象の寿命!動物園の象は野生の半分の寿命ってほんと?

象の寿命についてご紹介します。象の寿命というのは、おそらく長寿なんだろうなと思う人は多いでしょう。

体の大きさと寿命は比例していることが多いですね。心臓の鼓動の回数で寿命は決まるといいますが、ネズミと象の心臓の鼓動は同じ数というのはよく聞きます。

ネズミは早送りで生きているから短命だけど、実際には象と同じだけの鼓動を打って終わるんだということです。

では、象の寿命や生態について確認していきましょう。

スポンサード リンク



象の寿命【動物園の象】

飼育されている動物園の象は、なんと野生の象よりも寿命が短いのが特徴です。

なんと、野生の象の寿命よりも二分の一以下の寿命なんだとか。

やはり、野生の象とは食べ物やストレスが違うのでしょうか。

野生の象は、環境汚染の少ない地域に生えている草などを食べて生きていますよね。

それに比べると動物園の象は、環境汚染された空気を吸い、放射能とかも気になる餌を食べているでしょう。糖分はガンの餌になり体に悪いのですが、動物園の象は人間によって糖度の高く品種改良された果物を与えられる機会も多く、健康を崩しがちかもしれません。なので野生の象の寿命より短いのでしょう。

象は、野生だと体の大きさと群れで行動することからほとんど天敵はいなくて無敵の状態ですからあまりストレスがかからないと思われます。

それに比べると、日々人間と対面したりショーに駆り出されなければならない動物園の象は騒音や仕事の疲れなどでストレスや疲労も溜まることでしょう。

あるいは、本来の象が野生で暮らす気候よりも日本は四季がありますから寒いですね。それで動物園の象は寿命が短くなっても無理ありません。

スポンサード リンク



人間でも、日本なら温かい沖縄のほうが、そして温かい国の人の方が陽気で寿命も長い傾向があると言われていますね。

しかしこれについては寒い長野県の人も寿命が長いといわれていて、寒いと代謝が遅くなり長生きしそうなイメージがありますね。

沖縄の人は、どちらかというとストレスの少ない朗らかな性格が寿命の長さで現れているのだという意見もあります。

スポンサード リンク



野生の象の寿命が短くなる場合

野生の象でも寿命が全うできるとは限りません。野生の象は大人になってからは敵があまりいませんが、子どものうちはワニ、ライオンなどに食べられてしまうことがあります。

また、群れから独り立ちしていく若い象も危険に晒されます。

そこで命を落とす象もいますが、普通に天寿を全うした野生の象の寿命は、だいたい70年です。それから、アジアゾウは80年、アフリカゾウは70年くらいですから象の種類によって寿命は10年くらい左右しますね。

日本の象では、はな子という象が寿命が一番長く、69歳。日本で一番長生きした象です。

スポンサード リンク



象の寿命と体の大きさ

象の寿命と体の大きさの比例について着目してみましょう。

象は、体が大きいから寿命か長いのだと言われています。象よりも大きな体のシロナガスクジラは、なんと人間より長生きで、110歳も生きます。象よりも体の小さなサイは40年くらいの寿命です。

しかし、体の大きさに比例するなら、象よりも小さな人間が象よりも長生きすることが多いというのがちょっと納得いかなくなってきました。人間は特別長生きなのでしょうか。

象の寿命以外に他の動物はどうなのかと調べましたところ…。

シカは15年、キリンは15年というのが分かりました。

シカもキリンも大型の動物ですよね。しかし寿命は短めです。

つまり体の大きさと寿命の関係は、象やカバや亀みたいに、でーんと太ってどっしりした生き物は寿命が長い傾向があり、キリンのようにヒョロヒョロとした体格の生き物は寿命が短い傾向があります。

これは、体が小さかったり細かったりすると熱がすぐに放出されてしまうため、餌をこまめに食べてエネルギーを作らなければならず、代謝が速いため寿命が短いのだとか。

代謝が低いほど長生きなんですね。亀は長生きですが、いかにも代謝が低そうにのっそりしていますね。

カバは50年も生きることもあるようです。ナマケモノも、代謝が遅いからか最高で43歳まで生きる結構な長寿命な長生きさんです。

スポンサード リンク



象の寿命まとめ!結構長生き

象の寿命は、人間と同じく80年くらいまで生きる結構な長い人生なんですね。人間は本気を出せば120歳くらい生きられるらしいですが。

象は寿命が尽きて亡くなった後どうなるかというと亡くなった原因にもよりますが、例えば人間に銃でやられた場合は仲間の象を必死に蘇生しようと、倒れた象を起こそうとしたり草を口に入れてあげようとしたりする様子を見せることがあります。

自然に象が寿命を迎えた場合は、死んだ象に木の枝をかけて弔いのようなことをしている姿が確認されたこともあります。

死んだ象の骨を鼻で持ってみたりと名残惜しげにしている姿も見られます。

長寿命な人生を群れで仲間と行動する象のことですから、仲間が死んだ時の名残惜しさも人間と同じかそれ以上にあるのでしょう。

以上、象の寿命について、動物園の象と野生の象の場合とそれぞれご紹介しました。

動物園の象の方が寿命が短いというのは少し意外でしたが、それだけ野生の象よりストレスが多いのか、あるいは気温の関係で日本は本来の象の生息地よりも寒すぎるから寿命が短いのかと考えると、本来の適した環境で過ごしていないのは少し心が傷むことかもしれません。

スポンサード リンク



カマキリの天敵とは?ヘビやネズミすら捕食するカマキリに天敵はいるのか

カマキリの天敵についてご紹介します。

カマキリは、小さなヘビすら捕食しようとする怖い虫です。

しかし、そんなカマキリの天敵は何なのでしょうか。カマキリも、成虫になる前はまだまだ弱く、成虫のカマキリが捕食して餌にするような虫にすら食べられてしまうことがあります。

カマキリの天敵についてご紹介します。

スポンサード リンク



カマキリの天敵とは?

カマキリの天敵

カマキリは、蜘蛛や鳥類などの天敵がいます。

また、スズメバチもカマキリの天敵になります。スズメバチとカマキリは、実は捕食したり捕食されたりする互角の関係なのです。

スズメバチをカマキリが捕食しようとすることもあります。しかし、カマキリがサッと鎌を振ってスズメバチの体の固定に失敗すると、逆にスズメバチにやられてしまいます。

強さではスズメバチのほうが強いからです。不意打ちに失敗すれば、逆にスズメバチに捕食されてしまうという…。スズメバチに手を出すのは危険ですが、他の獲物が見つからないと手を出さざるを得ないのでしょうか…。

いや、カマキリは、そもそも自分より小さいと判断したものは何でもかんでも捕食するのでスズメバチの恐ろしさを知らない可能性が高いですね。

スポンサード リンク



カマキリを操り水辺に誘う

カマキリを操り、水辺に誘う生き物がいます。ハリガネムシという虫です。

ハリガネムシという虫は、まずユスリカの幼虫など水の中で暮らす生き物に捕食されます。

そしてユスリカの幼虫のお腹の中で殻を作りその中に休眠します。ようは、寄生虫なんです。

そして、カマキリが成虫になって飛んできたユスリカなどを食べると、今度はカマキリの体内で成長します。成虫になったら、ハリガネムシは水の中で暮らしますからカマキリの脳に特殊なタンパク質を送り、カマキリを操作して水辺に行かせ、水中に飛び込ませます。

カマキリのお腹に水がかかると、ハリガネムシは出ていきます。

その後のカマキリはどうなるのか。カマキリは、死んでしまうというわけではないようです。

お腹から出ていくというのは、お腹を破って出ていくのだから死んでしまうのでは?と思うのですが、どうやらカマキリは生殖不能にされただけのようで、衰弱している状態です。弱っているので水中に住む虫や魚に捕食されて命が終わることもあります。

スポンサード リンク



カマキリの捕食するもの

カマキリは、黄緑色だと思ってませんか?実はカマキリは、黄緑色ではなくて茶色にも変化できます。

周囲の景色と同化する擬態化を行うのです。そして、カマキリの狩りのスタイルはじっと待ち伏せして非捕食者が鎌の届く位置に来たら、鎌を振って2つの鎌で非捕食者の体を固定し、ムシャムシャと食べていきます。

カマキリは、ヘビやネズミなども捕食してしまうすごい虫です。しかも、カマキリは夜でも視力が効きます。なのでカマキリが夜にこっそり獲物を狙ったらまず逃げられないでしょう。

スポンサード リンク



キリギリス対カマキリ

キリギリス科の虫に、最強の虫がいます。カマキリやセミをいとも簡単に捕食してしまうという…。

キリギリスは、絵本ではバイオリンを弾いていて冬の準備をしなかったから冬に餌に困ったという話がありますが、実際は何でもかんでも捕食してしまうので冬に困ることはなさそうです。

カマキリの擬態という生態

先程、カマキリは茶色にも変化できますと書きましたが、正確には違いました。

カメレオンは自分の意志で体の色を変化させますが、カマキリは変化することはなくもともと生まれる環境が草原なら黄緑色、山なら茶色、花なら花びらそっくりのハナカマキリ、などというように環境によって体色が変わります。

スポンサード リンク



まとめ!カマキリの天敵

カマキリの天敵は、鳥や蜘蛛や、ハリガネムシという寄生虫や、スズメバチ、キリギリスなどということでした。

カマキリは、大きな鎌と怖い宇宙人みたいな目をしていることから虫の中では最強の捕食者みたいなイメージがありますが、実は天敵もなかなか多い生き物なんですね。

以上、カマキリの天敵や食事情についてご紹介しました。

スポンサード リンク



綺麗な魚一覧!綺麗な魚を6つ厳選

今回は、綺麗な魚を6つご紹介します。

綺麗な魚は観賞魚として飼育するとかなり癒やしになりますよね。

綺麗な魚といっても、混泳に向かないものもありますから、綺麗な魚をいっぱい水槽に入れて飼いたい!と思っても飼育するとなるとその魚の性質も考えなければなりません。

それは置いておいて、綺麗な魚は画像を見ているだけでも楽しくなるものです。

綺麗な魚を6つ選んでご紹介します。

スポンサード リンク



綺麗な魚一覧

シクリッド

シクリッドというのはカラフルな綺麗な魚です。黄色とか、水色とか、何色か揃えて水槽に入れたくなります。

混泳には、正直なところ不向きな魚です。残念ですね。

メタリックみたいに、というか千円札とかのキラキラ光っているところみたいに光った模様が浮き出てとっても綺麗な魚だから、何匹もたくさん水槽に入れて飼育したらすごく綺麗なアクアリウムになりそうですよね。

5匹くらいまでは混泳させられます。

クイーンエンゼル

クイーンエンゼルフイッシュは、黄色と水色の色のコントラストが綺麗な魚です。

エンゼルフイッシュはそもそも綺麗な魚ですよね。しかし、クイーンエンゼルフイッシュは特に色が鮮やかで黄色に水色の縞模様が良く映えます。

スポンサード リンク



サザナミヤッコ

サザナミヤッコは、茄子みたいな夜空みたいな濃い紺色の胴体に、紫や白色の縞模様がさざなみ模様みたいに付いている綺麗な魚です。

ただし、サザナミヤッコの綺麗な体色は、幼魚の時のみ。成魚になったらその綺麗な模様は消えて地味な色の魚になってしまいます。幼魚の頃だけの醍醐味ですね。

インディゴハムレット

インディゴという名前の通り、濃いブルーの体に明るい水色の模様が入っている綺麗な魚です。

あと、目が大きめのつぶらな目で黒くてツヤっとしていてギョロっとしています。目が可愛い魚だなーと思いましたです。

スポンサード リンク



ヨツメクラゲ

ヨツメクラゲは、日本で最も多く見られるクラゲですが、傘のお花模様みたいな4つの目みたいにも見える模様が綺麗ですね。

透き通っていて模様が光るところもいいですよね。ところでクラゲは魚のうちに入るのでしょうか?綺麗ならいいですよね。

フタイロハナゴイ

フタイロハナゴイというのは、なんとも綺麗な魚です。

色がとても綺麗で、金魚みたいな黄色〜オレンジの胴体で、胴体の下のほうが淡いピンクっぽい色になっていて、さらに魚のヒレの方の縁のほうが青紫色で、フタイロハナゴイの輪郭を青紫色の発光色が縁取っているみたいな感じです。

更に詳しく言うなら、背びれと尾びれの縁取りの色は青紫色で、下の方のヒレは薄い水色です。

透明感があって、なんとも綺麗な魚ですよ。しかし、画像によっても「綺麗だなー」と感じる透明感のある魚もいますが、「あれ?さっきのフタイロハナゴイとだいぶ違う?」というようなのもいます。

個体差もあるようですし、水槽の環境とかカメラにもよるのでしょう。もしかしたら、買ったフタイロハナゴイが画像で見たフタイロハナゴイとは違うなーと期待はずれに感じるかもしれません。

スポンサード リンク



まとめ!綺麗な魚

綺麗な魚について6つほどご紹介しました。

綺麗な魚というのはまだまだあることは間違いありませんから、図鑑を買ったり、ペットショップやネットショップを覗いてみたりして探してみるのも楽しみになりそうですね。

私もこれから更に綺麗な魚をもし見つけたら、また記事にまとめたり追記したいと思います。

追記:ネオンテトラとかも定番ですが綺麗ですよね。
では、以上綺麗な魚についてでした。

スポンサード リンク



シクリッドの飼育方法!混泳の可否、水槽、餌など

今回は、シクリッドというお魚の飼育方法についてご紹介します。

シクリッドは、カラフルでとても綺麗な観賞魚ですね。色は黄色にオレンジに、水色など。

キラキラとメタリックな輝きの模様が入る綺麗な魚です。

そんなシクリッドは、混泳が難しいというウワサですが体は頑丈で飼育しやすいといわれています。

シクリッドの飼育方法について確認していきましょう!

スポンサード リンク



シクリッドの飼育方法

水槽とろ過装置

水槽は、60センチ水槽で大丈夫です。

10センチくらいの魚ですから、この水槽の広さでは3匹〜5匹くらいの混泳になります。あまり過密に育てると共食いしますからね。

しかし、数匹で混泳させても結局気性の粗さから、強いシクリッド一匹しか残らないということになりかねません。

ですから最初から単独飼いにするのをおすすめします。

シクリッドはフンが多く水を汚しやすい魚なので、ろ過装置は必須です。しかも水槽よりもワンサイズ上のろ過装置を購入しましょう。

シクリッドは水流を好むお魚なので、ろ過装置は上部式のろ過装置や外部式のろ過装置を設置するのがおすすめです。

水はカルキ抜きした水道水を使いましょう。地下水があっても使わないほうがいいです。

スポンサード リンク



ヒーターと水温

水温は、20〜28度。これ以上温度が高くならないように気をつけましょう。

ヒーターを使うならサーモスタットも付けましょう。

ヒーターは、取り扱いに充分気をつけましょう。電源を入れたまま水上に出すと火が出たりする可能性があります。

サンゴや岩

サンゴとの混泳がおすすめです。サンゴは水質を弱アルカリ性にしてシクリッドが住みやすいようにしてくれます。

サンゴが難しければ、牡蠣殻でも。まだあまりアクアリウムに詳しくないのでよく知りませんが、サンゴも種類があって水流を嫌うものもいますから魚との相性があるんですよね。

また、岩やサンゴをたくさんおいておくと、シクリッドが隠れられます。

シクリッドは気性荒目ですからシクリッドがつつき合わないように、シクリッドを混泳させる場合はサンゴなど多めに置いておきましょう。

ただし、水草はどうせシクリッドに食べられて無くなってしまうのでおすすめできません。シクリッドはとても水草を食べてしまうお魚のようです。

スポンサード リンク



エアレーション

シクリッドは酸素消費量が多いです。エアレーション付けましょう。

シクリッドにエアレーションするなら、エアカーテンを埋め込むと水底から泡が出てくるという綺麗な演出ができます。

シクリッドの餌

なんでも食べると言われるシクリッド。餌には苦労しません。でも、水を汚さないようにシクリッド用の餌を与えるといいでしょう。

赤虫とかも、時々与えるといいでしょう。

水質悪化といえば、水質が変化するのには弱い傾向があるようです。強いと言われているシクリッドですが、意外と水質の変化は不得手みたいなので、気をつけましょう。

前取っ替えはしないでください。水は水槽の水3分の1を取り替えます。水質悪化もNGなので水質検査は定期的に行いましょう。

スポンサード リンク



まとめ!シクリッドの飼育方法

シクリッドの飼育方法についてご紹介しました。

カラフルで綺麗な観賞魚、シクリッド。たくさん混泳させたらさぞ綺麗だろうに、と思っていましたが、混泳できない質だったんですね。ちょっと残念です。

今度の記事では、混泳可な綺麗なお魚を調べてご紹介したいと思います。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサード リンク



デバスズメダイの飼育方法!寿命や餌は?

今回は、デバスズメダイの飼育方法についてご紹介します。デバスズメダイというのは、薄い水色の海水魚でとても綺麗です。

そんなデバスズメダイは、初心者の人でも飼育するのに適している素質を備えています。

デバスズメダイは、性格が温和で他の魚と混泳もしやすいですし、餌をよく食べ病気になりにくいのでアクアリウムを始めるのには一番オススメのお魚だと言われているくらいです。

※他のシリキルリスズメダイとかは、性格がキツイのでスズメダイとは別で考えくださいね。小さな魚と混泳させられません。

そんなデバスズメダイの飼育方法や、何年くらい生きてくれるのか、寿命などについて確認していきましょう。

スポンサード リンク



デバスズメダイの生態

水槽

水槽広さは30センチ水槽の広さがあれば大丈夫です。

水槽の中は、25度前後に保ちましょう。寒さにも暑さにも強いですが、快適なのは25度くらいです。

スズメダイは、性格が穏和なので複数飼いにも向いています。しかし、あまりたくさん水槽に詰め込みすぎると水槽の水が汚れやすくなってしまい環境ストレスで死んでしまいますのて気を付けてください。

混泳といえば、サンゴもデバスズメダイも相性良いですが、ただしソフトコーラルやLPSはデバスズメダイの水流がストレスになるかもしれません。デバスズメダイと混泳に特に向いているのはSPSです。

スポンサード リンク



デバスズメダイの餌は

デバスズメダイの餌は、シュアーSがおすすめされています。

こちらはある程度水に浮かんでいるタイプの餌です。デバスズメダイには、すぐに沈んでしまうような餌は不向きです。

また、ミニグラニュールという餌もデバスズメダイにおすすめです。口から吐き出してしまう場合は餌が大きすぎるので小さくしてから与えましょう。

また、餌の食いつきが悪い場合は水質が汚れている可能性があります。試験紙を使って、定期的に亜硝酸やアンモニアを測り、水質検査してみてください。

スポンサード リンク



デバスズメダイの寿命

デバスズメダイの寿命は、3年〜5年くらいです。

デバスズメダイを飼い始めて、だんだん愛着が湧いてきてかわいくなってきて、ふと寿命が気になり調べる…という人も。

寿命は、ストレスや病気でもっと早く死んでしまうこともありますし、あと数年長生きすることもあります。

値段は数百円で購入できるデバスズメダイですが、愛着が湧けばとてもかわいくてかけがえのない家族になりそうですね。

スポンサード リンク



まとめ!デバスズメダイの飼育方法

デバスズメダイの飼育方法についてご紹介しました。

デバスズメダイは水槽をライトで照らすと白っぽく光ってなんか綺麗ですよね。

しかし、綺麗なデバスズメダイもギャップのある行動をすることがあります。口をこれでもか!と大きく伸ばすのです。

これは、酸素が足りなくて口パクパクしているようにも見えますが、実際水質が悪いとかの場合もありますが、デバスズメダイ同士で口のサイズを競争していることもあります。

口の大きさでどっちが強いか競っているなんて面白いですね。

以上、デバスズメダイの飼育方法についてご紹介しました。

スポンサード リンク



オカメインコの抜け毛は4種類!危険な抜け毛は?

今回は、オカメインコの抜け毛の種類と危険な抜け毛についてご紹介します。

オカメインコは、抜け毛というものが自然に増える時期がありますね。換羽期です。

換羽期はオカメインコの抜け毛は自然現象なので放っておいても大丈夫。ただ、餌はタンパク質多めにしてビタミンなどの栄養剤もプラスしたほうがいいです。つらい羽を作り出す時期をオカメインコが楽に過ごせます。

オカメインコの抜け毛で問題があるのは、病気による抜け毛とストレスによる毛引きによる抜け毛、窓ガラスにぶつかったなど事故による抜け毛です。

これらの抜け毛について、詳しく確認してみましょう。

オカメインコの抜け毛で問題ありなのは

栄養欠乏で抜け毛

オカメインコが病気で抜け毛になる場合は、カルシウムなど微量な栄養素が不足している可能性も。

オカメインコは、カルシウム不足で自分の羽を食べて栄養を補給することがあるようなのです。

爪を噛むという行動に出る場合も確かあったとどこかのサイトで見た気がしますが…。

オカメインコは、カルシウム不足でそのように自分の羽を食べるならカルシウム補給と日光浴で対応しましょう。

日光浴しないとビタミンDが不足してカルシウム吸収できませんからね。

日光浴は、窓越しだと紫外線B波が不足するので外にケージを持っていって日光浴させましょう。

網戸を閉めて室内で日光浴…でも良いでしょう。

スポンサード リンク



事故や怪我で抜け毛

オカメインコの抜け毛ですが、例えば飛んでいて窓とか壁とか家具とかに思いっきしぶつかったとか、そんな怪我や事故で羽がハラハラ抜け毛として落ちることもあります。

事故や怪我というとぶっそうですが、オカメインコは本当に窓ガラスを識別できないので気をつけてください。レースカーテン閉めるのは必須です。

オカメパニックによって抜け毛が出ることもありますよね。場合によっちゃ、風切り羽が抜けてしまって飛べなくなることも。一時的ですが。

退屈や精神疾患で毛引きの抜け毛

オカメインコは、退屈や精神疾患で自傷行為に発展して毛引きして抜け毛がたくさん出ます。

まだ本来抜けない毛を引き抜くので抜け毛の軸の部分には血の塊が付いているので分かります。

オカメインコは、睡眠不足でストレスが溜まっている場合も。暗くならないと眠れませんからね。

鳥は普通、日暮れに眠りに入って朝方まで眠ります。睡眠が浅いから、より多くの睡眠時間が必要だからです。

オカメインコのために、日暮れになったらもう早めにケージ周りを暗く静かで適温にして眠らせてあげましょう。

あとは、オカメインコは飼い主さんに落ち度がなくても生まれた時の雛の頃の母鳥との心の問題で毛引きになることも多いといわれていますので、オカメインコ用のおもちゃで気をそらせたり、獣医さんと相談して治療していきましょう。

まとめ!オカメインコの抜け毛

オカメインコの抜け毛についてご紹介しました。

オカメインコの異常なまでの抜け毛が出たら、まず抜け毛の軸を見て血の塊が付いていないか確認しましょう。

血がついていたら毛引きとかの可能性がありますからね。いずれにしろ、栄養状態など獣医さんで見てもらえば分かるのではないでしょうか。あ、レントゲンは取れるけど血液の栄養状態までは分からないのかもしれませんが…。

いずれにしろ、もし動物病院で診察を受けて異常が見つかったら餌とか栄養とか日光浴とかちゃんとして、しっかり甘えさせてあげて早く治るように労ってあげましょう。

動物病院と言いましたが、選んだ動物病院が鳥に詳しい動物病院ではない可能性もあります。

なので鳥専門の病院だと安心ですよ。誤診とか見逃しとか、そういう事例も動物病院だと起こるみたいですからね。ネットの書き込みを見ていると。手遅れにならないためにも鳥に詳しい病院で診てもらったほうがいいんじゃないでしょうか。

スポンサード リンク



オポッサム死んだふり名演技!他にも可愛いところがいっぱい

オポッサムは死んだふりでよく知られる生き物です。そんなオポッサムの実は可愛い生態についてご紹介します。

オポッサムは、敵から身を守る手段で死んだふりをします。

しかも死臭まで出して、死体そっくりに変身します。そんなオポッサム、実は可愛い動物が好きな人が喜びそうな可愛い写真がいっぱい見つかる生き物です。

お気に入りは、木登りしてしっぽで木からぶら下がる写真。小さなオポッサムが3匹揃って可愛いですよ。
https://encrypted-tbn1.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRlXx_qpMpBWKfhrcgs2BkRdC1Jt1QiwjXgxeHYUKyK8zBUO5s8D4YPBIFf
こちらです。

あとは、お母さんオポッサムが子オポッサムを背中に乗せているのも可愛いですよね。

そんな状態ではのそのそとしか歩けなくて、天敵から見つかったらまず逃げ通せないと思いますが、どうするのだろう…と疑問はありますが。

オポッサムの生態について確認していきましょう。

オポッサムの死んだふりは名演技

オポッサムの死んだふりは名演技であるらしいですが、なぜ死んだふりをするのか、オポッサム独特の生態についてまず確認してみましょう。

オポッサムだけではなく、死んだふりをする動物は世界中たくさんの種類がいます。

死んだふり(擬死)をするメリットは何かというと、天敵はオポッサムのような被捕食者を捉えても急に被捕食者が見動きしなくなると油断する傾向にあります。

また、硬直して死んだふりをすることで天敵の牙や爪などによって体が損傷するのを防げます。

また、腐った肉を食べない動物に対してなら、食べる気をなくさせることもできます。なのでオポッサムは死んだふりで死臭まで放つ能力があるんですね。

オポッサムの住む周囲にいる天敵たちは、おそらく腐った肉を食べないタイプの捕食者たちなのかもしれません。

かといって、すべての捕食者に対して死んだふりが効果的かというとそうではありません。腐った肉も食べる天敵に対してはオポッサムの死んだふりも無力です。クマなんかは死んで時間の経った腐肉も食べます。なので、クマに遭遇して死んだふりをしても人間も助からないのですね。

オポッサム死んだふり以外の特技は?

オポッサムは、死んだふり以外にも実はとても木登りが得意な生き物なのです。

木に捕まるとき、尻尾を3本目の手みたいに使うことができます。

冒頭でご紹介した画像を見ると、子供のうちから木登りが得意なことが分かりますね。

オポッサムは、子供のうちはほんとに小さくて可愛いですね!

あの画像みたいなインテリアとかぬいぐるみとかが売ってそうなくらい絵になりますね。

スポンサード リンク



オポッサム死んだふりとの可愛いギャップ

オポッサムは、死んだふりとの可愛いギャップに、母オポッサムが子オポッサムをたくさん背中に乗せて運搬していくという慣例があります。

こちらは、母オポッサムの背中に、子オポッサムがたくさん背負われている画像です。

https://goo.gl/images/s5t7br

母オポッサムの大変そうな後ろ姿…。

いち、に、さん、し、ご、ろく、なな、はち、きゅうじゅ、全部で10匹も乗っているように見えます。

オポッサムのお母さんには、袋があります。カンガルーみたいですね。袋の中で赤ちゃんオポッサムを育てますが、赤ちゃんオポッサムはある程度成長するとお母さんオポッサムの袋から出てきて背中におぶさります。

なんだか言い方が逆ですかね?赤ちゃんオポッサムがある程度成長すると、袋から出されて、お母さんオポッサムの背中に背負われるんですね。

その姿はまるでいかにも子守をしているようです。コモリネズミという別名で呼ばれることもあるんですよ。

こんなに目立つ姿でゆっくりしか移動できないのは天敵に対してかなり無防備になりますが、オポッサムが死んだふりをするしかも死臭まで出すという天敵に対しての徹底した対策ぶりを見ると矛盾しているように思えます。

ところで、オポッサムのお母さんは、子オポッサムのオスメスを環境によって産み分けられるのですよ。

餌が豊富なときは強い体になるようにと男の子オポッサムを産みます。オスのオポッサムは、闘いが熾烈だから生存競争に勝てるようにです。

反対に、餌が少なめの環境では女の子オポッサムが産まれます。そうやって産み分けすることによってオポッサムは、地球のあらゆる地域で生きていくことができるのです。

死んだふりをする必要のある天敵に対してのみならず自然の厳しさ餌の少なさというのに対してもオポッサムは対策する必要がありそうしているんですね。

スポンサード リンク



オポッサムの死んだふりと生態まとめ

オポッサムの死んだふりその他生態についてご紹介しました。

オポッサムの死んだふりは、死臭まで放つ見事なものですね。

可愛いオポッサムの写真もたくさん見られて良かったです。

オポッサムは、子だくさんですね。やはり、たくさん産まれても生存競争で生き延びられるのは少ないのでしょうか…。自然の厳しさを感じますね。

以上、オポッサムについてご紹介しました。

スポンサード リンク



マツムシの鳴き声と生態!鳴き声はあの歌の通り?

今回は、マツムシの鳴き声や生態についてです。

秋になると、マツムシ、コオロギ、スズムシ、など虫の鳴き声が綺麗ですね。風情があり秋の楽しみの1つになっている人は多いのではないでしょうか。

虫の声を聞くと心が落ち着きますね(^^)

そんな虫の声ですが、秋の虫にはマツムシ、スズムシ、コオロギなどたくさんの種類の声が混ざっていますよね。

マツムシは一体どんな鳴き声なんでしょうか。確認していきましょう。

マツムシの鳴き声は?チンチロリン?

あの歌の歌詞

「あれマツムシが〜鳴いている〜♪チンチロチンチロ、チロリロリン♫」

という歌の歌詞がありますが、いったいマツムシの鳴き声はこの歌通りで合ってるのでしょうか?

実際に、YouTube動画の音声を聞いてヒヤリングしてみましたよ!

「チンチリン………チンチリン………チンチリン」という感じでマツムシは実際は鳴くようです。

チンチリンの部分は、チンチロリン…みたいな?よーく聞けばチンチロリンを巻き舌で早口で言っているみたいにも聞こえます。

ということで、マツムシの鳴き声は本当にチンチロリン!というような鳴き声で合っているということが分かりました。

マツムシの鳴き声、透明な鈴が転がるみたいな鳴き声で良いですね〜(*´ω`*)

ところで、鈴といえばスズムシの鳴き声は?

ついでに鈴虫の鳴き声

鈴虫は、マツムシの歌の続きの歌詞では「あれ鈴虫も〜鳴き出して〜♪」リンリンリーンというまるでジングルベー!みたいな鳴き声で鳴くみたいですが、実際は少し違いました。

ピリリリリーンピリリリリーンみたいな、振動している鳴き声はピリリと聞こえます。

でも、動画で近くで聞いたからでしょうね。外でスズムシが鳴いている声はきっと、リーンリーンと聞こえるでしょう。

スポンサード リンク



コオロギの鳴き声

コオロギの鳴き声はどうでしょうか。歌の歌詞では「キリキリキリキリ」みたいです。

人によってどんなふうに聞こえるかは、擬音化するとまた違ってくるみたいですが。

コロコロコロコロ…という鳴き声という人もいれば、リュリュリュリュ…という鳴き声という人も。

私には、ただリリリリリ…と聞こえます。

虫の鳴き声もたくさん、人によって感じ方が変わって面白いですね。

ついでに歌に出てくる虫を全部ご紹介すると、くつわむしがガチャガチャガチャと鳴いてウマオイがチョンチョンチョンチョンと鳴くみたいですね。

虫のこえという歌にはたくさんの虫が登場します。面白い歌ですね。楽しい歌ですね。

マツムシの生態

最後に、マツムシの生態についてです。

マツムシは、生息場所は開けた場所です。道路沿いとかの草原です。

体長は、2センチ〜3センチくらいです。餌は植物の葉っぱを食べて生きています。でも、雑食性で生き物の死骸も食べたりします。

イネ科の…お米とかススキとか、そういう植物の茎に卵を産み付けます。

昔と比べて、マツムシの数は減ってきています。人間にとって身近な開けた場所に生息しているので、土地開発の影響を受けやすいから…ということみたいです。

まとめ!マツムシの鳴き声と生態

マツムシの鳴き声と生態についてご紹介しました。

マツムシの鳴き声は、チンチロリン…♪のような鳴き声なんですね。

懐かしさを感じさせる虫の声は大好きです。秋の夜長の虫の声を楽しみながら眠りにつきましょう♪

動画の虫の声を聞いても癒やされますね。虫の声好きさんにおすすめ、作業用BGMに虫の声というのもありますから、ぜひ検索して利用してみてはいかがでしょうか。

他にも、眠くなるような雨の音とか焚き火の音とか、小川のせせらぎの音とかイロイロありますよ。

スポンサード リンク



ミミズ鳴く…鳴き声は、実はミミズじゃなかった!

ミミズ鳴く…と言われている鳴き声の正体がミミズでなくて別にあった!ということをご紹介します。

ジージーという地面からの鳴き声。ミミズが鳴くのだとばかり思っていた人も多いかと思います。

俳句に、ミミズ鳴く…という秋の季語があるそうです。秋になると地面から何者かの虫の鳴き声が聞こえてくるのは、昔からミミズが鳴いているのだと考えられていたのでしょう。

まあ、地面にいる虫といえばミミズが真っ先に思い浮かぶかもしれません。身近なミミズが鳴くのだと思うのは自然なことです。そんな理由で昔の人はミミズが地面の下で鳴き声を立てていると思ったのでしょう。

スポンサード リンク



あ、地面の下といえばダンゴムシとかもいますね。幼稚園の頃ダンゴムシを見つけては喜んで遊んでいたのを覚えています。今思うとゾッとします。もうダンゴムシなんか触れません。

そんな話はさておき、最近は研究が進んで、どうやら地面の下の鳴き声はミミズではない!ということが明らかになったとか。

まあ、コオロギとかの鳴く仕組みが羽にあるということを知っている人なら、ミミズの柔らかい体でどのように鳴くのだと疑問に思うのが当たり前ですね。

ミミズ鳴くという言葉の本当の鳴き声の持ち主について詳しく確認していきましょう。

ミミズ鳴くは嘘!鳴き声はオケラだった

ミミズ鳴く、なのではなくて、正しくはオケラ鳴く、なのでした。

「ミミズだーって、オケラだーって、アメンボだー ってー」てな歌ありますよね。

あの歌詞に出てくるオケラが、「ミミズ鳴く」と季語で言われる、何らかの虫の鳴き声の正体でした!

オケラは、オケラと呼ばれていますが本当はケラという名前の虫です。

どんな鳴き声かというとビーーーとか、ジーーーとかいう鳴き声です。

スポンサード リンク



ミミズ鳴く…の鳴き声の正体ケラってどんな虫?

ミミズ鳴く…の鳴き声の正体、ケラ。
ケラというのは、見た目はコオロギに近い感じです。コオロギみたいなのに、土にもぐれるの?と意外かもしれませんね。

しかし、ケラというのはコオロギとは違い、もともと土の中に暮らしています。

昔は田んぼがたくさんありましたが、田んぼの土の中にもケラがいました。

田起こしすると田んぼの水の表面にケラがぷか〜っと浮かんでくるそうです。

しかも、土に潜りやすそうなモグラの手の形に似た手がくっついています。

ミミズ鳴く…ミミズとケラの関係

ミミズ鳴くの鳴き声は実はケラでしたが、ミミズとケラの関係性は実は捕食関係にあります。

どちらも土の中で生きているので出くわしてしまうのですね。

どちらが強いかというと、ケラです。まあ、ミミズの、のたくるしかできなさそうな、非戦闘的な体つきを思い浮かべるとどちらが強いかはだいたい予想はつきます。

ミミズ鳴くの正体であるケラが肉食性の虫で、ミミズを餌として捕食するというのは驚きでした。
ちなみに、ケラはミミズとかだけではなくて植物の根も食べるので雑食性ということになりますね。

鳴き声も立てられて、モグラみたいな手を持っているケラは他にも驚きの身体能力をもっています。

スポンサード リンク



ミミズ鳴くの正体、ケラの身体能力がすごい!

ミミズの鳴き声と勘違いされていたケラ。こいつは妙な虫です。

手が、まるでもぐらみたいな形で見た目がまず妙です。さすが、オケラもモグラも土に潜って暮らす者同士、手の形が似ているんですね。

虫にあまり詳しくない筆者からは、パッと見コオロギに見えなくもないですが(虫に詳しい人なら似ても似つかないというのでしょうけど)実際はコオロギとはだいぶ違います。

ケラの写真を検索しようと思っている人は、覚悟して検索してください。ケラのアップの画像が、バーンと出てきたので虫が苦手な人にはキツいですよ。

それはとにかく、ケラは身体能力がすごくて結構万能です。羽があるので空を飛ぶこともできます。ミミズ鳴くと勘違いされていた鳴き声を立てるには、この羽を使っているのでしょう。

しかも地上を足で進んでいくこともできますし、水中を泳いで移動していくこともできます。ゲンゴロウみたいな感じですかね。

スポンサード リンク



しかも土の中をもぐらみたいな手で掘りながら移動することもできます。

どこでも生きていけそうなケラ。でも、ケラはそのようなすぐれた身体能力を授かりながら、環境に求める条件も厳しいのです。

ケラは水と餌が豊富にないと生きていけません。活発なのでその分代謝も早くて、餌をたくさん食べないといけないようです。

さらに水分不足では短時間しか持たず、死んでしまいます。なので水分と餌のあるところを常に目指して生きていかなければなりません。

スポンサード リンク



ミミズ鳴くの鳴き声の正体まとめ

ミミズが鳴くのだと思ったら、鳴き声を出している正体は、ケラということでした。

ケラは鳴くようだけど、じゃあミミズは…?という疑問ですが、ミミズは結局鳴きません。鳴き声なんか出せない体の作りであり、ミミズはただ体が柔らかいだけです!鳴くための器官がありませんので、鳴き声は出ません。

ということで、ミミズ鳴く…の正しい正体についてご紹介しました!

スポンサード リンク



ラーテルの天敵は蜂?蜂によるショック死には勝てない…

今回は、ラーテルの天敵が蜂であるというお話です。

ラーテルは、世界最強な生き物といってもいいですね。

ライオンにもハイエナにも、毒蛇にも恐れず立ち向かっていくという不敵さが人気を博しています。人間も捕食しようとすることがあるので、小さな体に見合わず怖いもの知らずということで周知されています。

そんなラーテルの天敵ですが、ライオンもハイエナも怖くない、毒蛇も怖くないというラーテルに天敵は果たしているのでしょうか。

もちろん、ライオンやハイエナだってラーテルをうまくひっくり返せさえすればあの鋭い爪や牙で一撃に留めることができるでしょう。

背中の皮膚とは違って、お腹側はライオンの爪が通る柔らかさだそうですからね。例えば毒蛇に噛まれて数時間ひっくり返って気絶している間に、ライオンとか他の生き物にとどめを刺されたらラーテルもおしまいなわけですね。

しかしラーテルもなかなか隙を見せるような真似はしませんから、分厚い背中の皮によってラーテルはライオンとも五分五分に闘うことができます。

毒ベビの毒も効かないというラーテル。では、天敵はいないのだろうか?という疑問に対して「蜂」が死因になるという情報が出てきました。

ラーテルの天敵は?蜂

ショック死

ラーテルの天敵は何かというと、蜂です。

ハチミツを狙って蜂に刺された時に、ショック死するということもあるみたいですね。

もちろん蜂に刺されて死ぬ確率はそんなに高くないとは思いますが。死亡率がそんなに高かったら流石にラーテルもハチミツを狙い続けるという本能?は撤退されていくのではないでしょうか。100匹目の猿現象というのがありますが、第六感に働きかけて仲間内に伝わっていくものがあるでしょう(100匹目の猿現象については否定している説もありますが)。

しかし、ラーテルは別にハチミツを主食にしているわけではないはずです。ハチミツはただのおやつみたいなものなのではないでしょうか。

食肉類ですから、蛇とか動物のお肉が主食のはずですよね。わざわざ自分から蜂にちょっかいかけなければ刺されることもないので、ラーテルはやっぱり天敵といえる天敵はいなくて、結構無敵と言っていいのかもしれません。

スポンサード リンク



隠れた天敵は…ミツオシエ?

しかし、大好物のハチミツをなめたいばかりに刺されて死んでしまうというのもなんだか悲しいような気がしますね。

ハチミツを狙って大変なことになって痛い目を見るのはラーテルもですがプーさんも同じですね。

ラーテルの天敵は、蜂の毒。共犯者はミツオシエということでいいのでしょうか。

ラーテルが蜂に刺されてショック死した後、何食わぬ顔でハチミツをすすっているミツオシエの姿を想像するとなんだか…ですね。

ラーテルがミツオシエに道を教えられてハチミツを狩りに行く様子の動画もありますね。

YouTubeで、英語でhoneyなんたらかんたら〜というタイトルで表記されていたと記憶しています。

実に鮮やかな動画というか…初めて見た時ラーテルの動きがやけに芝居がかって見えて、これってCGの映画でないの?と疑ったくらいでした。

ミツオシエの飛び方が、これまたディズニー映画とかでありそう!と思いましたね。

ラーテルに次々、穴からイノシシが飛び出てきて追われて崖から転がり落ちたり、そうかと思ったらハイエナがのそのそ出てきて行く手を塞いだり、この攻防が作り物みたいに見えましたね。野生の動物は毎日がこんなドラマティックなのですね。

まとめ!ラーテルの天敵

ラーテルの天敵についてご紹介しました。直接的には蜂、間接的にはミツオシエということでよろしいですか?

ラーテルは、健気にたくましい感じが個人的に好感を持っております。

短足でどてっとした体型でのそのそ動くところがまた可愛らしくて良いですね!

スポンサード リンク