カニの生態の面白さ!足を置いて逃げる!?ちょっと怖いカニの生態

カニの生態についてご紹介します。

砂浜にはカニのものと思われるポコポコ開いた穴がありますね。

なんで穴なんか発生するのでしょう。生態は不思議です。

海水にも潜れますし、陸も移動できます。呼吸器とかはどうなっているのでしょうか。

口から泡を吹くのはなぜでしょう。カニの気になる生態について確認してみましょう。

スポンサード リンク



カニの生態

体の特徴について

カニは、目がとても良いです。目が細長く飛び出ていますね。

巣穴に入るときには目を引っ込める習性があります。おそらく穴は外的の侵入を防ぐためにカニの体のピッタリサイズに作られているため、飛び出た目は邪魔になるのでしょう。

カニの餌

小さなカニは、砂の中の藻とか有機物みたいな細かなものを食べています。

かとおもったら、ウミガメの生まれたばかりの小さなウミガメの子どもとかも食べてしまうみたいです。砂浜のその辺にいるカニは、小さい割に案外強いんですね。

でも警戒心も強くて砂浜に掘った巣穴のすぐ外で餌を食べます。いつでも巣穴に逃げ込めるようにです。

巣穴の深さは結構あって数十センチ〜1メートルもあります。

スポンサード リンク



カニの足

カニの足は前進もできるし後退もできるんです。右に左にと移動する姿しか浮かびませんが、種類によっては前に前に進むカニもいれば後ろに後ろに進むのもいます。

そしてちょっと怖い生態なのですが、カニは足がちぎれることがあります。

病気ではなくて、トカゲのしっぽが切れるのとおんなじように切れるのです。トカゲはしっぽを置いて逃げますよね。

でも足なんか切って…スタコラサッサと走って逃げるよりほかないカニなのに大丈夫なのでしょうか。矛盾している気がします。と思ってよく調べたら、全部の足が落ちるのではなくてたくさんある足のうちの、天敵に捉えられた足のみを外して逃げるようです。

切れた足は脱皮してまた生えてきます。一度の脱皮では完全に元に戻りません。何度か脱皮しないと足は元に戻りません。

人間の食べ物になるわけですが、「足落ち」という銘柄があり、「短足」という銘柄があります。

これはカニが足を切ってからまだ再生していない状態のものです。

完全に成体のカニに脱皮し終わると、二度と脱皮しません。成長がストップしてしまったようなもので、この状態の時に足を切っても脱皮できないから再生しません。それで足落ちというのができるわけですね。

スポンサード リンク



カニの卵から大人まで

カニは、まず卵から孵ってプランクトンとなり海中を漂います。

脱皮をして稚カニに近付いていき、カニっぽい見た目になったらまた地面を這う生活をするのです。

海中を漂っているうちに、そのカニに適した生息地域に自然に運ばれていきます。

満月とか、決まった時期に一斉に産卵をするカニ。この時期に産卵をすると潮の流れ加減とかが良いというのが分かるのかもしれないです。

カニは、成長するごとに何度も脱皮し、卵から生まれたては、とてもカニには見えない見た目をしています…。

☆オススメ・海洋生物の本☆

カニは、エラ呼吸というのをご存知でしたか?エラがあるようには一見見えませんがエラ呼吸をしています。

そして陸に上がることもできるカニですが、甲羅の中にある水の中の酸素を吸っています。つまり陸でもずっとエラ呼吸をしているんですね。

泡がブクブク出るのはカニが酸素をより多く得ようとするためです。水槽の酸素ポンプみたいに自分でブクブクやっているんですね。その泡をまた甲羅の中に取り込んでエラ呼吸しているのです。

スポンサード リンク



最後に。カニの生態

カニの生態についてたくさんご紹介しました。カニの生態については満足行く情報量をまとめて載せているサイトがなくていろんなところから寄せ集めました。

カニは小さいのはとてもかわいいです。大きなカニは、かわいくはありませんが漁師さんには好かれます。小さなカニは海岸とかで見付けると嬉しくなります。

12星座の一つにもカニ座があります。わたしは月星座がカニ座です。普段自分が○○座だと思っているのは実は太陽星座で、他にも月星座とかがあります。

太陽星座は人生の目的、公的な面を表し、月星座はより自分のプライベートな内面を表しているとか言われています。

以上、カニの生態についてでした。

スポンサード リンク



カブトムシの天敵になるのはカラスやタヌキや、昆虫食の人間

カブトムシの天敵はどんな生き物がいるのかご紹介します。夏は子どもに追いかけられる宿命の。

頭のみの姿で発見されることもありますが、どんな生き物が狙い、なぜカブトムシのツノを残して食べているのでしょうか。

自然の生き物ばかりと思っていましたが実は人間も昆虫食目的の人達が捕獲したがっていることがあります。セミの方が人気みたいですが。

虫の中では強いようなイメージですけどね、生態についてもご紹介します。

スポンサード リンク



カブトムシにとっての天敵はどんなのがいる

カラス、タヌキ、キツネ。主にこの3つがいます。タヌキの出ないような都心部、自然の少ない地域なら主にカラスというありふれた天敵の仕業です。

なぜ頭は残すのかというと、それは固くて食べられないからという理由のようです。しかしお腹の方は美味しくいただくようで、この天敵にとってカブトムシは、大好物な餌らしいですよ。生ごみとか平気で食べるので、ごちそうみたいなものかもしれません。ちなみに人間もですよね。

おそらく自然の中にいたいであろうに、狭い水槽や虫かごの中で飼う。それから、調理目的によって捕まえてしまう人もいます。

意外と多いようです。ゲテモノのお店とかで食べたり、イナゴの佃煮のように家庭で自分で作ったり。味は泥臭くてとても不味いそうです。

現代ではショッキングなことかもしれませんが、一昔前まではイナゴの佃煮とかありましたね。虫も調理すれば意外と美味しくて、よくエビのようだとかナッツのようだとか言われます。

スポンサード リンク



なので天敵です、カブトムシにとって。セミは言われなければ虫とわからないくらい。という人もいて栄養価が高いということですけど。なぜか不味いそうですね。

大自然を思い出す、漢方薬みたいな風味、土の香りなどの興味をそそる感想が出ています。

なぜこんなに泥臭い風味なのかと考えてみると、幼虫の頃食べていたものによる影響だと思われます。

土の中にいましたからその風味がたくさん残っているのでしょう。成虫はだいぶマシになっていたとのことです。でも、不思議とセミは美味しいらしいんですよね。同じく地面の下にいても、食べるものが違うのでしょう。

今調べてみましたところ、腐葉土などを餌にしていて、セミは木の根の汁を餌にしているみたいです。どちらも幼虫の話です。

臭くて漢方とか土みたいなカブトムシ。あ、天敵と関係ないですし、興味ない人は飛ばしていただいて結構です。食感はどうなのかというと。

スポンサード リンク



頭と前羽はとても固くて食べられないとのこと。カラスにも無理なくらいですし人間にもね。かなり頑丈な石頭を持てば、虫の世界ではやっぱり最強なのかもしれません。

試してみたい人はしているところへ行ってみると良いですよ。虫を養殖するということは、お肉を畜産するよりもローコストで栄養価もあり、人口増加や食糧危機を迎えつつある地球を考えるととても推奨されていることのようです。

動物性食品を元々食べないベジタリアンや、ビーガン、その他菜食主義の人には関係なさそうですけどね。

幼虫の天敵

ちなみに土の中ではどうかといいますと、アリンコやもぐらのおじさんなんかがカブトムシを狙います。

山のある地域ならイノシシも天敵です。土を掘り返して堆肥などをモグモグ食すから。成虫になってからも。ついでに飼い方についてここでご紹介しておきましょう。

まず透明のケースに発酵マットという土のようなものを5センチ厚さに敷いて押し固めて、それから発酵マットを10センチふんわり敷いて土の中に潜れるようにします。

スポンサード リンク



それから止まる木と餌も入れておきます。太陽光が直接当たらないところに置いておきましょう。

基本ですがオスは1匹で飼うのが常識です。おそらく縄張り争いで喧嘩を始めてしまいます。

それから飼育するケースは蓋を閉めて脱走しないように気を付けてください。部屋の中でカブトムシが迷子になると死んでしまうかもしれません。

さて、味などという要らない情報、飼い方まで幅広くご紹介しました。天敵についてまとめると、主にカラスで、山とか自然の多い地域ではイノシシとかタヌキとかキツネもなり得るということでした。

到底叶いそうもない大型哺乳類なんですね。虫の中ではやっぱり強いです。伸びやかな名前の男の子が、真っ白のポケットと赤くて丸い、鼻と尻尾を持ったロボットとぬいぐるみの星を作った時。

ホクロさんというのも登場した気がする。悪者のコピーがたくさん、道具の力で卵から産まれた時、1人だけ鼻の下に目立つ大きなホクロ。その人は良心が残っている人格です。

スポンサード リンク



一番面白かったのが、22世紀の福引きでハズレ券が小惑星なんですよね。使い道のない星屑。でも、どこへでも行けるドアで番号を読み上げるときに間違えて、偶然あの植物しかいない場所を発見したのです。

神様が巨大なカブトムシに化けて天敵のように追い出そうとしてきましたね。黄金なんですよ、ドロドロ溶けて何にでも姿を変えて狭い岩の隙間は蛇になったり。スマホで見られるマンガを購入し読んだら面白かったです。

スポンサード リンク