犬の鰹節だし(がら)を使ったレシピで下痢の心配は?

犬もドッグフードばかりじゃ飽きる

まあ適当にうまみはあったほうが日常が楽しくなっていのではないでしょうか。お味噌汁とか、味噌だけで飲んだことがある人はわかるかと思いますが、全然物足りないですよ。だから犬だって時々は、だしの効いた美味しいものを食べたいですよね。それに、体に悪い添加物というのとは違ってこの場合は自然の素材なわけですから全く問題ないです。ネコは鰹節がすごく好きみたいですよ。マンガで見ただけですけど、飼い主が削るとすぐに寄ってきて催促するみたいです。だから犬も、鰹節自体をバリバリ、食べても大丈夫でしょう。でもどうなんですかね。

栄養的に悪い点はないか

ネコの場合はタウリンが必須アミノ酸とかいって、魚介類にはそれが含まれているイメージがありますが。もしかしたら犬が食べすぎたら結石になってしまう栄養素ではないのかな。いや、問題ないでしょう。だってお肉だもん。昔は野生の狼とか犬など、絶対にそういう狩りをしていましたよね。ネズミとか鳥ばかり狙っていたわけではないでしょ。でも、塩分は控えめにしたほうが良いのはなんとなくどの生物にも共通ですよね。だから、煮干しでもなんでもペット用と書かれたものがおすすめです。おかかにはお醤油をかけて食べないと味がしないですよね。だから、そのまま削って与えたり小さいビニール袋に入っているやつを味付けせずにスープとかに使ったりすればいいです。

捨てずに再利用

人間用のお味噌汁とかの残り、つまりだしがらをふりかけみたいにまぶすとか、湿ったタイプのご飯を作る時にしっかりうまみの成分を煮出すといいです。ペットにも手作りしてあげる人もいるんですね。それはそうかもしれません。大切な犬には、体に良いものを食べてほしいからです。あまりにも添加物が多くて粗悪なものもあると聞きます。自分で確認したことはありませんけど。

下痢をするとしたら

それはマグネシウムの過剰摂取が原因です。なぜなら、水分を腸内に溜める働きがあるからです。そして、あとは寄生虫の可能性もあります。菌とかもですね。食中毒みたいなものでしょうか。発酵させているのでしたっけ?製造方法が良く分かりませんが、新鮮ではない食品は、たとえ乾燥させていたとしても死んでいない菌が生き残っていて、腐敗しかけているということがあるみたいです。正確には熟成しているのかもしれませんが、明らかに臭いというようなものがあります。煮干しとかでも。だから、もしお腹が下ってしまうようならそれは諦めて昆布とかはどうでしょうか。海苔も良いですよね。文鳥なんかは好きなんですよ。

犬の皮膚にかさぶたを見つけたら

犬を飼っていると健康状態が思わしくなくて
かさぶたなんかができていることもありますが、これって大丈夫なんでしょうか。自然に剥がれるまで待ったほうが良さそうですが。

つい気になってしまう

異常なものを見つけると、それを排除したくなるのが人間というものです。脳みそは、汚いものや散らかった状況を好みません。整然としている方が良く、健康的な姿に戻そうとします。掃除が苦手で自分ではあまりやりたくない人でもきれいな環境で暮らしたいですよね。

犬は、おそらく皮膚に何らかのアクシデントが起きているのです。しかし体というものはそう都合よくできていませんから故障することもあるのです。そういう時には、餌を変えてみるべきです。あるいは、ビタミンの不足かもしれません。とにかく、何らかの原因があってそのような姿になっているのですから、それを解明して対策しなければならないのです。なんだか堅苦しい言い方になってしまいましたが。健康管理は飼い主の務めと言っても良いでしょう。でも、それと同時にあまり几帳面になる必要はなく、神経を尖らせずに今結構満足してペットと楽しく暮らせていることにフォーカスすることが大切ですね。

お腹のために乳酸菌

それは肌にも影響が大きくて内臓というのはとても外側に現れるものです。便秘をしたときにニキビが出たり、体がうんちみたいな臭いになったりすることがあります。だから、きっとヨーグルトみたいなものが役に立つでしょう。でも、ちょっと待ってください。たしか、乳製品のタンパク質というのは白内障の原因になるといわれています。だから善玉菌のみをギュッと集めた錠剤を摂取したほうが良いのではないでしょうか。

ペット用にそういうのを販売しているサイトが見つかるはずです。検索してみましょう。別に、人間のを与えても良いかもしれませんが成分が違うかもしれませんし、ビフィズスとか酪酸など働きが違うみたいですからね。

犬のかさぶたまとめ

油っこいものを食べると、肌が痒くなりますよね。もちろん適切な摂取量なら問題ありませんが、ちょっとお腹いっぱいになるまでとか一日三度もそういうこってりしたものでエネルギー補給をするとそうなるということです。もちろん人によって体質の違いがありますから、絶対にそうだとは言えませんけど。だから、
ドッグフードに入っている食用油が駄目そうなら、
犬のご飯を湿ったタイプに変えてみるとか。成分をチェックしてみましょう。かさぶた対策は手探り状態ですが解決するといいですね。そして、はがすのはやめましょう。一時的なものなら特に動物のお医者さんに診せなくても大丈夫でしょう。

犬のかさぶたを剥がすのは厳禁

剥がしたらばい菌が

犬の皮膚から自然にぽろっと
かさぶたが取れるまで待ったほうが良いですよ。血とか液体が滲み出てきてしまうかもしれませんから。まるちゃんで、そういう回ありましたね。無駄に構うから、痛い思いをするのです。放っておけばそのうち改善するでしょう。しかし、ペットフードの品質にはちゃんとこだわったほうが良いかもしれません。添加物が少ないものを選ぶとか。体に悪い成分がもしたくさん入っていたとしたら毎日それを食べて皮膚が病気になってしまうのも無理はありません。

犬にかさぶたができた原因は?

人間も、しばらく頭を洗わないでいたら塊ができます。赤い血みたいな色をしていることもあります。これは炎症が起こったということを知らせているのでしょう。見ていると痛くなってきます。

まとめ

犬には、腸内環境を整えるようなアイテムを追加すると
かさぶたの改善に良いかもしれませんね。皮膚にトラブルが起こるのは、便秘などが関与していることもあるからです。吹き出物ではなくてフケのようになるということは乾燥ですからアレルギーみたいな感じかもしれません。勘ですけど。だから、小麦とかの穀物を使っていないフードを与えればいいのではないでしょうか。

なにが原因物質なのかは、検査してみないと分からないですけど、猫とかは鶏に対して免疫さんが対応しすぎてしまって駄目な場合があるみたいです。だから魚が多いのですかね。
犬はどうだか知りませんが、一応低アレルギーの餌を与えておいた方が良いかもしれません。

猫が隠れるのは体調不良か

猫が起こしやすい体調不良

毛玉がお腹に溜まって便秘とかになってしまうかもしれません。それは、自分でブラシを使って身繕いできないからです。仕方がないと言えます。あとは、人間にも考えられる生活習慣病になることもあるみたいですね。だから動物病院があるのでしょう。

まだネズミとかゴキブリを加熱せずにそのまま食べていた時代には、そういうこともなかったでしょうけど。やはりペット用の餌には酵素が不足していますし、添加物もたくさん入っています。それに抗生物質などを投与されて育った鶏がお肉として使われていたりして。マグロなど魚が配合されていることが多いですが近年は重金属による汚染も気になります。水銀とか、セシウムなどです。

隠れたがる心理

体が弱っている時には不安になりやすいですから、普段は信頼している飼い主さんにも無意識に警戒心が働いてしまうのかもしれません。人間の場合は心細くなると誰かに面倒見てもらいたくなるものですが、やはり猫は違うのかもしれませんね。

まとめ

猫が家の人から隠れてしまう時には、死が迫っているのかもしれません。それは悲しいことですね。柄も性格もみんな違いがあって、同じ個体は一つもありませんからお別れはペットといえど寂しくなるものです。魚とかインコもおすすめです。かわいいですよ。そういえば、以前
猫がたくさん何匹も水槽に集まっている画像を見ました。「美味しそうだにゃ」とか考えているのかもしれません。マグロとか魚が主食ですからね。でもおかしいことに本来は砂漠とかが原産のも多いはずですから「何だこの生き物は」と不思議がるのが普通ではないですか。応用が利くというのはやはり頭が良いのかもしれません。インコなんて野菜など初見の物は、餌に対してですら怖がることもありますけどね。

猫が雷で隠れるのはなぜか

猫は怖がり?

人間でもイナズマや轟にびっくりして身を縮めることがあります。布団に隠れるいい年をした大人もいることでしょう。ところで、
猫のようなペットはこういう雷みたいなものにもっと弱いみたいです。なんだか、どっしりと構えて動じないイメージも持ち合わせていますが、それは個体によるのですね。小心者もいるということです。そのような臆病な子は急いで隙間に隠れたいんですね。すごく良く分かります。でも、暗い押入れとかは逆に怖いです。私の場合は壁に背中を付けたくなるとか、寝転ぶと安心します。背後がなんだか落ち着かない気分になるからです。インターネットでは面白い情報もたくさん見付けることができます。冷蔵庫の下に顔を突っ込んだ
猫とか。すごく切羽詰まっていたのでしょう。どこにも体が入る空間がないとそうなってしまいます。頭隠れてなんとやら、ですね。でも視界が落ち着くだけでもだいぶ違います。

雷が鳴っている時の過ごし方

水に触ってはいけません。正確には、蛇口から出していると感電することがあります。伝わってくるんですかね。地面を走ると言いますから、何メートルくらい離れれば安全なのかは分かりませんけど。そして、コンセントはなるべく抜き、壁から距離を置いて部屋の中心あたりへ行って収まるのを待ちましょう。家電やパソコンが壊れたら嫌ですからね。

まとめ

暑い季節は天気が良くても日暮れになると途端に、お腹を壊した人のような
雷の音が空から降ってくることがありますからね。油断せずに洗濯物は早めに室内にしまい込んでください。そしてカワイイ
猫のために、避難場所を用意しておいてあげましょう。ベッドの下が引き出しになっているタイプだと使えません。襖があれば、そこが落ち着くのではないでしょうか。それもなければ、おたおたと走り回って慌てて家具の間とかに無理やり入り込もうとするかもしれません。その面白い姿を見れたら最高ですね。

パンジーに付く赤い虫の正体と防御

パンジーで見かける赤いやつ

ダニみたいな雰囲気ですね。体の形がなんとなく似ています。でもあまり触らないほうが良いですよ。どんな毒を持っているか分かりませんからね。そして、植物にとっては絶対に悪影響があります。益虫なんて絶対にいないでしょう。土壌を作るためには役立つかもしれませんけど。

噛まれたら細菌汚染の被害が出てしまうかもしれません。それがきっかけで病気になってしまうと残念ですからね。消毒とか絆創膏ができないので、大丈夫かと心配になります。免疫力によって枯れずにいてくれればいいです。

雨が降ると泥が跳ね返るという現象がありますね。だからそれによって駄目になってしまうかもしれません。

虫を除去する方法

お酢や重曹を薄めてパンジーに噴霧すると虫を寄せ付けなくなるみたいですね。
人間にかかっても安全です。なぜなら食品ですから。もちろん、掃除用の製品は飲み込まないほうが良いです。グレードの違いがあります。別に鑑賞するだけなので体に悪い農薬を使っても問題ないですけど、気を付けないといけませんからね。吸入しないようにとか皮膚を保護するなど。それが面倒くさいです。調味料なら既にキッチンを探せばあるでしょうからそれを水で何倍かに増やせばいいですね。とっても簡単です。酸っぱすぎてもおそらく適切ではないですし、丁度いい濃度にしてある製品もあります。それがこちらです。ネットショップで販売しているのを見つけました。

まとめ

というわけで、赤いのとか世の中にはたくさん虫がいますが、それらは植物の養分を吸って成長を妨げますからなるべく駆除したほうが良いということなので、頑張ってください。パンジーのお世話など庭いじりをする時は紫外線が強いと短時間でもこんがり焼けてしまうこともあるので日よけ対策を心掛けて、熱中症にも気を付けてください。

昔話の作り方の参考になりそうな情報

昔話の表現

出だしはお決まりの、「むかし×2あるところに」
語尾は「とさ」「だったんだと。」などにしてもいいけど、別に現代の言葉で良い気がします。

最後に締めの言葉があります。どんとはれなどですね。地方によって違うみたいですけど。私が親から聞かされてきたのは「ちんからとんとんしゃん、ずっぴん」でした。でも検索してみても出てこないのでオリジナルだったということが分かりました。

内容の作り方

お決まりはおじいさん、おばあさん。
若者と娘さんが出てくるものもあります。動物だけのお話も良いですね。そしてこれらが複数組み合わさっているパターンもあります。

展開は、同じくらいの能力の者同士が喧嘩をするとか意地悪を仕掛けるというパターン。カチカチ山とかです。

そして、昔話では蛇の化け物など神に近い存在が関わって、なんだか暗い結末になる物語もあります。

あとは天災が降りかかるみたいなことも。私がお気に入りなのはネズミとか猫などが人間にかかわってくる内容です。

スズメなど鳥でも良いですけど。とにかく、自分が「もしこんな日常だったら楽しいだろうな」と感じるようなストーリーを書かないと、意味がありません。

普通、ペットを飼うことはあっても話したりすることはありませんし向こうから賢い頭脳を持ち関与してくることはなく、フィクションだからこそ味わえる面白さです。

まとめ

ということで、
昔話は今どういう不満があるか、それを解消するにはということを想像しながら掻きましょう。作り方は以上です。例えば、すごい能力を持って敵を倒すとかでもいいですし、仲間と協力しながら何かに立ち向かうとか。
自立したいけどできないというフラストレーションが溜まっている時は、一人で気ままに冒険する頼りになる動物を描くとか。

何枚か絵を描いてイメージしやすくしてもいいでしょう。以上参考になれば良いですけど、どうですか。

インコが足を噛むという自虐的な行為をするわけとは

インコの奇怪な仕草

ささくれを器用にくちばしでもいで行ったり、羽を広げてさかさまにぶら下がったり、頭の上に止まってくるなどのちょっと失礼な行動まで、
インコには謎が多いですね。頭があまり良くないということは、鏡の前を何度もダッシュする姿からもわかります。人間ではない生き物だから、その動機を察することは不可能かもしれません。そして、どんなストレスや悩みを抱えているのかも共感することはできない場合もあるでしょう。自分を傷付けて減らしていくような作業をすることはカッターを使って手首を切るとか、過食するなどが良く知られていますね。買い物に依存するなど。そして、道具を使ったりお金を持たない動物はといえばなんでしょうか。

足を噛むという行動

それは、餌を吐いてからまたそれをくちばしでつまむとか、糞を噛むということもあるかもしれません。金網をひたすら切るようにしたり。それから、自分の羽や足などを傷付けるということもありますね。
インコにとってはあまり痛くないのかもしれません。外傷によってあまり苦痛を感じないようになっているのではないでしょうか。でも毛が薄くなってしまうと寒くなりますから気を付けないと冬は命が消えてしまうかもしれません。とりあえず、対策としてはかじり木や割り箸などを与えましょう。そうしたら単に暇だっただけでそちらで気分転換するようになるのではないでしょうか。

まとめ

あまり、深刻に考えずに、痛そうな行動ですがおそらく人間が退屈した時に髪の毛や爪に注意を向けるようなのと同じではないでしょうか。
鳥にとっては手がないから視界に映る足に八つ当たりをしてしまうんですね。しかし、一つ分かるのは噛んでもなにも良いことはないです。だから早めに孤独を鏡の設置などで和らげましょう。

インコのあくびが連続するわけと対策などを紹介

あくびをする時

顎が外れないと良いですけどね。人間でなく鳥がそうなったという話は聞いたことがありませんが。
・寝不足
・喉がカビだらけで痒い
・緊張している
昼間にインコの活気がない場合はきっとまだ眠りたいと考えているんですよ。でもまったりしている感じが癒されるけど体に悪いんですよね。肌荒れしそうです。長生きしてほしければちゃんと早い時間に消灯しましょう。

病気と健康

そして、連続でくちばしを開けたり閉めたりするのはどういう時かといえば貧血で苦しいとか、酸素不足の場合もありますが、喉がむずがゆくてそういう動作をしていることもあります。それはやめたほうが良いのですが背中をつい掻いてしまうのと同じです。蚊に血を吸われたところを我慢することはできませんよね。そして、心も安定していないと本当に幸せとは言えません。
インコが怖い、天敵に身を縮めるような思いをしていたらもっと激しく反撃するでしょう。しかしちょっと見慣れないものに遭遇して「どうなるんだろう」「これは何」「この人は誰で、危害を加えられないと良いけど」などパニックになりそうな状態を自分で落ち着けるために、こういう仕草をするようです。

まとめ

インコにとって良い環境は変化があまりないというものです。でも暇すぎるのも嫌ですよね。あくびは他の動物だったら「つまらない」という表現に用いられるかもしれません。餌を変えたり、ケージの場所を少しずらしたりなどそういう対策はどうでしょうか。季節のフルーツ、野菜を与えるとか。あとは麦茶も飲めるみたいです。

インコがまったり仰向けになっちゃう

インコの仰向けは珍しい

緊張を解き、心が弛緩していますね。楕円形のヒップと、足の生え際が可愛いです。おむつをしている赤ちゃんみたいに見えませんか。お茶目な雰囲気が出ています。野生の鳥がこんなに油断しているところは目撃できませんからね。地面に落ちて死んで冷たくなっている場合でない限り。スズメは良いですがカラスは黒くて大型なのでちょっと不気味ですね。頭が良くてゴミを漁ったり人間に敵意を向けたりするという特徴も併せて苦手です。

信頼を裏切らないようにしたい

安心してくれるのは飼い主さんがちゃんと面倒を見ているからです。大声を出すと
インコに嫌われてしまうので気を付けてくださいね。あと、部屋で自由に行動させている時に足の下にいつの間にかいて圧迫してしまうことがあります。そうすると、内臓が傷ついてしまいます。死んでしまったら悲しいですしかわいそうです。ところで、年寄りになると顔の皮膚が垂れ下がってきますよね。でも、ペットはそんなこともなさそうです。なぜでしょうか。睡眠時間もずっと重力に耐えているのに。まあ、60年も生きませんからね。

まとめ

ところで好きなペットは人によって違いますよね。私は、甘えてくる生き物は苦手かもしれません。
インコではなくてネズミとか、もう少し自立していて情緒が少ないような動物と、ちょっと仲良くなれたかな?意思疎通できた気がする!という偶然があると嬉しくなるタイプです。あとは猫とかもですね。天井を仰ぐようにだらけきっている姿は幸せそうです。