモを狩猟することを許可されています。

スポンサード リンク



繁殖

カルガモの繁殖は、卵生です。巣は水の傍に作り、集団で繁殖地を作ることもありますが、あまりにカルガモの人口密度が高くなると母鳥のカルガモが他所のカルガモの雛を処分することもあるようです。

親のカルガモが自分の産んだ雛を処分することもあります。雛の数が多すぎるようだと処分するようです。卵を産むまではオスとメスのカルガモのパートナーで行動していますが、卵が産まれるとメスのカルガモは抱卵期と育雛期に突入します。

そしてオスのカルガモはオスだけで群れをつくり行動します。ただしオスでも雛を子育てする例もあります。卵から孵化したカルガモの子どもは、生まれてからすぐに自分で歩いて一人で餌を食べられるくらい育ってから生まれます。

小鳥を飼育している人からしたら、こんなに手がかからない鳥もいるんだとびっくりするのではないでしょうか。カルガモは二ヵ月もすれば飛べるようになります。

スポンサード リンク



原種

カルガモは元々原種はマガモですが、日本に生息しているカルガモはアヒルと交雑することで人間への警戒心が薄れて人間に対して恐れなくなってきたと考えられています。

都市部では人とのかかわりも濃いカルガモですが、その多くがアヒルと交雑したカルガモとのことです。見た目に関する遺伝はカルガモが強く出ていますが、性格はアヒルに近いと考えられています。

元々は狩猟されて食肉にされていたカルガモですが、今では性格はアヒルのように人に慣れているようです。アヒルとのあいのこなので、合鴨と呼ばれていますね。しかし合鴨も3代ほど野生で生きれば飛べるようになります。

カルガモはオスとメスで同じ羽の色ですよね。それは自然界の鳥としては珍しいことです。しかし派手な色合いだと天敵に狙われやすいので、オスでも地味な茶色がかった色をしているのだと推察されます。

スポンサード リンク



まとめ・カルガモの生態

カルガモは、愛くるしい見た目どおりによく人に慣れているんですね。それがもともとのカルガモの遺伝子ではなくて、アヒルの遺伝子だということも初耳で驚きました。

カルガモの親子の行列を見るととてもほっこりして癒される人は多いと思いますが、多すぎれば自分たちでヒナを処分するという自然界の厳しい側面もあるんですね。

以上、とても興味深いカルガモの生態についてでした。

スポンサード リンク



ハムスターの種類別の性格と見分け方・性格が変わることも?

ハムスターの性格は種類によってもだいぶ違いがあります。いざハムスターを飼ってみたら、懐かないので面白くなかったり、狂暴で指を噛むのであまり触れなかったりということもあります。

飼いやすい性格をしているハムスターはいったいどんな種類なのでしょうか。また、おなじ種類のハムスターでも個体差によって性格も違ってきます。

ここでは、ハムスターの種類別の性格や、飼いやすそうなハムスターを見分ける方法、ハムスターの性格が突然変わって噛むようになったらどうするかなどについてご紹介します。

ハムスターの種類別の性格

ゴールデンハムスター

ハムスターの種類の中では大柄なハムスターです。性格はおっとりしていてあまり人を噛むこともありません。しかしもし噛まれると力はジャンガリアンハムスターより強く、痛いです。

おっとり、のっそり、天然です。そして賢いハムスターでもあります。知能は1歳の子どもくらいだといわれていて飼い主さんの声、においなど覚えますし、トイレを覚えるので育てるのが比較的簡単だといわれています。

おっとりやさしいゴールデンハムスターですが、縄張り意識は強いです。そのため何匹も飼うのには向かず、一匹で飼うことをおすすめします。

また、体が大きいため力も強く、ケージをこじ開けることがあります。いつの間にか家の中で迷子になっていたということが無いよう気を付けましょう。

あまり鳴かないので鳴き声を聞くことは一生のうちで一度もないこともざらにあります。

ゴールデンハムスターにもいろいろ毛の色や柄の種類があり、定番のキンクマ、他にもホワイトカラーやブラックカラー、こげ茶のアンブロウスゴールデン、犬のダルメシアンのような白黒の模様のダルメシアンハムスターなどがいます。

これらの毛皮の違いによる性格の差はあまりないといわれています。ゴールデンハムスターはみんなだいたいおっとりしているといわれています。

ジャンガリアンハムスター

ゴールデンハムスターよりも体が小さく、白い毛に背中に黒い筋があるのが特徴的なジャンガリアンハムスターは、性格は個体差によってかなり違うといわれています。

全体的な特徴として警戒心があまりなく、人間によく馴れる性格なのはいいのですが、人を噛むこともよくあります。血が出ることもあるので観賞用として飼っている人も多いです。

知能はあまり高くなく、トイレをなかなか覚えません。白い毛のジャンガリアンハムスターは、野生では雪の保護色の中で活動するといわれていて寒さに強いです。その点では飼いやすいと言えます。

チャイニーズハムスター

別名、モンゴルハムスターです。性格は大人しく、飼い主さんによく馴れます。縄張り意識が強いので多頭飼いには向きません。

排泄量が多く、よく水分を摂ります。餌も水気が多いものを好みます。しかし排せつ物はあまりニオイはありません。見た目は尻尾が長くネズミに似ていますが、顔はハムスターらしい可愛さも兼ね備えています。

ハムスターおなじみの、頬袋を使って餌を食べる様子はあまり見られません。木登りもできて、テンションが上がった時はリスのようにすばしこく跳ねて走りることもあります。

とても飼いやすいハムスターで、人に良く懐きます。お迎えして初日から、ジャンガリアンはムスターを半年くらい飼っているのと同じくらいの懐き具合だという人も。

ロボロフスキー

体が一番小さいハムスターです。

排泄量も少なくあまり臭わないので、動物臭さの少ないハムスターです。すばしこい動きをしますし人に懐くことはないので、観賞用として飼う人が多いハムスターです。

噛むことは少なく、噛むより逃げるタイプで、性格はちょっと弱気です。仲間内で喧嘩をあまりしないので、数匹で飼うこともできます。ハムスターとしては唯一多頭飼いに向いているハムスターです。

キャンベルハムスター

キャンベルハムスターというのは、ペットショップでは取り扱いの少ない珍しいハムスターです。ペットとして飼育され始めたのは近年のことです。

キャンベルハムスターは、強気な性格です。人にはなつかず、噛むことが多いハムスターですが、毛色や柄が種類豊富で赤目もいたりして観賞用としては楽しめます。

クロハラハムスター

ゴールデンハムスターより大柄でモルモットくらいあるハムスターです。こちらも珍しくて近年飼育され始めたハムスターです。

見た目はゴールデンハムスターと同じような感じですが、クロハラという名前から想像がつくようにおなかの毛が黒いです。

性格は、正直ペットには向かず狂暴です。噛む力も強いのでもし噛まれると大量出血するでしょう。ケージを壊すこともあり、人に襲い掛かることもあります。

人に懐くという事例は全く無いようで、飼育するには向かないハムスターです。しかし寿命は長く8年くらいも生きます。

スポンサード リンク

 




ハムスターの性格の見分け方

ハムスターの同じ種類でも、個体差によって性格は様々です。特にジャンガリアンハムスターは個体差が大きいといわれていますね。

そこで、飼い主さんに懐きやすそうなハムスターを選ぶためにはどうしたらいいのか確認してみましょう。

お店に行ったら、ハムスターの動き、仕草を観察しましょう。まずハムスターに手を差し出して、どのような反応をするか見ます。逃げる、怖がる、噛みつくようなら扱いにくく懐きにくいです。手のひらに乗せて、大丈夫な感じのハムスターを選べばすんなりと懐いてくれるでしょう。

また、オスのハムスターは縄張り意識が強く、おっとりしていてストレスに弱いという性質がありますが、メスは環境の変化に慣れやすく、神経質でストレスに強いという特徴があります。

ハムスターが小さいうちは、オスメスの判別は難しいといわれています。性別にはあまりこだわらず、懐きやすそうなハムスターを選べばよいでしょう。

ハムスターの性格は変わる?

ハムスターの性格が突然変わることもあるようです。いきなり飼い主さんの指に噛みついてきて、噛んだまま何分も離れないという事例もあります。

狂暴性が増すというのは、性格が変わったというよりも噛み癖が付いてしまったという方が正しいかもしれません。噛み癖がある以外は、いつも通り飼い主さんの呼びかけに反応して嬉しそうに近寄ってくるということもあります。

ハムスターの突然の性格の変化、噛み癖を経験している飼い主さんの憶測では、ハムスターにとって飼い主さんの指が水分が多くて美味しそうに見えてしまうのだとか。

なぜなら、飼い主さんのお母さん(指が乾燥して皮が厚くなっている)が触っても噛まれていなかったからです。なのでハムスターに水分が多い餌を与えるとか、綿の手袋などをして触るとかすればいいのではないでしょうか。

もしハムスターが噛んできた場合は、首の後ろの皮をつまむと自然と口が開いて離すようです。よく猫が子猫の首の皮をくわえているのを見ますが、そんな感じですね。ハムスターも母ハムスターは子ハムスターの首根っこをくわえて移動することもあるので大丈夫でしょう。

まとめ・ハムスターの性格

ハムスターといっても様々な種類があり、それぞれ性格も違うようですね。ハムスター初心者の人はゴールデンハムスターか、ジャンガリアンハムスター、チャイニーズハムスターがおすすめです。この三種類は定番で人に懐きやすく、飼いやすいです。

ハムスターの飼育経験がある上級者さんは、人には懐きにくいですがロボロフスキーハムスターやキャンベルハムスターなど他の珍しいハムスターにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク