精油は文鳥やインコに安全?【ハッカ油とラベンダー】代表的な2つのエッセンシャルオイルで考える

アロマとか、エッセンシャルオイルといわれるリラクゼーションのアイテムは愛用者も多いことでしょう。しかしながら、インコなどの鳥類をペットにしている人は特に「盲点だった…」と後から後悔することになるリスクがあります。精油の中でも特にメジャーで定番な香りがラベンダーとハッカです。これらはそれぞれ異なる性質を持ちますね。

神経と心を緩ませくつろがせる安眠にとっての代表的存在と、真逆にシャキッとクールで爽快な気分をもたらすアロマです。人間にとっては利点のある精油も、ペットにしてみれば成分が強烈に効いてしまい臓器や神経に被害が出る危険性があるので配慮が必要です。とはいえ鳥の専門病院で植物の力を寄生虫に行使することもあります。どんな使い方なら安全なのか確認して行きましょう。

副作用の基本情報

市販のアロマディフューザーで部屋全体に精油を行き渡らせるというのは鳥が急性中毒になる可能性が高いです。なのでそれは絶対にやめましょう。

ハッカ油は、瓶に入っていますね。おそらくプラスチック製の容器に原液を薄めず入れたら溶けて床に落ちて無駄になることでしょう。歯磨きやうがいに使いたいという場合は、必ず水をたっぷり入れてから何滴か使うような方法でないとまずいかもしれません。歯ブラシを1つ破壊したのを見た時は、背筋が寒くなりました。

他にも瓶を鼻に近付けて深呼吸したら目が痛いとか、バスタブに入れすぎて浸かったら寒くなるなどの副作用が知られています。

除菌に働きかける精油はティーツリーオイルやユーカリ、ローズマリーなどがありますが、これらも同じなのかは分かりません。しかしどれも強い成分です。

鳥のみならず人間も距離感を間違えて返り討ちに遭わないようにしましょう。ラベンダーのように穏やかに感じられる精油でも使い過ぎたら問題が出る可能性があります。

品種がありますが、ストエカスという製品を購入するのは控えましょう。神経毒性があるようです。スピカというのも少し危ないみたいです。アングスティホリアとかは大丈夫ですけどね。

ハッカ油の使い方

ミントと違いが分からない人も少なくないですが、それらメントールの匂いが特徴的なシソ科の植物を総じてハッカ属と分類しているようです。ゴキブリや蝿、蚊などの忌避に役立つことがあります。ゴキブリは、マンガに登場して「じょうじ」とか言っていましたっけね。

広告をチラッと見かけただけなのでストーリーの詳細は良く分かりません。筋肉がムキムキで、背が高く人を捻り潰すことができる恐ろしい腕力の持ち主でした。しかし、小さいゴキブリは眠っている時に耳の穴に勝手に出入りしているという都市伝説もあります。

ですから少し不安な人は日頃からホウ酸団子を仕掛けたり、ハッカ油のスプレーを使って雑巾やクイックルワイパーでフローリングを拭き掃除しておけばその匂いが虫を遠ざけてくれることでしょう。さて、しかし文鳥にとって危険な成分なので、床やクッションを万が一舐めないように掃除には洗剤や精油を用いないことをおすすめします。ただの水や、こびり付いて落ちない汚れには高温スチームで汚れを浮かすみたいなアイテムで磨けば良いのではないでしょうか。

普段くつろぐソファーなどハッカ油を仕込めば脳の視床下部に働きかけて神経を休ませてくれるかもしれません。1時間ほどで揮発してしまうらしいので、もし蚊を寄せ付けないようにしたいならこまめに噴霧する必要があると言えます。入浴剤として入れる場合は、必ず少量から試すようにしましょう。寒くて大変だったという災難なことにならないためにです。しかし話としてはちょっと面白いネタではありますけどね。

重曹を固めて作るバスボムに垂らしておくとか、ハーブ石鹸なんかも作ってみたら良いですよ。ちょっと臭かったですけど、手作りだから仕方ないのかもしれません。鮮度とかも大切なのでしょうか。既製品ならきっと文句なしの仕上がりですね。気分転換にはハッカ、落ち着きたい時はラベンダーが工を奏することでしょう。

ところで、文鳥やインコが心の病で糞を食べたり、爪を噛むなどの症状が見られる時にはアロマで緩和を図ることもあるようです。1滴をティッシュにポツリと垂らし、畳んでケージから少し離して置いてみるくらいの濃度が最適だとか聞きます。虫が羽に付いている時も、たしかティーツリーやユーカリじゃなかったかな、樹木のアロマオイルを使って治療することがあるのだとか。感染の場合は抗生剤で直接的に叩くでしょう。

その方が確実ですからね。素人判断では危険ですし、精油の香りによっては全く使えないハーブや花などもあるかもしれません。桜とかバラ科は駄目だと聞きます。でもそれは噛んだ場合のみで、嗅いだだけで倒れるなんていう報告はなさそうですけどね。ということは、やはり濃度の問題かもしれません。

精油というのは油ですから、大量のラベンダーなどを集めて食物繊維や水分などが殆どを占める中、脂質のみを集めたのです。これが煮出したティーとは違って扱い方に注意が必要な理由ですね。

アロマ以外にインコなどの鳥が倒れる原因

ガスなど空気の悪さは厳禁です。塩素とか洗剤の香りなども嗅がせないほうがいいことは間違いありません。キッチンに入れない配慮はもちろんですが、リビングでホットプレートを使い餃子を焼いたり、お好み焼きを作る場合とか、カセットコンロを持ち出してお鍋をしたりする時には気を付けてください。位置的に鳥籠に近付いてしまうと、ガスとかフッ素加工の鉄板で調理の際に出る成分に急性中毒になるおそれがあります。

ドアがあるなら閉めて隔てましょう。換気扇を回せないリビングでは、同じ空間にインコや文鳥がいるだけでリスクがあるかもしれません。というわけで鼻から入る成分が作用してバタンキューになる可能性についてでした。野菜とかおやつ、金属など飲み込んでマズイものについては別で改めてリサーチして予防に努めてください。

ハッカ油は、大好きで比較的安価でもあるため、掃除に芳香浴にとドンドン使っているという人もいるかもしれません。しかし鳥を飼っているなら過度な利用は避けるべきです。鼻はニオイに慣れてしまいますから想像以上に家中メントールっぽいということになったら別室のインコでも急逝してしまうかもしれません。

ラベンダーは弱い感じのまったりした香りですがやはり頻繁にたくさん使うのは控えましょう。ボディソープの香りとか、1階にお風呂があるのに2階までとか下手したら寝室の中にも漂ってくるではないですか。文鳥に大丈夫かなとちょっと心配かもしれません。

片目の涙が止まらないというのはやっぱりリーキーガット症候群が起因か…

目の健康は大切です。特に痛むわけでもないのに涙が次から次へと滲み出てくるので困っていました。私はリーキーガット症候群気味です。お肉を食べないからかもしれません。不溶性食物繊維を摂取すると悪化して、関節炎やら今回みたいな片目からの涙が止まらないなどの謎な症状が現れます。

大豆の皮って食物繊維がたっぷりではないですか。あれは、不溶性食物繊維であるため、腸粘膜にとってはタワシみたいなもので傷付いたり薄く剥がれたりするみたいです。そうすると腸内にいる寄生虫とか悪玉菌みたいな嫌な微生物が血管に侵入して関節で悪さをして炎症を起こしたり目の血管までやってきます。

寄生虫はいくらパラサイトクレンズで駆除しても完全に除去できるということはないんだろうと諦めています。なにしろ体のバイオフィルムに守られてどこかに潜んでいるかもしれないからです。バイオフィルムを剥がせるバイオフィルムディフェンスというのもありますが除去しきれない部分もあるでしょう。

ですから寄生虫や悪玉菌の影響を受けないためには腸を丈夫にするしかありません。それで、スマホを見ながら止まらない涙に苛ついたので、大豆の皮を念入りに除去して純粋なタンパク質を一掴みほど食べたわけです。ついでに青汁のベータカロテン(目や腸の粘膜を生成する)も補給したらすぐに症状が収まったから良かった、そして同時に普段からどれほど腸が弱いところで安定しているんだというちょっとした悩みを感じました。

ベータカロテンは水溶性ではありません。つまり油も一緒に摂取すると良いといわれています。しかし食用油というのは薬剤で溶かして抽出している製品と、搾っている製品があります。私の場合、一部の菜種油とかは食後に毎回リーキーガットが酷くなった時の症状が出るので、おかしいな、と思ってやはり溶剤の影響が残っているのか…めんどくさ…と、搾った油を購入したら何事もなく大丈夫なので、やはり、溶剤だったかという感じでした。

溶剤使っている企業のホームページみたら、油にはちゃんと残っていないように処理しているみたいで自分もそれなら平気だろうと考えていたのに、やはりリーキーガットは正直に食べ物に反応して悪化してしまいますね。でも幸いなことにあんまりアレルギー症状は出ていないんです。

むしろ健康そうな家族とかの方が花粉症だったりして、花粉症も腸がどうのこうの…らしいですし、リーキーガットといえど人によって出る症状が様々みたいです。強烈な体臭とかで困っている人もいればアレルギーとかの人もいるようで、電磁波過敏症ももしかしたらそうなのかもしれません。

とにかく腸は超丈夫にすれば健康の土台がしっかりするんだろうなと考えたりしています。片目の涙が出るのは炎症とか診断されるのかもしれませんが、その炎症が何によって現れたのかというのを考えてみることも大切ですね。ということで以上です。

文鳥と南国な果物!マンゴー、パイナップル、レモンの特徴や栄養、インコへの可否

暖地で栽培できる果物の多くは、体を冷やす作用があります。それを抜きにしても、ペットのような小さな動物には害をもたらすことがあるというのも一般的に知られた話です。さて、今回は文鳥やセキセイインコなどを総括するコンパニオンバードと呼ばれる生き物について、南国で生産されたマンゴーやレモンなどのフルーツとの相性を見ていきましょう。

パイナップルの特徴

葉が鋭く、実にも棘というか突起のある危険そうな印象は、素手で持つ時にうっかり皮膚を傷付けかねませんね。酸っぱくて口内への作用が強いです。カルシウムで出来た歯が溶けそうになったり舌が薄い人は食べ始めて早くから痛みを感じるかもしれません。もちろん生で加熱せずカットした場合ですけどね。

パイナップルはビタミンだとCとB6、クエン酸が多くて酵素も持っています。なぜかタンパク質の消化を助ける栄養が豊富なのが不思議です。炭水化物とか甘い味が強いフルーツの場合はアミラーゼとかB1が豊富です。バナナ、玄米などがそれに該当します。

ダイエットや健康には、お肉や魚、卵などの消化をサポートして筋肉の合成を助け、代謝をアップさせるとか肌を強く丈夫に保つ効果が期待できそうです。腸壁も厚くするというか薄さを改善するのでアレルギー体質や、リーキーガット症候群の予防に良いですね。

もちろん酵素は加熱すると失活します。パイナップルはジュースに加工されることも多く、キッコーマンやDoleなど紙パックや瓶で販売していますね。その他酢豚に使われることも定番でお菓子とかにも混ぜ込まれることがあります。甘さがあまり無く爽やかですからそのままより、小麦粉の生地にプラスすると香りを楽しめそうです。

そんなパイナップルは、やはり強烈なので文鳥への提供は控えましょう。

マンゴーへの適合はどうか

マンゴーはカレーの国、インドから来ました。何百もの品種があり、殆どは海外で生産されますが日本でも南にある地域、つまり沖縄から熊本県あたりで栽培が行われています。完熟の度合いによって糖度がかなり変わるとか言われているようです。

おそらく成分的には、痒くなる原因物質が含まれていて、ウルシ科ですから人間でも気を付けないとアレルギー症状とかが出てしまうことがあると言います。もちろん文鳥、インコも駄目です。

缶詰のマンゴーでは火を通していますが、そのように加工すれば問題ないという方もいれば、やはりかぶれてしまうという場合もあるようです。プリンとか飴に加工されることが多く、匂いからして異国情緒に溢れています。

黄色と橙の中間、ウコンみたいなカラーは暖かい島の昼間を想起させるようで見ていて心が明るくのんびりした気分になるようですね。しかし銀杏みたいに厄介で、木に近寄るのすらアウトな人もいると聞きます。現地では気を付けないとですね。

こっちは秋という10月付近のみですが、あちらには季節が無いイメージですから一部の方達に迷惑極まりない揮発性の何かを振りまかれているのは非常に気の毒です。こっちも春と合計すると2シーズン外出ではマスクが、室内では空気清浄機が手放せませんね。しかも、マンゴーは開花期にすごくクサイと聞きます。

レモンはどこからの贈り物?

原産国はやはり印度です。なので寒い地域ではあまり生えているのを見掛けませんね。種は比較的得られやすいので蒔いてみたことがある人は意外と多いかもしれません。

個人的にはグレープフルーツとかでも挑戦してみましたが発芽が遅くてやきもきしましたよ。しかも結局成長しないままだったので諦めて観察と水やりを中止しました。大豆なら簡単なんですけどね。

レモンははちみつに漬けることや紅茶に輪切りにしてあるいは搾って入れることが多いですが、本場ではチャーハンみたいにライスのレシピに用いているといいます。皮ごと刻んで使うのかもしれません。写真を見た感じそうでした。

ちらし寿司とかに使う錦糸卵みたいですけど味はまったく別で、マーマレードに似ていたりするかもしれないなぁと予想しています。昔話にもレモンが登場したりして、こっちが柿、おむすびなどがメジャーなのに比べてあちらは違うんですね。

内容も大陸の価値観が反映されていて、実に気前が良いというかサービス精神が旺盛で、罰したり懲らしめるというような要素が全く無いです。新鮮に感じましたよ、教訓とか戒めみたいなものもなくて、大らかな土地柄を感じました。インターネットで探せば読めるので是非検索してみてください。そして文鳥にはやはり適合しません。

許可が出ているのはみかん、さくらんぼ、いちご、りんご(3つはバラ科なので種を除くのを忘れずに)、スイカ、ぶどう、バナナあたりです。水分で下痢をしたり糖尿病、肥満にならないように日常的に与えるのは体の為になりません。嬉しがるからといって甘やかさないように心を引き締めましょう。

文鳥の食べてはいけないものについて

特筆すべきはビタミンC(特にレモン。もちろんマンゴーやキウイ、酸っぱくないバナナにすら存在する)なフルーツですが、タンパク質は少なくてベータデンプンより病気のリスクが高い果糖が豊富なのであまり重要ではありません。

卵、鶏の脂肪が少ない部位も定期的に餌入れに置いてあげないと腸とか筋力、羽の生え具合に支障が出てしまうかもしれません。自分より体が大きくて怒ると突進してきそうな怖い鳥を胃に収めるなんて、不思議な気分ですけど。

屋外だったらおそらく虫の狩りをしているでしょうね。ミミズなら地面をほじって、蚊とか蝿は夢中で飛びつつ追い掛け捕獲みたいな感じではないかと考えます。牛みたいな草食動物は完全に、細菌によってタンパク質を合成する術を身に付けていますけどインコなどの鳥はそうではないですね。

文鳥の視力を保持するベータカロテンは、ほうれん草やにんじん

野菜には、避けるべきものもあります。それは食べると死に至るとか、肝臓障害を起こす、痙攣や呼吸困難などになるものです。これらは総じて急性症状ですが、もっと作用が弱いものだと下痢だったり、長期間摂取し続けた際に甲状腺腫や結石になりやすいなどの問題があります。

人間ではなく文鳥やセキセイインコ、犬、猫などに配慮が必要です。体に良さそうなイメージのほうれん草ですが注意点はあるのでしょうか。この植物はアカザ科といって、寒い季節が最も美味しくなるという特徴があります。

根に近い部分は赤っぽくて特定のミネラルが多くなっているようです。全体的に葉酸やベータカロテンが多くて赤血球の生成や目、皮膚などを健康に保ちます。

子供に嫌われる味の要因といえばエグさや苦味がやや残るというポイントでしょうか。しかしこれはアクが多いので仕方がありません。なるべくたっぷりのお湯で茹でて処理しているかとは思いますが。

これによる石が形成されやすいというデメリットもあります。尿路とかにできると痛いと聞きますよね。そうなった場合の対策法には自力で出したという人の事例ではクエン酸とか、医師による治療なら衝撃波で砕いて細かくして排出するとか、薬、生活の指導などが挙げられます。

病院に行きたくなければ酸性によって溶かすのが良いと聞きます。カルシウムの結晶はアルカリ性で、中和するのにはビタミンCとかも効果がありそうですね。トイレの便器を掃除する時と同じ原理です。

しかし、人間の場合はそのリスクを覚悟で使うことが多いですが、文鳥にはどうでしょう。控えさせるべきであるという意見がほとんどです。ですからほうれん草以外を検討してみましょう。

ここで改めて確認ですがキャベツは駄目で、コマツナも獣医によっては勧めないということです。後者の方が甲状腺を阻害する物質が少ないのかもしれませんから、一般的には食べているインコは多いです。

しかし用心深くいくならアブラナ科と大豆は全部控えるべきです。エダマメとかもイソフラボンとかの作用がありますし雌の文鳥には特にあまり良くないのかと考えます。

そしてにんじんについてですが、葉酸など必要な栄養を網羅できませんからオレンジはあまり意味がなくてグリーンの、つまりリーフ部分を補給しないといけません。しかし食べて悪い作用をするわけではなくて細い方なら害は少ないです。

しかし太いとヘモグロビンの邪魔をして酸素欠乏にさせる成分が多いので真ん中で切って上は飼い主がおでんや炒め物などで消費して下を文鳥に与えましょう。

犬のカサカサ、ブツブツに外側と内側から対策

犬の皮膚病には膿皮症、かさぶた、赤い湿疹など様々あります。

飼い主さんでできる皮膚病の対策に良いとされているのは一般的に乳酸菌、低アレルギー仕様のドッグフードです。

これらは体の内側から体質改善を目指すワンちゃんにおすすめの対策です。

フードにアレルギーを持つ犬も多いといわれています。アレルギー性皮膚炎には、低アレルギードッグフードがおすすめ。皮膚の赤さなどアレルギー症状が出なくなったという口コミも。
楽天でのご購入はこちらから

犬用乳酸菌サプリ

他には、外側からの対策です。薬用シャンプーで洗ったら改善したという口コミも。
人間でも頭皮に発疹ができる人も少なくない合成シャンプー。
今の犬用シャンプーでワンちゃんの皮膚は大丈夫?
菌に効く薬用成分配合

楽天で購入の方はこちら
公式サイトで購入の方はこちら

犬の膿皮症は飼い主やペット同士にうつるのか

膿皮症というのは他人に伝染するものなのかと少し不安がありますね。
犬同士ではどうなのか、他の生き物と同時に飼っていたらそれらにも移るのかという疑問があり場合によってはやんわり隔離気味にしないといけないのではないかとか考えを巡らせますね。

しかしこの場合特殊な菌ではなく身の回りにありふれたものであるため、本人の免疫力が劣っているのが問題です。ですから、感染の心配はありません。ですからその点についてはひとまず気にしなくていいでしょう。

あまりひどい疾患にも見えないのですが一度かかると完治までにしつこくぶり返すことがありますそれは爪の付いた手や足で掻いてしまうというのも挙げられますが発症に至った免疫の弱い
犬の体質、牽いてはそれを作り出した餌の質というものをまるで対策していない場合です。まず腸内を整えてアレルギーの有無を調べてもらいましょう。

コーングルテンとか鶏肉自体などドッグフードに配合された何かしらの材料によって炎症が起きていないかどうか。腸から余計な毒素までを吸収してしまうようになると目などの痒さとか皮膚炎になりやすいですからね。

なので穀物の種類やタンパク質源の原材料についてしっかり考えたメーカーを選んでみたりという対策を心掛けましょう。一般的にはラム、米、魚などはアレルギーが出にくいということになっているようです。人間の花粉症などの体質改善に役立つメニュー、食事療法について学ぶのも参考になるでしょう。

生姜やネギ、ローズマリー、オリーブのリーフなど除菌効果が高いハーブも、皮膚炎になったのがペットではなく自分なら摂取してみると良さそうです。

しかし犬の場合は中毒になってしまう場合があるので無難に抗生物質とかを処方してもらった方が良いです。忘れてはならないのが
膿皮症の原因菌を退治すると同時に善玉菌も減らしてしまうという点です。

それが再発に繋がるのではないかという恐れがあります。ですから動物病院の薬と同時にサプリメントでお腹のケアをしてフローラとお花畑を蘇らせましょう。とにかくうつる可能性は無いですから一安心です。

虫の絵本−ミミズやバッタの懐かしさ、温かみ

畑とかでハーブとか野菜を栽培するような趣味をお持ちの場合だと、
ミミズとこんにちはする機会も多いでしょう。嫌いな人もいるみたいですね。
絵本のキャラクターになればネズミだって人気者ですけど。雨で湿っている時より晴れていて天気が良いのに出てきて自滅している、干からびている印象も多いです。

でも、それは本当はワザとではなくて天気が悪いうちに別の場所へ移動しようとしたけど、何しろ動きが鈍く間に合わなくて止んでしまい干からびてドライ乾燥してしまったんですね。恐ろしいことです。でもそれを見ても人間はうわ、とかへーくらいにしか思いませんけど。

でも、物語にすると途端に脇役の
バッタなど虫たちは主人公に早変わりし感情移入してしまいます。小さな生き物でも
絵本で顔を描けば表情豊かですね。突飛な行動をして笑わせてくれたり感動や夢を与えてくれるわけです。ネズミが何匹もの大家族で、洗濯とかお月見をする児童書があるではないですか。工夫して生きている様子が伝わってきて、服とかどうやって縫ったのだろうとか金属を生成する技術を知っているのか、そうでないなら針の代わりに何を使っているんだなろうと気になることはたくさんあります。しかし、肝心なことを忘れてはいけません。

ミミズは手足がないのであまり面白い
絵本の展開は期待できないかもしれないのです。道具を使わずにどうやって人間が共感できるような文化的な様子を描いたらいいというのでしょうか。セミとかではなくこの虫だからこそ難易度が上がります。作家になったつもりで考えてみたらやっぱりカラスとかスズメに振り回され冒険しながらもたくましく生き延びている不思議に屈強な弱者としての姿を描いたら手に汗握るでしょうか。

親しみが湧きますね。蠕動運動をしているだけの生き物に、大したことは成し遂げられないでしょう。しかし他の強敵となる動物と組み合わせると不思議に楽しい絵本になってきます。これは心の投影なのかもしれません。つまり、自分が普段感じている社会とか職場、仕事の業務そのものなどをカラスに置き換えているのです。バッタと旅をするのも良いですね。