ハムスターのしゃっくりの原因と止め方

ハムスターも食べ過ぎとか消化不良とかでしゃっくりが出ることはあるんです。

でも深刻な病気でしゃっくりみたいなのが出ることもあります。なので念のため獣医さんのとこに連れてったほうが安心です。

しかしハムスターがただ食べ過ぎとかでしゃっくりしてたのにわざわざ獣医さんのとこに行くのもなんですよね。

ハムスターのしゃっくりの種類とか特徴とかについて確認してみましょう。

スポンサード リンク



ハムスターのしゃっくりはなぜ出るの?

餌が合ってない

ハムスターがしゃっくりするのは、餌が合ってなくて消化不良になってることも考えられます。

あるいは、なにか消化に悪い巣剤とか新聞紙とかを食べてしまったとか。

傷みかけた野菜とか食べた場合も胃の中で異常発酵を起こしてしゃっくりがでるかもしれません。

ハムスターがしゃっくりしているようなら、ハムスターが変なもの食べていなかったか、ハムスターに合っていない餌を食べてないか確認してみましょう。

スポンサード リンク



床材のアレルギー

ハムスターがしゃっくりする場合は床に敷いている材質が合ってなくてアレルギーでしゃっくりすることがあります。

床に敷くのは基本的に新聞紙のみでOK。ただしこれは地下型の巣箱の場合ですけどね。

地下型の巣箱では、ハムスターが床材や新聞紙の下に潜り込みたがることもないのです。ハムスターが地下の巣穴に安心して満足していますからね。

地下の巣穴に敷き詰める巣材は、別で用意してあげる必要がありますが。これも新聞紙を細くちぎったものでいいそうですしね。

本来、地上に出ればハムスターは平らな地面を移動していくのですからハムスターにそんなに床材を敷き詰める必要はないんですね。ハムスターが本当に必要としているのは安全に隠れられる地下の巣穴です。

スポンサード リンク



病気でしゃっくり

ハムスターは病気でしゃっくりすることもあります。ハムスターが肺炎や心臓疾患の場合はしゃっくりのようなのが出ることがあります。

動物のお医者さんのとこにつれていくのも大切ですが、ハムスターが免疫力を落としてしまうのはストレスが大きいのでハムスターにとって病気になりにくい環境(地下型の巣箱みたいな)を整えてあげたほうがいいですよ。

ハムスターが皮膚炎とか炎症性疾患になってしまうのは、つまりストレスにより活性酸素が処理できなくなってくるからですよね。

生き物の寿命というのは活性酸素処理能力にかかっているといわれていますし。

ハムスターが命の危険レベルの本能的なストレスを日々感じてしまうのはハムスターが地上でなく地下に巣穴を作り住む生き物ということを知らないまま誰かが飼い始めてしまってその飼育スタイルが現在まで受け継がれてしまっているからです。

飼い主さんの手を噛むとかケージから脱走しようとするとか、そんな問題行動はハムスターがストレスを抱えている証拠。地下型の巣箱で飼ったらそういう問題行動も治っていきますしよく懐くようになると評判です。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターのしゃっくり原因

ハムスターのしゃっくりの原因についてご紹介しました。

いろんな原因が考えられますがハムスターにとって大切なのはストレスない環境で過ごすことです。

あとアレルギー源があるなら取り除きましょう。獣医さんでアレルギーの原因を特定する検査をしてもらえますよ。

あと免疫力を高めるには栄養剤を水に混ぜたりとかもいいですね。

スポンサード リンク



オカメインコのもふもふを週に一度味わうと癒される

今回は、オカメインコのもふもふを味わおうというお話です。

オカメインコの魅力は数え切れませんが、オカメインコの魅力の1つはやはりもふもふした羽毛感ではないでしょうか。

他のインコよりも脂粉がたくさん出るオカメインコですが、その羽の触り心地は超!もふもふ!

オカメインコのもふもふを週に一度味わって、癒やしにしているという飼い主さんもいます。

では、オカメインコのもふもふの楽しみ方をご紹介します!

オカメインコをもふもふする方法

もふもふに鼻をくっつける

オカメインコのもふもふに、鼻をくっつけて楽しみましょう。

鼻をつけるとインコのもふもふを顔に感じられます。特にもふもふなのはインコの胸毛。

オカメインコの胸毛に鼻をつけてもふもふしてください。

オカメインコに顔を埋めてスハーとするのが癒やしになります。毎週木曜日はオカメインコのもふもふ日と決めている人もいます。

一週間のうちの楽しみができると、毎日生きるのを頑張れそうな気がしますね。

ちなみに、なんで木曜日なのかって、「もふ曜日」だからです。

スポンサード リンク



注意点

しかし、オカメインコの性格は様々。もふもふを拒否するオカメインコもいるでしょう。

もふもふをさせてくれなくても、年を取ると寛容になるのかもふもふをさせてくれるようになった(嬉)!と言っている人もいます。

なので定期的にもふもふしてもいいですか?とお伺いを立てるといいでしょう。

もふもふと言えば…

もふもふといえば、オカメインコ味のアイスクリームがもふもふ食感ということで人気みたいですね。

そこらで販売しているようなものではないのであまり知られてはいないと思いますが、鳥好きの間では有名なのではないでしょうか。

神戸の鳥カフェに、インコ味アイスがあるのです。セキセイインコ味もあるんですよ。

それぞれ、インコをまるで食べているかのようにインコを味わうことができます。

インコのもふもふの触り心地を思い起こさせるアイスクリーム。インコの好きな木の実とかも入っていて、自分もまるでインコの仲間入りになった気分を味わえます。

インコのことを知らない人が食べると、なんか変な変わったアイスクリーム…。という印象のアイスクリームなのですが、オカメインコ好きのあなたにはきっと、どのへんがオカメインコ味なのかか分かることでしょう。

神戸に行く予定があれば、ぜひオカメインコ味のアイスクリームも体験しに行ってみてください。店内ではもちろんオカメインコやインコたちの触り放題もふもふし放題サービスもありますよ。

自分のうちのオカメインコにもふもふするのを拒否されている人は、外で鳥カフェのオカメインコをもふもふしてくるのも一案ですね。

お近くの鳥カフェを訪ねてみましょう。たくさんの鳥達に浮気して、もふもふを思う存分顔に受けてください。

まとめ!オカメインコをもふもふしよう!

オカメインコをもふもふする方法についてご紹介しました。

猫なら顔をおにぎりにしてもぎゅもギュして楽しめますが、オカメインコは握ると息ができない呼吸器敏感な生き物なのでそっとインコに張り付いてもふもふを楽しんでください。

もう一つの楽しみ方として、夜のオカメインコの眠い時間に、オカメインコがくちばしを研いでいる時がありますよね。ギョリギョリギョリ…と聞こえますから、ピトっとオカメインコに張り付くとギョリギョリが顔に伝わってきてなんだか楽しくなれますよ。

というわけで、以上オカメインコのもふもふについてご紹介しました。

スポンサード リンク



オカメインコは綿棒でも楽しく遊ぶ!というか飼い主が楽しく遊ぶ

今回は、オカメインコに綿棒を与えた場合のオカメインコの遊び方についてです。

オカメインコは、身近にあるもの何でもおもちゃにして楽しく遊ぶことができますよね。

オカメインコは、綿棒も大好きです。オカメインコの綿棒の使い方は、かじって遊ぶというのが主です。

そこに飼い主さんが加わると、オカメインコに綿棒を差し込んで遊ぶ。コチョコチョして遊ぶなど。

綿棒を羽に差し込まれたオカメインコは楽しいのか分かりませんが、少なくとも見ている飼い主さんは綿棒を体から生やして歩き回るオカメインコの姿に癒やされます。

YouTubeで動画もありますよ。綿棒をいくつオカメインコに搭載できるかという…(笑)

では、オカメインコと綿棒で楽しく遊ぶ方法をいくつか確認していきましょう。

オカメインコと綿棒で遊ぼう!

綿棒をかじらせよう

オカメインコは、綿棒の丸い部分をかじってポロッと取って遊ぶのが好きです。

オカメインコが綿棒の丸い部分をかじり取って遊ぶ遊びは、オカメインコが飽きるまでやらせてあげましょう。

そのうち飽きて、綿棒に見向きしなくなります。またしばらくしたら綿棒を要求してきてかじりたがるでしょう。

オカメインコの遊びの好みもありますから、このように綿棒をかじりたがらないオカメインコもいるかとは思います。根気よく、オカメインコの好むレクリエーションを探し当てていきましょう。

綿棒を羽に差そう

オカメインコの全身にはふかふかに羽毛が生えていますね。

この羽毛の間には綿棒を差し込むことができます。どこでもお好きなところに綿棒を差し込んでみましょう。

背中はがら空きですからおすすめです。というか、他の部分は安定が悪くて背中にしか差し込めないでしょう。

オカメインコが綿棒だらけになるかどうかは、飼い主さんの腕前にかかっています。結構、ポロと落ちてしまうこともあります。

失敗しても、オカメインコが歩いて逃げていっても、根気よく綿棒をオカメインコに差してみましょう。

綿棒をくっつけたオカメインコの姿はほっこりすること間違いなしです。

スポンサード リンク



綿棒でくすぐろう

こちょこちょってな具合にオカメインコの脇の付け根あたりをくすぐると、オカメインコはおかしな動きをします。

首をカクカクと上下に振り出すのです。まるでシャンプーボトルのポンプを高速で押し出しているみたいな感じです。

こらはオカメインコの個体差があるでしょうが、オカメインコが謎の首振りをするスイッチがあるようです。

あなたの家のオカメインコも、ひょっとしてそんなツボがあるかもしれませんよ。綿棒で、オカメインコの脇の付け根あたりをツボ押しするようにコチョコチョしてみてください。

「うヒャうヒャヒャ!」という感じでオカメインコが頭を振り出すかもしれません。

まとめ!オカメインコと綿棒で遊ぼう!

オカメインコの綿棒での遊び方についてたくさんご紹介しました。

ただオカメインコに綿棒をかじらせるだけだったあなたは、この記事で新しい綿棒の使い方を知りましたね。

オカメインコのさらにかわいい姿や面白い姿が見られる綿棒をぜひ放鳥の時遊びに取り入れてみてください。

スポンサード リンク



オカメインコが怪我をするのは主にこんな原因

今回は、オカメインコが怪我をするのが主にどのような原因で引き起こされるのかについてご紹介します。

オカメインコ自ら些細なことにパニックを起こして怪我してしまうこともありますし、人間側のミスが原因でオカメインコが怪我してしまうこともあります。

オカメインコが怪我をしてしまう原因や対策法について確認していきましょう。

オカメインコが怪我をする主な原因

オカメパニック

オカメインコには、別名をオカメパニックというパニックを起こすことがありますね。

なのでオカメインコがびっくりするようなことはしないようにしましょう。

オカメインコがびっくりしてケージ内を羽ばたくと、羽が抜けたりケージにぶつかって羽が折れたりしてしまいます。

血が出ることもあるんですよ。なのでオカメインコがパニックを起こさないように、オカメインコのそばでは穏やかに行動しましょう。

物音、声のトーン、振動など。地震とかは自然現象なので防ぎようがありませんが、地震でパニックすることもあるので心構えをしておきましょう。

止血剤は念のために用意しておいてくださいね。血が止まらないとオカメインコの命に関わることもあります。まあ、羽が折れたくらいではそんなに出血しないのかもしれませんが分かりません。

バタバタパニック中に羽ばたくものだから、血が出ていると血が飛び散ってしまって結構すごい光景になるようですよ。

止血剤を指にとって、羽の血が出ているところを押さえるようにして止血しましょう。

スポンサード リンク



窓ガラスにぶつかる

これは、完全に飼い主さん側の落ち度ですが、オカメインコは窓ガラスを目で認識できません。

なので鳥はよく窓ガラスにぶつかります。知らなかったらオカメインコが窓ガラスにぶつかる可能性は大いにあり、実際そのような事故も多数起きています。

オカメインコが窓ガラスに猛スピードでぶつかると怪我をします。怪我で済めばまだ幸いで、死んでしまうこともあります。

オカメインコが結構ビュンビュン飛び回るという場合は絶対に窓ガラスをむき出しにしないようにしましょう。カーテンなどで覆うようにしましょうね。

爪やくちばしから血が出る

オカメインコの足の爪や、くちばしを伸びすぎたから切って手入れすることがありますね。

その時に気をつけなければならないのは、オカメインコの爪やくちばしには血管が通っているということです。先の方は血管が通ってはいませんが、うっかり爪やくちばしを切りすぎると爪やくちばしから血が出てしまいます。

なので、オカメインコの爪やくちばしの手入れというのは気をつけて行ってくださいね。

くれぐれも、一気に方をつけようとしないように。伸びすぎていると血管も伸びてきますから、一度に短く切りそろえることはできません。

少し切ってから血管が縮まるのを待ち、また少し切っていくという感じに爪やくちばしを短く切っていきましょう。

スポンサード リンク



熱湯に飛び込む

オカメインコに当てはまるかはわかりませんが、インコは、水浴びが好きな場合お鍋の沸騰したお湯の中に飛び込んでしまうことがあります。

オカメインコには、お湯が熱いことなど分かりませんからね。

それから、フライパンの中にも興味本位で飛び込んでしまうことがあります。熱々のフライパンの中に飛び込んだら火傷をしてしまうかもしれません。

それから、まだあります。オカメインコは、呼吸器が敏感です。オカメインコは、フライパンから出るガス(フッ素加工のフライパンを加熱した場合は、フライパンからオカメインコにとって毒のあるガスが微量に出ている)を吸ってその場で死んでしまうこともあります。

呼吸器の敏感な鳥は、石炭掘りの危険なガス探知機として利用されてきたくらいです。

ガスストーブとかにも気をつけましょう。

まとめ!オカメインコの怪我の原因

オカメインコの怪我の原因についてご紹介しました。オカメインコにとって怪我の原因になる危険なものはいっぱいありますね。

ぜひオカメインコのために気をつけてあげてください。

かわいいオカメインコが怪我をしないように、

☆パニックを起こさせないように気をつける。

☆窓にはレースカーテンでも良いのでオカメインコが認識できるようにする。

☆オカメインコの爪やくちばしを切るのは少しずつ短くする。

☆台所にはオカメインコを近付けない。

という点に気をつけましょう。

以上、オカメインコが怪我をしやすい原因についてでした。

スポンサード リンク



お散歩したがるハムスターの心理とは

今回は、ハムスターが散歩したがる理由についてと、散歩のさせ方でNGな方法をご紹介します。

ハムスターは、度々ケージから出してもらって部屋の中を散歩したがる個体もいますね。

別に散歩したがらない個体もいますが、性格差があるのでしょう。ハムスターが散歩したがる理由は何なのかというと、縄張りを点検するためです。

ハムスターはもともと砂地に住むため1匹でも広範囲な縄張りを持ちます。部屋よりも広い縄張りを巡回して餌取ったりしているわけですね。

しかしハムスターを間違ったお散歩のさせ方するとハムスターのストレスになりますから、早速ハムスターのお散歩の正しい方法を確認していきましょう。

スポンサード リンク



ハムスターのお散歩のさせ方

目を離さないこと

まず、お散歩の際の注意点ですがお散歩中のハムスターから目を離さないようにしましょう。

目を離すと、ハムスターはいつの間にか家電製品の電源コードなどをかじってしまっています。そしてハムスターが原因で火が出てしまう可能性もあるのです。

ですから、散歩中はハムスターから目を離さないように見守っていましょう。

コード達を床から持ち上げてどこかに置いておいたとしても、ハムスターはよじよじッとよじ登ることができるので油断は禁物ですからね。

スポンサード リンク



柵を使ってはいけない

ハムスターのお散歩のさせ方として、基本的にはハムスターの自由に出歩かせなければなりません。

ハムスターは、柵で範囲を狭めてお散歩させたところで、お部屋がもっと空間の広がりがあるということは分かっています。

ですから、見えているのに縄張りを点検できないというストレスが溜まるのです。

柵で部屋の一部分だけをお散歩させるのは、ハムスターに良くないのでやめましょう。

柵ではなくて、ダンボール箱で区切ってもダメです。

スポンサード リンク



散歩したいアピールがすごい

ハムスターの、「ケージから出せ!」アピールがすごいという場合もあります。

ハムスターによってはまったく散歩に出たがらないみたいですが。お年寄りなのも関係あるかもしれません。ハムスターも、年を取ると散歩にあまり出なくなります。

ハムスターは一年半も経つと、もうお年寄りと言っていいでしょう。寿命が2年とか3年ですからね。

それはさておき、ハムスターがケージから出たがっているのは縄張り意識のためでもありますし、実は「ケージ内では落ち着かない」という理由もある可能性があります。

ハムスターが、ケージを噛んだりケージから出たがったり、新聞紙とか床に敷いている床材の下に潜ったり、飼い主さんを噛んだり、飼い主さんから逃げようとするなどの行動は、ハムスターのストレス反応だといわれています。

ハムスターは、そもそも巣穴を地面の下に作ります。ケージ内の環境だとモロに地上ですよね。

スポンサード リンク



地上はハムスターにとって天敵がいます。だから捕まらないように緊張感を持って警戒する本能が備わっているのです。

しかし野生のハムスターは餌を取り終わったらいずれ地下の巣穴に戻れます。だから問題はないのです。しかし、ケージに飼われているハムスターは巣穴を掘りたくても掘るわけにいきません。安心できる場所がないのです。

それに、ハムスターが溜めておいた餌やフンも、飼い主さんに勝手に掃除されてしまってハムスターは「ここは危険だ」と感じているのです。

頬袋に餌を詰め込んでずっと吐き出さないということもあります。本来は、巣穴に帰ってから吐き出しますが巣穴と思える場所がないのです。本当に気の毒なことではないでしょうか。

そんなハムスターには、地下型の巣箱がおすすめです。詳しくは地下型の巣箱のホームページをご覧になってみてください。

ハムスターもしあわせで、飼い主さんもハムスターがもっと懐いてくれてしあわせで、という良いケージです。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターのお散歩したがる心理

ハムスターがお散歩したがる心理についてご紹介しました。

ハムスターがお散歩したがるのは、縄張りを確認するためですね。

そして、ケージから出してというアピールがすごくてケージを噛んだりする場合はハムスターの緊張感ストレスがマックスになり狂いそうになっています。

速やかに、地下型の巣箱を導入してあげましょう。取り敢えずは、牛乳パックで作る仮の巣箱でもいいですよ。地下型の巣箱が用意できるまでの間、ハムスターに牛乳パックやダンボール箱で作ってあげたという人もいます。

仮の巣箱の作り方や設置方法は、地下型の巣箱のホームページをご覧になればわかりますので調べてみてください。

スポンサード リンク



ハムスターがうるさいという悩み。原因別の解決法!

今回は、ハムスターがうるさい原因についてご紹介します。

ハムスターは、回し車の音がうるさかったり床材をガサゴソ言わせるのがうるさいということ多いですね。

回し車は、静音タイプもありますよ。そちらを使えば、サーという静かな音に変わるようです。

また、今お使いの回し車もちょっとしたコツで静かな音に変える方法をご紹介します。

では、ハムスターのうるさい音の対策について確認していきましょう!

ハムスターがうるさいのを改善する!

回し車

サイレントホイールというのがあります。これで回し車自体が立てる音というのはうるさいということもなくなります。

サーというような静かな音に変わるという口コミも。

しかし、ハムスターの走る回し車の音がうるさいのは、もっぱら回し車がケージにぶつかって立てる音がうるさいのです。

ですから、一番大事な対策方法は、「回し車を固定する」ということになります。

ケージの壁と回し車の背面の間に床材を置いたり、マジックテープをくっつけたりすると回し車が回転するときの衝撃が吸収されます。

それから、回し車の軸が錆びるとうるさい音が出ますから、しっかり錆取りをするとか、新しい回し車に買い換えると良いでしょう。

床材がうるさい

床材が立てるカサコソというくらいの音なら、別にうるさいと感じるほどでもないのではないでしょうか。

カサコソというハムスターの立てる音は、むしろ良い癒やしになるという飼い主さんもいます。

カサコソ音も気になってしまって眠れないというようなら、仕方がないので耳栓を飼い主さんがするしかないでしょう。

しかし、もっと画期的な対策法もありますよ。それは、ケージを「地下型の巣箱」に変えてしまうことです。

地下型の巣箱でカサコソ音対策

ハムスターは、そもそも金網ケージや水槽ケージが適していないのはご存知ですか?

ハムスターは習性として、天敵のいる地上を恐れ、巣穴を掘る地下で安らぐという性質があります。

ハムスターが問題行動をとったり抜け毛や皮膚炎などの病気になるのも、太り過ぎたりするのも、ストレスが原因だといわれています。

ハムスターに、地下の巣穴気分になれるケージを提供しようというのが「地下型の巣箱」です。

これを導入すると、ハムスターは安心して暮らせるようになり病気のリスクも減りますし、飼い主さんによく懐くようになると言われています。

ハムスターとまるで友達みたいになれるこの地下型の巣箱は、簡易的に紙箱やダンボール箱で作成することもでき、木製の地下型の巣箱が完成するまでの一時的な避難所としてハムスターに与えてあげると良いでしょう。

木工ができる人は作ってもよし、サイトで購入してもよし。

ですが、サイトの主がゴールデンハムスター用のまでは生産が追いつかずにジャンガリアンハムスター用ののみとなっています。

ハムスターが安心できる巣穴と認めてくれるには、それなりに寸法とかも厳密に作らないといけないので、ゴールデンハムスター用の設計図や作り方はサイトで確認して手作りしてみてください。

人を噛む、ケージを噛む、脱走したがるなどの問題行動もなくなりますよ。

その地下型の巣箱では、床材には新聞紙を敷くだけです。地上部の床材ですけどね。

夜行性のハムスターが起き出して、地下型の巣箱の地下部から地上部へ出てきて、活動するときにカサコソ音がほとんどしなくなるでしょう。

地下はしっかり自分の寝床などを巣材を敷き詰めて作りますから、地上部は新聞紙だけで大丈夫なんですね。

ハムスターは地下という安心できる巣穴があるので、地上部で新聞紙の下や床材の下に潜り込んでしまうこともありません。

一般的なケージでハムスターが床材の中に潜り込んでしまうのは、ハムスターが隠れたがっている証拠と言われています。ハムスターのストレスサインですね。

まとめ!ハムスターのうるさい音対策

ハムスターのうるさい音をどのように対策したら良いのかということについてご紹介しました。

ハムスターがうるさい場合はまず回し車を固定して、錆対策をし、それでもうるさければサイレントホイールというのを購入して設置しましょう。

カサコソ音は、地下型の巣箱を設置すれば解決です。別にカサコソ音はうるさいと感じていない人も、ハムスターのために安心できる環境を与えてあげてください。

「でも、うちのハムスターがそんなストレスを抱えているようには見えないけどなー」という人は、ハムスターがどのくらいストレスがあるかチェックする方法があります。

地下型の巣箱というサイトで、牛乳パックなどを加工して作る簡易的な避難所をケージにセットして、ハムスターがどのような行動を取るのかというところからハムスターのストレス度をチェックするというものです。

設置するなり、走り込んでスポッと消えたきり引きこもって出てこなかった…(←これはストレスが相当溜まっている)という飼い主さんもいるみたいなのでぜひ試してみてくださいね。

スポンサード リンク



ハムスターのキンクマの特徴や飼い方!

今回は、ハムスターの中でも特にキンクマの特徴についてご紹介します。

キンクマは、ゴールデンハムスターの代表的なのに種ですよね。

ハムスターはゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスター、チャイニーズハムスター、ロボロフスキーハムスター、キャンベルハムスターなどたくさんの種類がいますがゴールデンハムスターだけを見てみても、毛色によってたくさんの品種があります。

では、ハムスターのキンクマの特徴について確認していきましょう。

ハムスターのキンクマの特徴

歴史

キンクマという品種は、ゴールデンハムスターを人間の手で品種改良して生まれました。

なのでキンクマは原種ではないので野生には存在しないんですね。

温和でおとなしく、人懐こい性格が特徴です。

体の特徴

キンクマは、ゴールデンハムスターより大きな体長が特徴です。

キンクマは、体重がオスで85〜130でメスは95〜150です。キンクマは、メスのほうが体格が良いのですね!

ハムスターはすべてメスのほうが体格がいいわけではなくて、オスのほうが体格がいい品種もあります。

体の色は薄いベージュ1色ですね。

寿命は2年、3年くらいです。

病気

ハムスターは、病気になりやすいです。それはハムスターが抱える環境によるストレスが原因だと言われています。

ハムスターは、習性のために地上では全く安心できません。地下に掘る巣穴の中で代々暮らしてきたからです。地上では天敵に襲われたら命が終わりますから、ハムスターは本能で地上では気を張り詰めています。

平和そうな外見からは想像がつかないですけどね。

でも、飼い主さんの指を噛んだり、ケージを噛んだり脱走したがったり、新聞紙の下に潜ったり、ストレスで太り過ぎたりなどストレスのサインはあるんですよ。

地上では、ストレスがかかりまくっています。なのでストレスで活性酸素が発生して脱毛や皮膚炎などの炎症性疾患になったり、ウェットテイル(下痢病)とか胃炎になることもあります。

ウェットテイルはハムスターにとって辛いようで、木くずを口に詰め込んで自死することもあります。げっ歯類はしばしば自死するといわれています。痛ましいですが、ハムスターがそんなことにならないように、病気リスクを減らすためにストレスを減らしてあげましょう。

スポンサード リンク



ハムスターのストレス

ハムスターに何がストレスになるかというと、第一にはケージ環境。

「地下型の巣箱」という巣箱がおすすめです。今現在のケージにストレスを感じているかテストする方法もあります。

牛乳パックとトイレットペーパーの芯を使って加工したものを使います。詳しくは、地下型の巣箱のサイトにあるので調べてみてください。ハムスターのためにぜひお願いします。

それから、飼い主さんの接し方です。たとえ地下型の巣箱を用意しても、掃除の仕方やハムスターとの接し方を間違えるとストレスになり意味がありません。

その辺の詳しいことは、地下型の巣箱の取り扱い説明書というのをダウンロードして読んでみてください。無料です。

ハムスターにとって何がストレスなのか、どう飼育したら良いのかとても勉強になります。

まとめ!ハムスターのキンクマの特徴

ハムスターのキンクマの特徴についてご紹介しました。

キンクマは、ゴールデンハムスターよりは野性的本能が薄れているのかもしれません。

しかし、ハムスターがストレスを感じない安心できるケージ環境を整えてあげたいですね。

ハムスターが、優しい表情になったり、飼い主さんになつくようになったりなど良い変化も見られるようですからぜひハムスターのためにも、ハムスターと仲良くなるためにも地下型の巣箱を用意してあげるのをおすすめします。

スポンサード リンク



ハムスターが手を噛むという悩み。解決法は?

ハムスターが手を噛むという場合の慣らし方についてご紹介します。

ハムスターがそもそも手を噛むのは、「ケージに安心できなくて不安で飼い主さんを恐れているから」という説が濃厚です。

地下型の巣箱というサイトに書いてありましたが、ハムスターは地上では常に敵に警戒態勢に入り、その状態がケージの中でもずっと続いているのでストレスで飼い主さんを噛んだり、脱走しようとするとのことです。

なので、地下型の巣箱をハムスターに与えたら、噛むなどの問題行動がなくなりよく懐いてくれたという評判なんですね。

しかし、他の方法でハムスターが噛まなくなるようになったという人達もいます。その方法をご紹介しますが、ハムスターの幸せのためには本来の習性にあった地下型の巣箱のようなケージのほうがいいでしょうから、ぜひ導入も考えて下さいね。

ハムスターが人の手を噛む対策

噛まれてもリアクションしない

ハムスターに噛まれても、怒ったり手を引っ込めずに噛まれるままでいたら、ハムスターが「この手は噛んでも危険ではない」と判断したとみえて、そのうち噛まなくなったという話があります。

しかし、ハムスターが一瞬噛むだけでも痛いのに、ずっと噛まれるのは嫌ですよね?

ハムスターの唾液は、人によってはアナフィラキシーショックになるくらいですからあまり噛まれないほうがいいでしょう。

ハムスターがかわいいので噛まれても気にしないという人は、ぜひ自分の身も大切に思ってくださいね。

手で掬うようにして触る

ハムスターを触るときは、手で掬うようにして手に乗せると噛むことはありません。

ハムスターは、手で掬ってからひまわりの種を与えましょう。手のひらの上でひまわりの種を食べるようならハムスターは飼い主さんによく馴れてくれます。

しかし、頬袋にひまわりの種を詰め込んでしまうようなら、ハムスターは飼い主さんに警戒しているので地下型の巣箱を導入して安心できる空間を与えてあげましょう。

安全な巣穴に帰ってから、頬袋からひまわりの種を吐き出すでしょう。

ハムスターが、餌を頬袋ぱんぱんに詰め込みずっと吐き出さないということもありますが、そのようなハムスターは今にでもケージから逃げ出して安全な巣穴に逃げ込みたいと考えている可能性が高いです。

ハムスターが、ケージ内に貯蔵しておいた餌やフンを勝手に掃除するとハムスターは不安になるでしょう。もともと、ハムスターの住んでいた地域というのは砂地で、餌が少ない場所だったのです。

だから縄張り意識も強くて他のハムスターは追い出しますし、飼い主さんから餌がもらえることも理解していないので自分が蓄えておいたはずの餌が勝手に消えていると不安でたまらなくなるのでしょう。

ちなみに、フンもハムスターにとっては餌になります。頬袋にフンを詰め込んでいることもありますよ。非常食みたいなものです。

スポンサード リンク



水分の多い餌を与える

ハムスターは、水分の多い餌を好む場合があります。種類によっても違って、特にチャイニーズハムスターは水分の多い餌が好きなようです。

ハムスターは、飼い主さんの指が湿っていて美味しそうに感じてかじる場合もあります。

カサカサした手のご家族の手は噛むことはないのに、自分の指だけ噛む…とおっしゃる飼い主さんもいます。

ペレットを少し水に浸してみたり、水分の多い野菜を与えたりしてみましょう。

動物性の餌を与える

タンパク質不足で、飼い主さんの手の皮を食べるようになるといわれています。

2匹以上で飼っていたら共食いするといわれています。共食いは、どちらかというと縄張り争いですが、タンパク質不足だと殺すにとどまらず食べてしまうのでしょう。

ハムスターは、本来動物性の餌も食べますからハムスター用の市販の肉加工品など与えてみてください。

卵をゆでて与えるのでも良さそうです。黄身はカロリーが高いので、黄身は与えず白身のみを外して与える人が多いです。

肉加工品は、添加物も気になるのでできれば卵とか肉を調理して与えると良いでしょう。肉は、鳥の胸肉とか脂肪少なめの肉がいいのでしょうかね。卵の白身と同じく淡白なお肉です。

次にハムスターを飼うときは

ハムスターが噛むので困る…という人は、今のハムスターがいずれ亡くなって、もし次のハムスターを飼う場合はペットショップで手のひらに乗せてみて、噛まないハムスターを選びましょう。

ハムスターによっても性格がいろいろあるようで、噛むハムスターもいれば、噛まないハムスターもいます。

ペットショップで噛まないハムスターを選んだら、指を差し出しても全く噛むことはなくてクンクンと匂いをかぐだけだったそうです。

その噛まないハムスターを飼い始めてから半年もの間、一度も噛まれたことがないそうですよ。

まとめ!ハムスターが噛む対策法

ハムスターが、飼い主さんの手を噛む対策法についてご紹介しました。

飼い主さんは、ハムスターに「危険じゃないよ」と教えることで慣らしていきたい人もいるかもしれませんが、ハムスターは本能的に「地上を怖がる」というのは変えられないので、ぜひハムスターには地下の巣穴を思わせる環境を与えてみてください。

手は危険じゃないと教えようとしても、時間がかかりますからその間ハムスターが可哀想ですからね。

ハムスターが前よりしあわせそうだとか、表情が優しくなったとか、友達みたいによく懐くようになったとかの感想もありますから、期待できそうですよ。噛むという問題行動も、なくなるそうですからね。

スポンサード リンク



ハムスターがケージを噛むという悩み。最も良い解決法とは!

ハムスターがケージを噛むというのは、ハムスターにとってどんな意味があるのでしょうか。

金網ケージをずっと噛んでいるのは、ハムスターにとってよくありません。

取り敢えず、空いている衣装ケースでも良いのでハムスターを移しましょう。

しかし、物理的に金網を噛むことがなくなったからといって、ハムスターが金網を噛むに至った理由については解決されていません。

ハムスターがケージを噛む原因について確認していきましょう。

スポンサード リンク



ハムスターがケージを噛む原因

脱出したい

まず、ハムスターがケージを噛む理由には、このような見解もあります…「ハムスターはかじるのが好きだから、何かかじるものを探している。」

しかし、ハムスターにかじり木を与えても噛まないことのほうが多いです。ハムスターは木をそもそも噛むという習性はないといわれています。

ハムスターは、脱出したくてケージを噛むのです。ハムスターはケージ内に脅威を感じています。

もともと砂地に住むハムスターは、砂地に穴を掘ってそこを巣穴として使っています。巣穴にいるときは安心ですね。しかし餌を探しにハムスターは地上に出なければいけません。

夜行性ですから、夜になると縄張りを歩き回ります。頬袋に餌を集めます。そして巣穴まで持ち帰ります。

ハムスターが地上に脅威を感じるのは、天敵に襲われるかもしれないというのが遺伝子の情報で入っているからでしょう。

その本能によってハムスターは天敵の気配がすると固まります。フリーズするハムスターを見たことある人も多いでしょう。

スポンサード リンク



フリーズするのは、単にびっくりして腰が抜けたのとは違います。動くと天敵の目に止まりやすくなるからです。

ハムスターより大きな動物…ひつじやヤギとかもこのようにして固まるのは知られています。

つまり、ハムスターはいつでもフリーズできるように絶えず天敵の気配に気を配っているのです。

ハムスターにとって適切な環境である、「地下型の巣箱」を考案した人は、ハムスターを草原に放して様子を見てみるという実験を行っています。

天敵を見たことのないペットショップ生まれのハムスターでさえ、絶えず緊張して身を低くし、上空を気にして敵に警戒している様子がビシバシ伝わってきたとのことです。

そりゃそうですよね。経験から学ぶことはできません。天敵に狙われたらまずもってハムスターでは助からないのですから命がそこで終わってしまいます。

ですから、ご先祖様から受け継いだ本能によってハムスターは地上では絶えず緊張してストレスが掛かった状態なのです。

スポンサード リンク



ケージは地上扱い

今の金網ケージや、水槽ケージ、衣装ケースのケージは、ハムスターにとっては地上扱いということが多いです。

ハムスターが満足するケージではないのですね。

ハムスターの満足するケージは、地下型の巣箱というケージです。

商品の宣伝ではなくて、地下型の巣箱のような特徴を兼ね備えているケージと言いたいです。

地下型の巣箱は、二段になっていてハムスターが自ら巣穴として地下部を使います。部屋作りを行い、飼い主さんはハムスターに地下部への介入を悟られてはいけません。

掃除の跡や、餌が勝手に掃除された形跡を残してはいけません。取り除くとしても腐りやすい野菜とか、干からびたフンだけです。フンもハムスターの非常食ですからね。

地下型の巣箱は、衣装ケースを二段重ねで作り手作りする人もいますが…。

地下型の巣箱の作り方は、検索してサイトで確認してください。簡易的な紙箱で作る方法もありますよ。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターがケージを噛む対策!

ハムスターがケージを噛む場合のハムスターの動機や、対策法についてご紹介しました。

取り敢えず、簡易的に紙やダンボール箱で地下型の巣箱を作り、できれば木工して地下型の巣箱を作ってあげてください。ジャンガリアンハムスター用の地下型の巣箱はサイトで販売しています。

地下型の巣箱で飼うと、ハムスターがもっと懐いてくれるようになりますし、表情も穏やかになると好評です。

スポンサード リンク



ハムスターが金網でうんてい!その心理とは

今回は、ハムスターのうんていについてです。

「見事!」と思わず言ってしまいたくなるハムスターのうんてい。

意外と腕の力あるんだなぁ、とか器用だなあ、とか思いますね。

そんなハムスターのうんていですが、ハムスターからしたら実は必死の思いでケージから脱出しようとしているのです。

そんな脱出しようとするハムスターの心理について確認していきましょう。

スポンサード リンク



ハムスターがうんていするのは脱出のため?

ハムスターの持つ危機感

ハムスターは、見た目からはそんなに緊張感は伝わってきませんね。丸々とした体と小動物らしいつぶらな目からは、ハムスターのストレスも緊張も伝わってきません。

しかし、ハムスターはケージの中では常にストレスを感じているという説が濃厚です。

ハムスターの祖先は、代々広大な砂地に住み、砂の中に巣穴を掘って暮らしてきました。

ハムスターにとって、地上という環境は餌を取りに行くために出かけますか、天敵から襲われる可能性がある危険な場所です。

地上では無条件に警戒するように本能に根付いています。ケージの環境はどうでしょうか。ハムスターに地上を感じさせていますね。

ハムスターは、早く地下の巣穴を見つけて逃げ込みたいと思っています。

なので金網をよじ登り、どこからか脱出できないかと抜け穴を探すのです。よじ登っててっぺんにたどり着いたらそのまま今度は天井をうんていするようにして渡っていきます。

スポンサード リンク



うんていはハムスターに危険

このうんていですが、ハムスターにとって危険です。落下して死んだケースもあります。足首を折ってしまうこともあります。ハムスターのために、金網ケージは最も悪い環境であると感じます。

ハムスターは、水槽型のケージでも水槽の壁に沿うようにしてピョンピョン狂ったように飛び跳ねたりすることもあるといわれています。

これも脱出したい現れです。天敵のいるかもしれない地上にいつまでも閉じ込められたハムスターのストレスは半端ではありません。

命をつなぐために役立ってきたハムスター独自の警戒システムというやつが、飼育環境下では仇になってしまっています。

なので、ハムスターがうんていしているようならまずは手頃なプラスチックの衣装ケースや水槽などに移して、それからハムスターにおすすめの「地下型の巣箱」の導入に取り組みましょう。

スポンサード リンク



地下型の巣箱

地下型の巣箱は、どんなケージかというと二段になっていて地下と地上に分かれています。

地下は、ハムスターが飼い主さんにもお掃除されたりいじられたりしていないと感じられるように世話をします。

その具体的な方法については地下型の巣箱の取り扱い説明書をダウンロードすれば読めるので、確認してみてください。

とにかく、ハムスターの習性をよく理解した人が作った巣箱ですからハムスターにとって理想の住居になるでしょう。

ハムスターが、野生のハムスターのように自分で地下のお部屋を整えて、寝床をこしらえて食べ物を貯蔵して、トイレを別の部屋に作って、というのを観察することができます。

地下型の巣箱を使い始めてから、とってもよく懐くようになったとか、「世話係」から「お友達」になれたとか嬉しそうな飼い主さんたちの感想も上がっています。

スポンサード リンク



まとめ!ハムスターのうんていは実は可哀想だった

ハムスターが一生懸命うんていしているのをみて、ほっこりと「可愛いなあ…♡」と思っていたら、ハムスターにとってはそれどころではない必死な状況だったのですね。

ハムスターにとっては、ハムスターの習性が理解されないまま、リスやインコを飼うような感覚でなんとなく今現在のケージが広まってしまったのは不幸としか言いようがありません。

ストレスで毛が抜けたり皮膚炎になったりする前に、ハムスターを地下型の巣箱に移行させて健康に生涯を終わることができるように整えてあげましょう。

スポンサード リンク