ナマケモノの寿命や生態は?

今回は、ナマケモノの寿命や生態についてご紹介します。

何歳くらいまで生きるのでしょうね。ゆっくりスローペースな暮らしだから、代謝も低くて長生きしそうなイメージがあります。

ナマケモノの寿命や生態について調べていたら、想像以上に過酷なのが明らかになりました。早速確認していきましょう。

スポンサード リンク



ナマケモノの寿命や生態

生息地

ナマケモノの寿命より先に、どこに生息しているかというと、南の方の熱帯林に生息しています。

熱帯林の木に爪を引っ掛けるようにしてぶら下がっています。

木にぶら下がっています…という表現がピッタリです。

ナマケモノには筋肉がほとんどなくて、木にしがみつくだけの力はないようです。

ナマケモノが、木に逆さまにぶら下がるようにして移動するのも、爪を引っ掛けてあとは重力に従ってダランとしている方が楽だからでしょう。

ナマケモノに筋肉が少ないというのは、そのフニャフニャした姿勢からもわかりますね。

特に地面にへばっているときなんかは、腕の力がなさすぎて体を引きずるようにしています。テレビから這い出してきそうな、ホラー的要素を感じさせます。

こちらの写真見てください。
https://goo.gl/images/gjx9cy

そんなのんびりしているナマケモノですが、ナマケモノの住む熱帯林には、天敵も大勢います。

どんな天敵がいるのでしょうか。ナマケモノの寿命はこの後に。

スポンサード リンク



ナマケモノの天敵

ナマケモノの天敵は、ワシなどの猛禽類。ワシとかの猛禽類は、ほぼ主食でナマケモノを食べています。ピューマもナマケモノの天敵です。

ナマケモノは、天敵にとっては捕食しやすい格好の獲物なんでしょう。

ナマケモノの生息地には、ナマケモノの天敵もいっぱい住んでいますからね。

ナマケモノは、シマウマなんかの被捕食動物みたいに、自分で逃げる能力も低いです。というかほぼ皆無。

シマウマなど足の速い生き物は、天敵に狙われても逃げおおせられるだけの力がありますが、ナマケモノは基本的に見つかったらアウト。おしまいです。

ナマケモノが、天敵に狙われても「怠けてる」と言っている人もいますが、怠けてるのではなくてこれが精一杯なのでしょう。

全力で逃げても、ナマケモノの移動速度は1分間に2メートル進む遅さ。そんなナマケモノのスピードに合わせて走ってくれる肉食動物はいませんね。

しかも、ナマケモノは本気を出して頑張りすぎると、なんと体に生まれた熱エネルギーによって死んでしまうこともあります。んもう!て感じですね。

なのであまり無理できない体の作りなのです。

スポンサード リンク



ナマケモノは消化器官もナマケモノ

寿命の前に、ナマケモノは、消化器官もナマケモノです。

消化に時間がかかるので、食べてもエネルギーに変わるのが追いつかずに飢えじにしてしまうことがあります。(もう!しっかり!)

ナマケモノが飢えないためには、餌を食べてから消化にかかる時間も考慮して早めに食べなければならないのです。

しかし、ナマケモノは省エネなので葉っぱを少し食べさえすれば一日持ちます。

なので基本的に餌不足で食物に困るということにはならないのでしょうが、消化にかかる時間が長すぎてしまうのが問題なんですね。

寿命

ナマケモノは、寿命は平均で野生の場合は14年前後、飼育するとだいたい30年くらい、最高記録は43歳のナマケモノがいます。

野生のナマケモノは敵に見つかって命を落とすことがかなり多いんでしょうね。なので寿命は短めですが、飼育すれば意外とかなりの長生きする生き物なんですね。

スポンサード リンク



まとめ!ナマケモノ

ナマケモノの寿命や生態についてご紹介しました。

忙しい人や休みがほしい人で、一日中木の上でのんびりしているナマケモノになりたいなんて思った人はきっと多いことでしょう。

しかしナマケモノの生態を知ると、ナマケモノになりたいとは何を甘えたことを言っていたのかと思わさせられますね。

世界最弱のナマケモノです。しかし、ナマケモノはナマケモノらしく、「動くスピードが遅すぎて天敵の目に入りにくい」という隠遁術でもって今日まで絶滅せずに種を繋いできました。

筋肉が少なくて体重が軽いので、ピューマの登れないような細い木にも登れるという技も持ち合わせています。

ナマケモノが一番危険なのは、10日に一度くらいの排便タイムがやってきたときです。

排便のために木の根本に下りるナマケモノに、神の加護があるといいですね。別に、木にぶら下がったままフンを落としても良さそうなものですけどね。

スポンサード リンク



ローズマリーの葉が落ちる!枯れる原因8つ

ローズマリーは一体どうして枯れるんでしょうね。本来丈夫なハーブであるこの植物の葉が落ちるというのは、8つほど原因が考えられまして、それぞれ詳しくご紹介します。

たくましそうなのにどのような原因が考えられるかというと、やはり植物の基本である日光と水と、風通し、根の詰まりすぎなどのようです。

管理をどう気をつけたら防げるのか確認していきましょう。

ローズマリーはこんな原因で葉が落ちる!枯れる対策

日当たりについて不足していないかの確認がまず必要で、見た目が鑑賞向きの植物ですね。室内に飾っている場合はどうしても枯れる要素が。

外と比べると日照量が3倍ほども違うので
ローズマリーは日光不足になります。室内には窓ガラスを隔てて紫外線B波があまり差してこないというのもありますね。

葉が落ちるのを防ぐためにはなるべく鉢植えの場合でも外に出して育てる。ということになるでしょう。冬は特にそうかもしれません。

混み合っていると陰に隠れる部分も出てきてそれが原因になっているかもしれないので、次にご紹介する剪定というのを冬が来る前の秋に行っておきましょう。

あと、室内では風通しも悪くなりますから蒸れるかもしれません。どちらかというと日差しが少なくても育つ植物であり、弱いのは蒸れです。

ぐんぐんよく生育しますし、収穫を兼ねて切り戻すと脇芽を伸ばして
ローズマリーが過密になって枯れるかもしれなくなってしまいます。

ですから剪定も大切でそれを怠るのも葉が落ちる原因かもしれません。風の通る外で管理するようにしますかね。

枝を切る季節はいつ頃がちょうどいいかといいますと、梅雨と秋がおすすめです。それ以外の季節に剪定すると弱って枯れてしまうことも考えられます。

暑すぎは嫌うので剪定しないであげましょう。夏が来る前、そして終わってから混み合っているところを切って風通しをよくしましょう。

その他の原因

あとは、考えられる原因としましては、水やりが過剰か不足しているか、あるいは肥料を与えすぎているので枯れるかが考えられます。

目安は表土が乾いたらチョロチョロと水が
ローズマリーの鉢の下から流れるまで水やりしましょう。葉が落ちるのは、例えば7日に1回水やりすると決めているような管理だと水不足になってしまうかもしれないので注意しましょう。

しかし、混み合っていて蒸れがちなら水分過多が原因な場合もあるでしょうからそちらも注意してください。肥料はあまり必要としないので肥料によってということも考えられます。

この植物、なんと原産地は荒れた土地でありあまり栄養分のなさそうな場所です。そんな荒れ地でも育つように進化してきたのに過保護に与えすぎると逆効果かもしれません。

それほどまででなくても、弱くなってしまうようです。原産地では雑草みたいな育ち方をしています。日本ではコンクリートの側とかでも枯れることなくいきいき育っています。

栄養はあまりなさそうですがアルカリ性で、カタツムリなんかは殻のために食べたりしていますね。
ローズマリーの好むpHです。

酸性土壌になっているとしたら葉が落ちる原因として考えられます。そちらも見直したほうが良いでしょうね。後は、土が古いのも。

植え替えなければならないのかな…といっても、その作業自体が負担となってしまいますのでそれが駄目になる原因になってしまうこともあります。

ですから根を傷付けないようにそっと2回り大きい鉢に植え替えますが、地面に植わっている場合は基本的にしないほうが良いです。

もし地面のを移動させたいなら、1ヶ月前に園芸シャベルで株のぐるり一周を刺して根にダメージを与えショックに慣らしておくと枯れる予防のために良いと言われています。

ローズマリーについてまとめます。葉が落ちるのは日照量不足、風通しの悪さ、水やり過多と不足、肥料過剰、酸性土壌、根詰まり、霜に当たった。

以上の8つ原因が考えられます。なかなかに、たくさんのチェック項目がありますが一通り確認してみてください。

この植物は一応丈夫ではあるのですが、加湿に弱かったり生育旺盛なため株が蒸れやすかったりという欠点もあります。

大切なポイントである剪定は、毎年2回、梅雨と秋に忘れないようにしたいですね。

また、ハーブというのは幾年か栽培していれば自然に葉が落ちることもあるといいますから、管理自体には何ら題なくても時期が来たからかもしれません。

まだローズマリーが枯れるよりも先手を打ってピンシャンと生えているうちに別の場所へ挿し木をして増やしておくことをおすすめします。

全滅してしまうとまた苗を新しく購入しなければならず。僅かとはいえコストも手間もかかってきますから保険としてね。