ハムスターがなつく方法は、地下型の巣箱を与えること

今回は、ハムスターがなつく方法についてご紹介します。

ハムスターは、なかなかなつくことなく、人間を噛むことがあります。人間に怯えて、手に乗せようとすると逃げ回ることもあります。

ハムスターがこのように、人になつかないのはしばしばハムスターによくありがちな一般的なことだと思われていますね。

しかしそれはハムスターを適切な環境で飼えていないからで、適切な環境で飼ったハムスターというのはハムスター自ら飼い主さんに打ち解けてなついてくれるということも分かっています。

適切な環境というのは、一般的なケージではありません。金網ケージや水槽ケージから脱出しようとするハムスターの執念はすごいですが、脱出しようとするのはケージ環境がハムスターが安心できる環境ではないと考えるからです。

ハムスターにとって適切な環境というのは、ハムスターの習性に沿ってハムスターが安心できるケージです。

スポンサード リンク



まずはケージの環境を見直すことで、ハムスターは安心して心にゆとりができて飼い主さんになつくようになります。

ハムスターがなつくためには、どんなケージ環境が良いのか確認して行きましょう。

ハムスターがなつくには環境改善

地下型の巣箱の必要性

ハムスターにとって良い環境というのは、「地下型の巣箱」というサイトにある、地下型のケージです。

ハムスターは、本来砂に穴を掘り巣穴を地下に作る生き物です。

ハムスターはひとたび地上に出ると敵に命を落とされるかもしれないという緊張状態で、とてもストレスがかかった状態です。

人間に例えれば、事件が起こるような治安の悪い地域の外を、か弱い子供が一人で出歩くようなものです。

ハムスターは防衛するための武器を持ちませんから、敵から身を守る方法はただ隠れることのみです。

なので敵がハムスターに気付くよりもいち早く敵に気づいて、フリーズして固まって敵から見つかりにくいようにするとか、そのようにして身を隠し命を守ってきたのです。

そのハムスターのストレスは、人間が日常的に感じるストレスとは次元が違うでしょう。

そのような緊張状態になってしまう環境から、ハムスターは逃げ出すこともできません。ハムスターのストレスがだんだん溜まりに溜まってくると、ハムスターはケージの金網をずーっとかじっていたり、飼い主さんの手を血が出るまで強く噛んだり、ケージの壁に沿って飛び跳ねて脱出しようと試みたりします。

衣装ケースを改造してケージにしている場合、造りがあまいとハムスターが脱走できてしまうこともあります。

スポンサード リンク



地下型の巣箱のもたらす効果

いずれにしろ、ハムスターが脱走したがるのはハムスターにとってケージが「地上」であって安心できる「巣穴」を早く探しに行きたいからです。

ハムスターの心境としては、飼い主さんになつくどころではありません。

本来、ハムスターは飼い主さんに自分の方から興味を持ってあゆみよってくれる生き物なのです。

なので、地下型の巣箱を与えたハムスターで、「こんなにうちのハムスターがなつくようになるなんて信じられない!」という飼い主さんの喜びの声が上がっているわけです。

給餌のおばさんから、お友達に昇格した感じと言っている人もいます。

ハムスターがそんなになついてくれる地下型の巣箱、ぜひ導入したいですね。

スポンサード リンク



地下型の巣箱の導入

でも、地下型の巣箱の製作者はジャンガリアンハムスター専門のようで、ゴールデンハムスター用の地下型の巣箱は取り扱っていないようです。

ゴールデンハムスター用の地下型の巣箱の図面は公開してくださってるようなので、そちらを参考に自作できる人は自作してみてください。

完璧にできなくても、ハムスターにとって落ち着く条件を少しでも増やしてあげればいいですね。

ブログをいろいろ見て回ったら、衣装ケースを二段構造にして、地下型の巣箱を作る人もいるみたいです。

少し、底上げが必要ですが木の板を四隅に設置するなどして底上げしたら、地下型の巣箱と同じ…何センチだったかな?調べれば分かると思いますが、とにかく同じくらいの高さになって、ハムスターにちょうどよい地下型の巣箱になりそうです。

スポンサード リンク



地下型の巣箱の使い方

それから、環境が整ってもハムスターが気に食わない場合もあります。それは、飼い主さんがトイレ掃除とかの仕方を間違えて、ハムスターが「ここも危険だな」と感じてしまうようなお世話をしてしまった場合です。

そうしたら、ハムスターは地下型の巣箱の中にマーキングをして…つまり、「巣箱」ではなく「縄張り」扱いにしてしまうので、一度ハムスターを別のゲージに移して、地下型の巣箱を掃除消毒してにおいを消して、再チャレンジするというふうにするそうです。

ハムスターにとって「ここは安心できる巣穴だ」と感じられるために、どのようにハムスターのお世話をしたら良いのかは「地下型の巣箱の取り扱い説明書」というのをネットからダウンロードして読んでみるとはっきりします。

ハムスターにとってどのようなお世話がストレスになり、どのようなお世話が最適なのかというのが分かり、とても参考になりますよ。

地下型の巣箱ができるまでの間、取り敢えずタッパーに入れたらとても安心してぐっすり眠ったという飼い主さんのブログも見つけました。

タッパー??とちょっとびっくりしましたが、おそらく空気穴はある程度開けてあるとは思いますが。

ハムスター本来の巣穴というのは空気の流通が少ないので、空気の流通が少ない場所はハムスターが安心するようです。

牛乳パックとトイレットペーパーの芯で作る仮の巣穴も、ハムスターが取り敢えず落ち着ける場所なので、それを今のケージに設置して、その間にハムスターの地下型の巣箱作りに取り掛かっても良いですね。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターがなつく方法

快適な環境を与えてもらって、ストレスフリーなハムスターは、心のゆとりができて飼い主さんにきっとなつくようになります。

地下型の巣箱のサイトについて、是非色々見てみてください。「ハムスターのストレス」というページでは、ハムスターが如何に人間からは窺い知ることのできない「命の危険」レベルのストレスを日常的に感じているかというのが分かります。

のほほんとした見た目からは想像つかないですが、人の手を噛むとかケージの金網を噛むとか、ひどくなってくると抜け毛とか皮膚炎とかになってくるのでそのようなところから分かります。

ハムスターにもっとなついてほしい…というよりは、人間からしたら短くても、ぎゅっと濃縮されたハムスターの一生を、安心して過ごせるように環境作りをしてあげたいですね。

スポンサード リンク



ハムスターはティッシュ好き?食べると危険!でも短冊型にすれば大丈夫

今回は、ハムスターが死にそうな兆候と、死ぬときに飼い主はどのように見守ったら良いのかについてご紹介します。

ハムスターが死ぬときを看取ってあげられなかったということで、よく自分を責めている飼い主さんをネットの書き込みで見かけます。

そのようなハムスターが突然死んでしまったということがないように、ハムスターが死にそうな兆候が分かれば注意してハムスターの死ぬまで見守ることができますね。

どんな配慮ガ必要なのかなどについても具体的に確認していきましょう。

広告



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハミんぐ ごきげん快適マット 超お徳用(1kg)
価格:858円(税込、送料別) (2018/6/20時点)

ハムスターの死にそうな兆候

餌を食べない

ハムスターの死にそうな兆候というのは、まず餌を食べなくなります。

老化すると歯が弱ったりしますからね。食欲はあるかもしれませんが、餌を食べようとしても上手く食べられないこともあります。

餌を食べられないので、死にそうな時というのは体重も減って見た目も痩せてしまっていることがあります。

しかし、体重が減っても死ぬときの兆候ではなし、何か他の病気の可能性も考えられますけどね。

ハムスターにとって、体重測定はストレスになるかもしれません。飼い主さんは、くれぐれもハムスターに恐怖を与えるような、いわゆるハムスターをむんずと掴んではいけません。手をかぶせるように捕獲するとハムスターは天敵に襲われた気がしてしまいます。

手のひらに無理なく乗せるようにして、そっと体重計に乗せて測りましょう。

広告



回し車を走らない

ハムスターが死ぬとき回し車を走らなくなってきます。死にそうな時に回し車なんかで走る余裕はありませんね。

眠る時間が長くなり、回し車やハムスター用のおもちゃを遊ぶこともへってくるでしょう。

金網を登らない

金網を登ったりかじったりしていたハムスターもいるでしょう。ハムスターは、脱出したいという本能がとても強いという飼い主さんがよくいますよね。

ハムスターは、特にゴールデンハムスターは縄張り意識が強くてケージから脱走する執念を燃やしているとか。

でも、実は縄張り意識というよりは、ケージから出たい理由は安心できる場所を求めて移動したいという欲求からくるという説があります。

ハムスターにとっては砂地に掘る巣穴が本能が満足する「安心な巣穴」です。人間の都合で用意するケージというのはハムスターにとって巣穴というより地上です。

ハムスターにとってケージの中の巣箱というのは地上で見付けたちょっといい隠れ家くらいの認識だそうです。

ハムスターにとって適した環境を用意するには?ということについてはまた後ほど。

広告



ハムスターの死ぬときにできること

ハムスターが餌を食べなくなってきたら、ハムスターの食べやすいように柔らかめの餌を用意しましょう。

ペレットは水で柔らかくして、野菜は茹でるか蒸すかして柔らかくして与えましょう。

また、老化によって足腰弱くなるとハムスターは転倒しやすくなります。金網ケージに登っていたハムスターは、落ちる危険も増えます。それでもし体を傷めたらハムスターは自力で巣箱に戻ることができなくなります。

なるべく、ハムスターの怪我の危険の少ない水槽型のケージにしましょう。

そもそも、ハムスターにとって金網ケージというのはまったく安心できない環境です。ハムスターは、環境ケージのような通気性の良すぎる環境は「天敵のいる地上」と認識します。いつも命の危険を感じストレスを感じていて、金網から脱出しようと登ったりうんていしたりかじったりするのです。

なので、ハムスターを飼うなら地下型の巣箱のようなケージで飼うのがハムスターのためです。地下型の巣箱についてはこのサイトの記事でもあちこちでご紹介しています。詳しくは地下型の巣箱というサイトを調べてみてください。

ハムスターが死ぬときに少しでも落ち着ける環境であるといいですね。なるべく、そのようなハムスター本来の習性に適した環境を用意してあげましょう。

広告



まとめ!ハムスターの死ぬとき

ハムスターの死ぬときについてご紹介しました。

ハムスターも2、3年で死を迎えますね。なのでハムスターの死ぬときの心構えは飼う時にしておかなけれなりませんね。

ハムスターの埋葬についてはこちらでまとめていますので、ご確認ください。

ハムスターの埋葬の注意点

広告



ハムスターの知能はとても高い!野生のハムスターの暮らしぶりは?

今回は、ハムスターの知能が実はとても高いということについてご紹介します。

ハムスターの知能は、一般的には幼児くらいだといわれていますね。ゴールデンハムスターのほうが大型なので頭も大きく知能が高め、ジャンガリアンハムスターは中型なのでゴールデンよりはやや知能低めだといわれてています。

ハムスターの印象というと、怖がりであまりなつかず病気になりやすかったり、ケージを噛むなどの異常行動もよく見られるみたいなイメージがあります。

どちらかというと、ナイーブで繊細で弱いけど可愛いみたいな感じでしょうか。

しかし、ハムスターの本来の知能と言おうか、本能と言おうか…とても自立しておりたくましい生き物なんですよ。

そんなハムスターの賢さが分かる習性についてご紹介します。

スポンサード リンク



ハムスターの知能の高さがわかる行動

部屋を作る

ハムスターは、砂地に巣穴を掘りますが、その巣穴は部屋がたくさんに分かれています。眠る場所と、トイレする場所、餌を貯蔵する場所というのは完全に分かれます。

ハムスターは、トイレを他の部屋と明確に分けることで衛生を保つことにも気を配っているようです。知能が高いというか、健康に生きるための本能かもしれません。

地上の縄張りには、おしっこを引っ掛けたりしてあちこちマーキングして回るようです。

ケージの中のあちこちにおしっこするようなら、ハムスターはケージ環境を巣穴と思えなくて地上と認識しているかもしれません。

ケージの環境を地上と認識しているようなら、それはハムスターにとって安らぎのない大変な環境です。天敵の影に怯えて飼い主さんから逃げ回ったり噛み付いたりケージの金網を噛んだり脱走しようと一生懸命になる様子も見られます。

そんな様子をしていたら、ハムスターにとってのケージ環境を作り直しましょう。詳しくは記事の最後でご紹介します。

スポンサード リンク



餌を貯める

ハムスターは、餌を頬袋に溜め込んで巣穴まで運び、貯蔵室に餌を備蓄します。

餌を溜め込むハムスターの習性は、リスやなんかと同じですね。動物の中には餌を溜め込まない動物もいますから、その点ハムスターは知能が高いといえるでしょう。

ハムスターは、餌が少ない砂地に住んでいるのです。ハムスターは、餌が少ない砂地でも生きていけるように餌を溜め込むのですね。

一人でとても広い縄張りを持つのも、餌が少ないためそのくらい広い縄張りを出歩かないと餌を充分得られないからかもしれません。

ハムスターと同じく夜行性で、一人でかなり広範囲の縄張りを歩き回るハリモグラですが、ハリモグラの場合はハムスターよりももっと流れ人感が漂う生き方です。

ハリモグラは、餌となるアリンコさえいれば、場所を選ばずに生きていくことができます。ハリモグラは、地面に簡単な巣穴を掘って昼間はそこで休み、夜になると餌を食べに行きますが、餌を溜め込むことはありません。

スポンサード リンク



万全な警戒態勢

地上に出ると、ハムスターは万全な警戒態勢で餌探しに臨みます。地上ではいつ危険が起こるかわかりません。

気を緩めたら一瞬で命が終わるかもしれないので、ハムスターは天敵の気配に気付けるように気を張り詰めています。

ハムスターが、ケージの中で固まる様子を見たことはありませんか?フリーズしてビクとも動かない。そんなハムスターを見たらハムスターが、飼い主さんか、音か、においか、何かに怯えたということです。

フリーズして固まることで敵から気付かれにくくなります。野生の動物は、群れで生きるヒツジもそのように敵に気づいたらまずフリーズして様子を伺うという習性があるようです。

知能というより本能ですが、このような習性がハムスターの命を守っているのです。飼育されているハムスターにはいらない習性ではありますが、ハムスターはそう簡単にペット化できませんからね。

スポンサード リンク



飼い主さんに興味を示す

ハムスターは、安心できる巣穴が手に入ると飼い主さんに自ら好奇心を発揮して仲良くなることができます。

ハムスターは、飼い主さんに噛むようなことや逃げ回ることが当たり前のように思われていますが、実はまだ安心できる巣穴が得られていなくて怯えているだけです。

「地下型の巣箱」というサイトに書いてありましたが、ハムスターは安心できる環境に住むと飼い主さんとは良いお友達になれるようですよ。

安心しててのりになってくれるハムスターの写真は可愛かったです。ぜひ地下型の巣箱というサイトを見てみてくださいね。

地下型の巣箱は、二段構造になっていてちょっと面白くてハムスターにとって理想的な地下の巣穴が手に入るというケージです。

衣装ケースとかで、地下型の巣箱を真似して作っている人もいるみたいでそういうブログも見つけました。

まとめ!ハムスターの知能が高い行動

ハムスターの知能が高いと思わせる行動についてご紹介しました。

ハムスターの知能は、知能というより本能ですかとても賢いたくましい生き物であることが分かりますね。

ハムスターの知能の高さは、飼い主さんに示す社交性でしょうか。

ハムスターのケージを整えたら、ハムスターの心も整って、またこれまでと違ったハムスターとのコミュニケーションを楽しめると思うと楽しみになってきますね。

スポンサード リンク



ハムスターの爪切り。病院かペットショップで?料金は?

今回は、ハムスターの爪切りについてご紹介します。

ハムスターの爪切りというのは、飼い主さんが行うと血管を切ってしまう危険性もあります。

それに、ハムスターにとっては保定されるのも爪切りの感覚も苦手でしょうからハムスターとの関係が悪化する原因になってしまいますよね。

ハムスターの爪切りは、獣医さんやペットショップに任せたほうが無難です。ハムスターの爪切りの料金や爪の伸びるのを防ぐ方法について確認して行きましょう。

スポンサード リンク



ハムスターの爪切りについて

獣医などでの爪切り料金は?

ハムスターの爪切りは、獣医やペットショップで行ってもらえます。

料金を確認してみましたら、ハムスターの爪切りは500円くらい。歯を切るのはもっと高くて1000〜2000円くらい。

ハムスターの歯は伸び続けますからね。伸びすぎると餌も食べられなくなってしまいます。なのでハムスターの歯は伸びないように、固々なペレットをかじらせたりしましょう。

スポンサード リンク



爪の伸びすぎを防止する方法は?

爪切りをする前に、研がせて爪の伸びを防止すればいいんですよね。

砂場や床材を掘り返しているうちに爪は自然と研がれていきますから、普通はハムスターの爪切りしなくちゃいけないまでに伸びることはないといいます。

野生のハムスターは砂地を掘り返したりしています。砂浴びの砂とか掘り返しているうちに爪の伸び過ぎは防げるのではないでしょうか。

ハムスターの砂浴びは、体温調節が苦手なハムスターにとっては水浴び代わりになります。

寄生虫とか毛皮の汚れとかそういうのを落とすことができるのです。余分な皮脂とかも落とせます。毛艶も出てきます。細かい砂だと大粒な砂より毛艶が出るといいます。

スポンサード リンク



いずれにしろ、ハムスターが自然と砂浴びをしてくれれば爪切りなんて必要ないんですよね。

ハムスターの砂浴び場は設置していますか?もしなければ設置してみてください。

それから、ケージの環境という話題といえば、「地下型の巣箱」というサイトをハムスターを飼っている全ての飼い主さんに見てもらいたいです。

これからの時代は、ハムスターのケージ環境はこのようなハムスター目線での地下型の巣箱が主流になっていくのではないかと思います。

ハムスターは、ケージ内の環境を危険な地上と認識していることが多いといいます。なのでハムスターがハムスターらしく安心して暮らすには、今の一般的に流通しているケージの環境ではいけないのだといいます。

ケージは、二段構造でハムスターにとって地下の巣穴のような環境でなければなりません。ハムスターが本能で落ち着ける地下の巣穴。

そのような安心できる環境で育つハムスターは、飼い主さんにも愛想が良くて仲良くなれるそうですし、噛むこともないようです。ストレスから病気になることも減るでしょう。

ハムスターにとっても飼い主にとっても双方に良い影響がある地下型の巣箱についてぜひ検討してください。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターの爪切りについて

ハムスターの爪切りについてご紹介しました。

獣医さんやペットショップに任せるのが安心ですが、ハムスターにとってストレスになることは変わりありませんのでハムスターの爪切りをしなくて済むように、ハムスターの爪伸び防止に努めましょう。

スポンサード リンク



ハムスターの頬袋の構造!詰まると膿が!?詰まる原因

今回は、ハムスターの頬袋の構造や、頬袋から餌を出さず詰まるという現象についてご紹介します。

ハムスターの頬袋の構造上、食べ物を頬袋いっぱいに詰めると頬というかもうお腹の方まで食べ物がいっぱいに詰まってポコポコ状態になります。

愛嬌いっぱいに見えるハムスターの頬袋。しかし頬袋に餌を詰めたまま吐き出さない状態が続く「詰まる」という現象が起こるというのは、ハムスターにとっては「ケージが安全な場所でない」と感じているサインです。

ハムスターの頬袋から綿棒などでむりやり取ろうとすると、ハムスターは人間不信になり良くありません。根本的にはケージ環境を変えるしかないのですが、どのように変えればハムスターが安心して餌を吐き出してくれるか、確認して行きましょう。

スポンサード リンク



ハムスターの頬袋

頬袋の構造

頬袋はハムスターの肩まであり、伸び縮みします。ハムスターの頬袋は、いっぱいに食べ物を詰めるとハムスターの全長の3分の1ほどまで膨らむことができます。

頬袋が体のかなりの割合を占めるということですね。野生のハムスターは、このようにして食べ物を集めて巣穴に持っていき、吐き出します。

頬袋に入れていた食べ物は唾液がついてばっちく思えますが、ハムスター同士の間では自分の食べ物というマーキングにもなります。

ハムスターでも頬袋にうっかり食べ物を詰めすぎてイタタ…となることがあるそうです。自分のお手てでほっぺの頬袋を押して餌を押し出します。

頬袋は、餌のみならず赤ちゃんハムスターを入れて移動することもあります。

スポンサード リンク



頬袋が詰まるのを解消するには

ハムスターはなぜ餌を頬袋に詰め込むかというと、安全な巣穴に餌を運び込むためです。

ハムスターは、飼い主さんがいつも餌を上げるから貯める必要なんてないとか、そんなふうな状況を理解していません。犬や猫とは違うのだそうです。

なので、実は結構な危機感を持って、本能的に行動していますから餌や糞を貯蔵することがあります。糞はハムスターにとっていざという時の非常食です。

頬袋に糞を溜めていることもありますが、衛生的に良くないので頬袋が炎症するリスクもあります。

食べ物もずっと頬袋にいれといたら炎症する原因になります。

なので頬袋からは餌をすぐ出すのが理想的なのですが、ハムスターは不安を感じていると食べ物を頬袋から出そうとしません。

ハムスターのケージ内の巣穴にある食べ物や、糞などを掃除で取り除いてはいけません。腐りそうな生物以外は…あとは、干からびてゴマみたいになった糞以外は巣穴から取り除いてはいけません。

スポンサード リンク



ハムスターの巣穴に侵入者がいて食べ物を取っていったと認識しますから、ハムスターは安心できずた食べ物を頬袋に溜めたままにするようです。

ハムスターは、本来砂地に掘る地下の巣穴に暮らしています。そして餌を取るときや巣材を取るときや伴侶を探す時だけ地上に出てきますね。

地上では適から食べられるかもしれないので、とても警戒しています。ピンと張り詰めています。敵に敵より早く気づき、フリーズして固まるなどの技で見つからないように身を隠すのです。

ハムスターは、ケージの環境を地上だと思っています。安心できる巣穴というのは本来地下にある巣穴です。ハムスターがやっと通れるくらいの穴の空いた、空気の流通が少ない巣穴。部屋は幾つかに分かれてトイレと貯蔵室と寝室…など分かれています。勝手に巣穴が掃除されてしまうことはないのでハムスターにとって安心できる巣穴です。

このようなハムスター本来の環境を再現したのが、地下型の巣箱というやつです。地下型の巣箱というサイトを見てみてください。

スポンサード リンク



ハムスターとの良い関係を作れるきっかけにもなるてしょう。ハムスターは、安心できる巣穴が得られたら自分の方から人に近付いて興味を示しますから普通のケージで買うよりも飼い主さんによく馴れて、仲良くなれるそうです。

ハムスターにとっても幸せ、飼い主さんにとっても幸せ、という良い循環が生まれるわけです。

まとめ!ハムスターの頬袋

ハムスターの頬袋の構造や詰まるという現象についてご紹介しました。

ハムスターの頬袋が炎症を起こしたらハムスターの頬袋から膿が出る原因にもなりますから、気をつけてくださいね。

ハムスターの頬袋の健康も、ハムスターのその他全体的な健康も、安心感も、全てはケージの環境が原因で、ケージ環境さえ整えればハムスターはストレスから解放されて病気にもなりにくく、飼い主さんを噛むような問題行動も起こさなくなります。

ハムスターは脱出する執念が強いということでよく知られますが、ハムスターにとってはケージなんて安心できないから安心できる巣穴を探したいという欲求があったからなんですね。

スポンサード リンク



ハムスターの抜け毛はストレスサイン!ケージを変えてください

今回は、ハムスターの抜け毛の原因はストレスの影響が大きいということをご紹介します。

ハムスターの抜け毛は、ハムスターがストレスを抱えていて、ストレスが進行した状態だといわれています。

ハムスターにストレスを与えているつもりはなくても、ハムスターにとってはケージの環境そのものがストレスらしいというのが研究で分かっています。

ハムスターの、異常なまでにケージから脱走したいという執念は度々ハムスターを飼っている人たちの間で言われていることですよね。

ハムスターが、ケージの網を噛み続けたり、金網を登ってうんていのようなことをしていたり。うんていも、金網の脱出できるところを探しているための行動だそうです。うんていしていて落下すると首の骨をおることもありますしそのままお陀仏で天国へ行ってしまうこともあります。

足をくじいてしまうこともありますから、もしハムスターが金網ケージでうんていしているならすぐに水槽や衣装ケースなどに移したほうがいいかもしれません。

しかし、水槽ケージでもピョンピョンと跳ねまくって外に出たがる様子を見せることもあります。ハムスターにとっては、ゲージ内の環境は本来のハムスターの砂地に掘る巣穴とは大きく異なるため、安心できずに脱走して安心できる場所を探したがるのです。

ハムスターの抜け毛を治すならストレス対策!

ハムスターにとってケージとは

ハムスターがケージにいだいている印象というのは、せいぜい地上の隠れ場所くらいです。野生のハムスターは餌探しの時や伴侶を見つけるときのみ地上に出てきて活動しますが、何しろ、いつ敵に殺されるか知らない地上ですから常に気を張り詰めています。

敵がハムスターに気づく前に、ハムスターは敵に気付かなければなりません。闘っても勝てないので、固まる、フリーズするという方法で敵から見つからないようにするのです。

野生のヒツジも、ハムスターみたいに敵を見つけると固まる習性があります。群れで移動するヒツジですが、誰か一人でも敵を見つけたら仲間に合図して次々フリーズしていくのです。

ハムスターは、地上としか思えないようなゲージの環境に閉じ込められて、常に気を張り巡らせて敵の気配に怯える毎日です。つまり、いっときも安らげないのです。

このようなストレスがハムスターの心や体をおかしくしていき、飼い主さんを強く噛む(普通ハムスターは噛まないのだそうです)、ケージから脱走しようとする、皮膚炎、抜け毛などとだんだんストレスの影響が体を蝕みます。そしてストレスで死んでしまうといいます。

もともと寿命自体は短いハムスターですが、ギュッと濃縮された人生というだけであって、心臓の鼓動の回数はゾウさんの一生分の心臓の鼓動と同じ回数だと言われています。ケージの環境を根本から見直して、ハムスターの人生を良いものにしてあげたいですね。

スポンサード リンク



ハムスターにおすすめの地下型の巣箱

そこで、おすすめしたいのが地下型の巣箱というやつです。地下型の巣箱というサイトを検索してみてください。どのような構造のケージがハムスターにとって安らげるのかがよく分かります。

地下型の巣箱の特徴というのは、二段構造になっています。ハムスターの巣穴となる部分はハムスターがやっと通れるくらいの穴しか開いていないので、空気の流通が少ないです。また、ハムスター本来の部屋作りをする習性が発揮できるように、たくさんの部屋に分かれています。トイレや餌を貯める部屋や、寝室などなど。

ハムスターは、安心できる巣穴を確保したら持ち前の好奇心を発揮して飼い主さんに友好的に近づき、飼い主さんとは良いお友達になれるそうです。

地下型の巣箱のハムスターの写真をみると、耳からしてリラックスしているハムスターの可愛い様子が見られます。

地下型の巣箱の使い方は、取り扱い説明書をダウンロードして見てみてください。トイレ掃除をしすぎちゃいけないとか、具体的にどのようにお世話すればハムスターが安心できるのかというのが書いてありますよ。

まとめ!ハムスターの抜け毛対策はストレス対策

ハムスターに抜け毛が出たら、それはストレスの影響が大きいのでストレス対策が根本的な抜け毛対策になりますというお話でした。

ハムスターの抜け毛が治るように、地下型の巣箱というのを導入してみてくださいね。

ハムスターの抜け毛が治まって、さらにさらにこれまでとは根本的に違うハムスター本来の習性に則った素晴らしい安心できる環境がハムスターに手に入りますように、飼い主さんはちょっとお勉強したりコストもかかって大変ですが、ぜひ可愛いハムスターのためにも頑張ってください。

スポンサード リンク



ハムスターをてのりにする方法は、ストレスを取り除くこと

今回は、ハムスターにてのりになってもらうためにはどうしたら良いのかという問題についてご紹介します。

ハムスターをてのりにしたくても、実際触ろうとすると逃げ回ったり手を噛んだりするハムスターも少なくありません。

ハムスターにも性格がいろいろで、てのりになりやすいハムスターもいればなりにくいハムスターもいます。

ハムスターを手乗りにする基本は、ケージ環境をハムスターが安心できるものにすることです。それから、気の強くなさそうなハムスターを選ぶことも大切です。

しかし、まずは基本はケージ環境をハムスターに合わせて整えることが第一です。

ハムスターをてのりにするにはどんなことに気をつけたら良いのか確認して行きましょう。

ハムスターをてのりにするには?

オスのハムスターを選ぶ

ハムスターは、オスよりもメスのほうが気が強いと言われています。また、キャンベルハムスターはゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターよりも気象が荒くて噛みやすいとか。

なので、てのりにしたかったらハムスターはゴールデンハムスターかジャンガリアンハムスターのオスを選ぶと良いでしょう。

ジャンガリアンハムスターよりゴールデンハムスターの方がおっとりした正確です。しかしもし噛まれたらジャンガリアンハムスターよりもゴールデンハムスターの方が痛いと言われていますので、ゴールデンハムスターに噛まれないように気を付けましょう。

スポンサード リンク



地下型の巣箱を導入する

地下型の巣箱というケージは、ハムスターの本来の習性に則って作成されています。

なので、ハムスターが安心することができます。安心してはじめて、飼い主さんに興味を持って交友が始まるのです。噛むことなんて決してなくとてもよいハムスターとの関係を築けます。

ハムスターがてのりになって手の上でくつろいでいる姿はとても和みます。地下型の巣箱を入手したり手作りしたら、トイレ掃除とか他にも色々とハムスターに安心してもらえるような接し方、お世話の仕方を学ばなければなりません。

ハ地下型の巣箱の取り扱い説明書というのもネットからダウンロードできるので検索してみてくださいね。ハムスターの習性、こうしたらいいんだ、これはダメなんだ、というのがよく分かりますよ。

まとめ!ハムスターをてのりにするには

ハムスターをてのりにする方法についてご紹介しました。

ハムスターをてのりにしたかったら、まずハムスターに安心して暮らせる環境を与えてあげるのか一番ということでしたね。

普通のケージだと落ち着けなくて、ハムスターはとても緊張状態でいるため、飼い主さんのことをガブッと噛んでしまうこともあるかもしれません。

攻撃するならまだハムスターが強気でいるのでいいかもしれませんが、ハムスターの性格によってはほんとにびっくりしすぎて下痢してしまうこともあります。

ハムスターは、傍から見たら安全なケージ内にいながら、ハムスター自身は危険な地上にいるつもりでいるのでとても警戒して神経を張り詰めているんですね。

ハムスターに、地下型の巣箱のようなシステムの環境を与えてあげると良いでしょう。

スポンサード リンク



ハムスターが長いフリーズをする理由は?擬似冬眠も考えられる…

今回は、ハムスターが長いことフリーズしてしまう原因についてご紹介します。

ハムスターがフリーズしてしまうのは、驚いた時です。ハムスターは天敵から食べられないように、物音とか振動とか頭上の影とか、においとか…

なにか危険らしきものを察知した時に驚いてフリーズするという性質があります。

固まったまま動かずいることで、敵から見つかりにくくなるんですね。ハムスターばかりではなくて、群れで暮らす羊も行う技です。

しかしハムスターが固まると飼い主さんとしてはとても心配になることでしょう。今まではフリーズしても数分で元通り動き出していたのに、フリーズしたままハムスターが数十分も動かないなんてこともあります。

結局、そんなハムスターを心配で動物病院に連れて行ったらフリーズも溶けて、健康診断も問題なく健康体という診察結果だったということもあります。

スポンサード リンク



ハムスターがフリーズする原因として、単に驚いただけだったらそのままにしておいて問題ありません。

むしろ、心配してハムスターをあれこれひっくり返したりつついたりすると、ハムスターはますます危険を感じてフリーズするかもしれませんね。

しかし、ハムスターが固まるのにはまだ他にも原因となる要素は考えられます。

ハムスターが固まるのはびっくりした時以外にはどんなことがあるのか、確認して行きましょう。

ハムスターのフリーズする理由

擬似冬眠

ハムスターは、10度以下になると擬似冬眠という状態になります。

冬眠はハムスターにとって命を落とす危険もありますから、なるべく冬眠させないようにケージの温度を一定以上に保つようにしましょう。

ハムスターの適温温度は、結構細かく管理しなければなりません。暑さにも弱いですし、寒さにも弱い生き物なので…。

20度〜26度がハムスターにとって最適な気温になります。

スポンサード リンク



病気や痛み

ハムスターは、他にも病気や痛みを感じるとフリーズする可能性があります。

痛みを感じると人間でも固まることがありますね。体の痛みやいつもと違う感じにびっくりしてフリーズするのです。

ハムスターが怪我や病気でないかどうか、念のため健康診断したほうが安心です。

スポンサード リンク



ケージを変える

ハムスターにとって、安心できる巣穴というのはケージの環境とは全く異なります。

ハムスターは、見た目からは分からなくても多大なストレスを抱えているかもしれません。

ケージから逃げ出そうと飛び跳ねまくったり、金網をかじり続けたり、金網を登ってうんていして渡っていたり、そのような行動をするとハムスターはケージという危険な(とハムスターからは感じられる)環境から逃げ出そうとしています。

ハムスターは、地上に出ればそこは敵にいつ殺されるか知れない危険な場所です。砂に掘った巣穴にいる時だけ安心できます。

でも、ケージの環境はどちらかというと地上を思わせます。なのでハムスターは気が休まらずストレスで狂いそうになって脱出しようとするようです。

飼い主さんを強く噛むようなことも、本来ならありえないそうです。ハムスターが自分より強い存在を噛むのは危機感を感じている証拠です。

「地下型の巣箱」という環境をハムスターに用意してあげて、適切にお世話すればハムスターはとても良い性格になります。飼い主さんを噛むこともなく、とてもよいペットと飼い主の関係が築けますよ。

何かに怯えてフリーズするということもなくなるでしょう。

「地下型の巣箱」というのをぜひ検索してみてください。導入を検討してみてくださいね。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターのフリーズする原因

ハムスターがフリーズする原因についてご紹介しました。

ハムスターは、びっくりしたり病気だったり擬似冬眠でフリーズするかもしれないということが分かりましたね。

びっくりしたからフリーズするというのが一番多いパターンです。ハムスターに、ぜひ安心できる環境を整えてあげましょう。

スポンサード リンク



ハムスターに服を着せたい!ハムスターには迷惑

今回は、ハムスターに服を着せたいという人が一定数いるようなので、ハムスターに服を着せるのは酷であるということをお話します。

ハムスターは、まるでぬいぐるみみたいな可愛い見た目をしてはいますが、とても自然の本能を持っている動物です。

ハムスターは、毛づくろいをしますし砂浴びなどをして体に付いた汚れや皮脂や寄生虫を落としたりします。

スポンサード リンク



「別に、ずっと服を着せるつもりはなくて撮影のためにちょこっと着せるだけだから…」という意見ですが、ハムスターにとって服を着せられるという行動はストレスになっているかもしれません。

かもしれないというのは、ハムスターがどの程度飼い主さんに懐いているかによってハムスターの感じるストレス度合いが違うからです。

ハムスターは、実は傍目からは分からないほどストレスを感じているかもしれないのが分かっています。ストレスというより、命が脅かされているという危機感を持って生活しているということです。

服の作り方とか、服の着せ方とかそのようなことは他のサイトで確認していただくとして、ハムスターにとってのケージの環境をもう一度見直してもらいたいがためにこの記事を書きたいと思います。

スポンサード リンク



ハムスターに服とか着せてる場合じゃない

ハムスターは地上を脅威に感じる

ハムスターは、地上にいるときは常にピンと神経を張り詰めて警戒モードになります。

野生のハムスターは砂地に住み、砂に巣穴を掘りそこで眠ったりして暮らしています。

一歩地上に出れば、いつ天敵に殺されるかしれないので非常に緊張感をもって敵から身を隠すために敵の存在に警戒します。

ハムスターは自衛するための武器になるほどのキバも爪もありません。戦って勝つ見込みがないのですから、ハムスターは完璧に警戒して敵から見つからないように気を付けているのです。

そんな状態がずっと続いたら、想像しただけで気が狂いそうになってしまいますね。ストレスで病気になってしまうでしょう。

そして、実際にケージに飼われているハムスターは、常に地上にいる感覚になり緊張が緩みません。なので狂ったようにケージの金網をかじり続けたり、飼い主さんに怯えて強く手を噛んだりすることがあるのです。

スポンサード リンク



このままじゃ病気になっちゃう?

さらにさらにストレスが深刻になってくると、ハムスター自身の体を蝕んで皮膚に炎症を起こしたり、毛が抜けたりなどいろんな病気が現れてきます。もちろん、細菌感染とか寄生虫とか餌の質とかその他の要因もあるとは思いますからすべてがストレスのせいとは言い切れませんが、ストレスによって活性酸素が発生するのを処理できなくなればやがて死に至ります。

生物の寿命というのは心臓の鼓動数で決まるという説もありますが、活性酸素の処理能力によって決まるという説もありますね。

ハムスターは、巣穴に帰ってから緊張をといていますが、ケージの中にハムスター自身が本能的に巣穴と思える場所があるかどうか。という問題です。

ケージを見直すということ

「地下型の巣箱」というサイトで、ハムスターの本当に望む環境のケージが販売されています。

ハムスターについてとても詳しいサイトなので、とても新鮮な気持ちで読みました。ハムスターは実はとても賢くて好奇心旺盛な生き物で、巣穴に部屋をたくさん作って、トイレや寝室、貯蔵室など分けてお部屋作りをする能力があったり、安心な環境が手に入ったら心に余裕ができて、好奇心旺盛さを発揮して飼い主さんに自ら興味を持ち良い友達になれるということもそのサイトで知りました。

ハムスターの幸せな一生に貢献したいと思った方はぜひケージ環境の見直しをお願いします。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターに服を着せる前にケージの見直しを

ハムスターに服とか着せたいという人は、まずケージの環境を見直すことをおすすめします。

服を着せるよりも、もっと可愛いくつろいで飼い主さんに懐いたハムスターの姿が見られるようになるかもしれません。

ハムスターに服を着せたいけど、それはなんか違う気がする…という人のアイディアでは、ダンボール箱にハムスターの顔を出す穴を開けて、その周りに人魚姫の髪と体とかピエロの帽子と服とかの絵を描いて、ハムスターの顔をアテレコ?するというものです。

旅行の観光地によくこんなのありますね。顔だけ入れて記念写真撮るやつ。あんな感じでハムスターに着せ替えさせるのも、面白そうです。服を作る手間より、絵を描く方が簡単ですしね。

スポンサード リンク



ハムスターが猫に食べられる?猫と仲良しになることは稀?

今回は、ハムスターと猫が仲良しになる可能性はどのくらいあるのかという話題です。

ハムスターと猫が仲良しな写真や動画がアップロードされていますが、このようにハムスターと猫が共存できるケースはとっても稀だといわれています。

基本的にはハムスターにとって天敵の猫、猫にとっては捕食対象のハムスターになります。会わせないほうが無難です。

しかし、猫やハムスターが仲良しな一枚とかを見ると、うちの子達でこんな奇跡を起こせないかしらと試してみたい気持ちも起きてきますよね。

ハムスターと猫を対面させるとどんな現象が起きるのでしょうか。いくつか例を確認して行きましょう。

スポンサード リンク



ハムスターと猫の共存は可能?仲良くなれる?

成功したケース

☆仲良しとは言えない微妙な感じですが、うちの猫は、ハムスターに無関心でハムスターが猫の体の上をちょこちょこ歩き回っても無視しています。

☆外飼いの他所の猫が、うちのモルモットのケージを見に来ます。しかし攻撃する様子はありません。モルモットと何か話していて、可哀想に思うのか知りませんが窓を猫が開け放していきます。モルモットの天敵は鳥もあるので迷惑です。

☆ブリーダーさん?が訪れた部屋は、猫がたくさんいる部屋で、モルモットもハムスターも放し飼いだった。猫もハムスターも子供の頃から同じ家での暮らしで、敵対視する感じもなくモルモットが猫の餌を勝手に食べるという光景…。ちょっと不思議な感じでした。

☆猫に、「私の大事なハムスターだから食べちゃいけない!」と教えておいたらそれを理解してかどうかは知りませんが、食べることなくハムスターが脱走してもお腹の下に寝かせて匿うほどです。←モフモフのお腹の下にハムスターを匿うなんて想像するだけで可愛い画ですね!

スポンサード リンク



失敗したケース

★猫に食われてしまった。一瞬の出来事で…。
ハムスターは口いっぱいひまわりの種を頬張っているところで死んだ。

★猫ではないが…ブリーダーさん?がプレゼントしたハムスターを、贈り先の家の柴犬がハムスターを丸呑みした。

★ブリーダーさん(?)が販売したモルモットを抱えていたご夫婦に、猫を抱えたご婦人が「まあかわいい」とモルモットを見ようと呼び止めたら猫がモルモットに飛びかかり致命傷を負わせた

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターと猫の共存

ハムスターと猫が共存するとどんなふうになるのかというのについてご紹介しました。

結論は、ハムスターも性格がそれぞれ、ハムスター同士ですら相性が悪いこともあります。

猫だって性格がそれぞれ、ハムスターとの相性が良い猫もいれば悪い猫もいます。

飼い主さんへの愛情が深くて、飼い主さんの言いつけを守ってハムスターを食べないという猫もいるようですし、飼い主さんへの執着は薄くて言うことを聞いてくれない猫もいるでしょう。

スポンサード リンク



猫とハムスターを飼うなら、ハムスターにとってストレスになるリスクを考えると同じ部屋で飼うのはあまりおすすめしません。

万が一を考えて、ケージの造りとか猫がハムスターを食べられないように…という対策はもちろんですが。

それ以上に、ハムスターは部屋の中に天敵がいることをニオイとか気配で察していますから、ハムスターがストレスに晒されて可哀想です。

ハムスターは、のほほんしているようには見えても、もしケージから脱出しようとしたり、ケージの金網を噛んだり、飼い主さんの手を噛んだりなどするならかなりストレスを感じています。

「地下型の巣箱」というサイトを一度見てみてほしいのですが、ハムスターにとってはケージの環境は敵にいつ食われるかもしれない地上と同じなのだそうです。

本来の、砂地の地下に掘る巣穴のような環境でないと、落ち着けなくてずっと緊張、警戒しっぱなしなのだとか。

ハムスターは、地下型の巣箱みたいな安心できる巣を得られればハムスターの方から飼い主さんに興味を示して良い関係を築けますからハムスターに地下型の巣箱のような環境を与えてあげたほうがお互いに良いんですよ。

スポンサード リンク