アルマジロトカゲの寿命や性格は?希少性の高い人気ペットについて

アルマジロトカゲの性格や寿命についてご紹介します。この珍しい生き物をご存知でしょうか。似たような名前のでは、背中が丈夫で丸くまるまる生き物としてよく知られていますが、こちらは鎧のようなゴツゴツ、トゲトゲした見た目をしています。

ペットとして飼育することもできます。アルマジロトカゲは、あまり大きくありません。全体の大きさは21センチほどで、丸まると手のひらサイズです。なのであまりスペースを必要とせずに、野性味あふれる小さな怪獣みたいなのを飼うことができるのです。

怪獣というのは少し言いすぎかもしれませんが、あまり日本では見られないようなワイルドな見た目をしたペットですね。

スポンサード リンク



アルマジロトカゲの寿命と性格

飼育する人は何年くらい生きるのか気になることでしょうね。

アルマジロトカゲは、寿命はだいたい10年です。それ以上生きることもあるとか。なので一度飼いはじめたら長期間ペットとして飼うことになりますから、愛着も湧くでしょうね。

もし嫌になっても、寿命が尽きるまでしっかりお世話をしてあげる必要がありますけどね。ペットにもよく懐くのや、そうでない生き物がいますが、アルマジロトカゲは愛情豊かなインコとは違って飼い主さん個人にとても懐くような性格の生き物ではないと思うので、もし途中で飼えなくなったら里親を探して里子に出すのも心理的にハードルが低いといえるペットですね。

ところで寿命の次はアルマジロトカゲの詳しい性格についての情報が気になりますね。トゲついた見た目からは性格もキツイのかな?それとも天敵多く、捕食される生き物であるトカゲだからやっぱり臆病な性格なのかな?と予想してみますが…。

スポンサード リンク



実際のところ、アルマジロトカゲの性格は、穏やかです。トゲトゲした見た目とは裏腹なんですね。何匹かで暮らしているアルマジロトカゲは、性格も社交性がないとやっていけないからかもしれません。

寿命も長く、性格も穏やかで飼いやすそうですね。よいペットとなることでしょう。

もし飼うとしたら、どんな餌を食べるのかというと本来の食性は虫を食べる肉食です。なので家で飼うならコオロギなどを買って与えたりします。しかし足によってアルマジロトカゲが喉が傷つき怪我をするかもしれないので、コオロギの足は取り除いてから与えます。

便利な乾燥コオロギというのがありますが、生きた餌でないと食べないかもしれません。冷凍コオロギもあります。

トカゲは何匹くらいを一度に産むのかというと、二匹くらいです。インコなどの鳥やデグーやネズミみたいに一度にたくさん産むというわけではないのですね。

アルマジロトカゲの飼い方についてはまた今度詳しくまとめることにします。

では、アルマジロトカゲと同じくらいの寿命のペットでは他にどんなペットがいるのかどうかちょこっとご紹介します。

スポンサード リンク



アルマジロトカゲの他のペットの寿命と性格

●犬
だいたい14年前後の寿命の犬が多いです。アルマジロトカゲよりもやや長生きですね。性格は人間に友好的な種が多いですね。

●猫
だいたい12年前後の寿命の猫が多い印象です。性格は多様に渡り、人懐っこい庶民派の性格やら、大人っぽく気位の高い性格の猫もいるようです。(←くるねこ大和の印象です。)

●金魚
金魚は、10年くらいの寿命を生きます。それに対して、メダカは1年くらいの短い寿命です。

ちなみに鯉は20年、30年くらいで最高記録では100年の寿命といわれています。すごいですね。

熱帯魚は、中型の熱帯魚ならアルマジロトカゲと同じく10年位の寿命を生きます。

そして、アルマジロトカゲを買いたい人にはおすすめの、同じく爬虫類のグリーンイグアナ。

グリーンイグアナも10年位の寿命です。性格は、基本的に大人しいですが繁殖期など凶暴になる時期には噛まれないように要注意な生き物です。

スポンサード リンク



以上アルマジロトカゲの寿命や性格について

アルマジロトカゲの寿命と性格や、その他のペットの寿命や性格についてご紹介しました。

まるでゲームにでも出てきそうな見た目と、穏和な性格と、長寿命が人気の(?)アルマジロトカゲ。

人気のペットなんですね。しかしハムスターやインコのように手の届きやすい価格をしていないのが残念です。

飼う時には密輸でなく信頼できそうなところから購入しましょう。密輸の相場より安いのを購入すると法的に不味いです。

オークションでの安売りは怪しいそうなのでペットショップで購入したほうがいいでしょう。

アルマジロトカゲの飼育方法については別の記事で詳しくご紹介します。お読みいただきありがとうございました。

スポンサード リンク



トカゲの尻尾が再生する仕組み!何回蘇る?再生時間は?

トカゲの尻尾が再生する仕組みについて詳しくご紹介します。

トカゲの尻尾が切れるのは、天敵に遭遇した時や尻尾を掴まれた時。つまり身を守るために尻尾を切るわけですが、切れた尻尾がしばらくのたくって動くのはなぜなのかとか、尻尾を切ってしまったトカゲに痛みはないのかな?とか気になりますね。

何回でも再生するのか、それともトカゲ人生一度の隠し技なのか。再生した尻尾には骨がないとか聞きますが、それはなぜなのか。早速確認していきましょう。

スポンサード リンク



トカゲの尻尾が再生する仕組み

トカゲの尻尾が切れる仕組み

トカゲの尻尾が再生する仕組みの前に切れる仕組みについてですが、トカゲの尻尾には節目ができていてあらかじめ切れやすいのです。

尻尾が切れる時、尻尾の筋肉は縮んで硬化していて出血はあまりしません。

それからトカゲが尻尾を切ると、尻尾はしばらくクニャクニャ動くと思いますがそれは天敵の注意を尻尾に集めておいてその隙に逃げるためなのです。

ちなみにトカゲといっても尻尾を切るという習性のないトカゲもいます。トカゲにも、見た目や色とかいろいろな種類がいますよね。

青い尻尾を持っているトカゲもいるんですよ。なんだか毒々しくも見えて毒があるのでは?と疑う人もいるようです。

トカゲは尻尾を切る時に痛みを感じているのでしょうか。もしそうだとしたらちょっとショックですよね。

トカゲに痛みというのはあるのかないのかですが、爬虫類にはそもそも痛覚はないといわれています。

魚や虫も痛覚がないようです。なので心配いらないのですが、万が一その説が間違っていたら可哀想なのでトカゲの尻尾切りを見たいがためにトカゲに尻尾を切らせるようなことはしない方がいいです。

スポンサード リンク



でもどちらにせよ、トカゲは自ら尻尾を切るときは節で切るのですからそんなに痛まないのだと思います。

しかし人間の手によってとか他者から変な位置で尻尾を切られた時は痛みがあるかもしれません。痛みはなくても体にダメージが大きいでしょう。また、その場合は尻尾を再び再生することはできません。

つまり、トカゲの尻尾の再生の仕組みは自切用の器官だから切れやすくて他者の力による無理やりな切られ方をしなければ再生することも可能になっているということなんですね。それは遺伝子の力によるものと研究されています。

ちなみにトカゲの尻尾の再生時間は、あるトカゲでは25日という研究データがあります。その間はトカゲは尻尾を囮に使う技ができませんから気を付けて過ごさなければなりません。

それにしてもトカゲの尻尾は再生するからといって…また、人間より知能の低く捕食される動物は、しばしば痛みに対してとても鈍感だと聞きますが…体がダメージを受けることは確かです。

それから尻尾に栄養を蓄えているらしいので弱って死んでしまうかもしれません。トカゲをあんまり追いかけ回したり、捕まえようとしたりするのはやめましょう。

スポンサード リンク



トカゲの尻尾の再生回数

トカゲの尻尾はまた再生するのですが、何回でも無限に尻尾は再生するのかどうなのか気になりますね。

再生した尻尾は色が元の色とはなんだか違ったり短かったりします。

さらにトカゲの再生した尻尾は骨の代わりに軟骨が入っています。

ちなみにトカゲの種類によっては一度尻尾を切るともう再生しないトカゲもいます。生きているうちに一度だけ使える必殺技なんですね!

トカゲの尻尾再生の話が出たついでに、トカゲの生態について確認してみましょう。

トカゲは、だんだん減少傾向にある生き物です。ぽかぽか暖かくなってきた春頃から見られる生き物です。

冬には冬眠しています。トカゲの寿命ですが、大体6年くらい生きます。

スポンサード リンク



トカゲの卵は石などの下に産み付けられます。そしてお母さんトカゲが卵の孵化まで見守っています。育児放棄されない限りはメスが卵の近くにいます。

ミミズ、蜘蛛などの虫を餌として捕食しています。ハエやムカデも食べてくれるので益獣かもしれません。

イモムシも食べるので農家さんとは良い関係を築いている生き物といえます。

生きた餌しか食べないのでトカゲの飼育は虫が苦手な人には無理でしょうね。

ヘビや鳥やタヌキなどがトカゲにとっての天敵で、素早くスタートダッシュを切って逃げられるのはいいのですが、体力が続かずに捕まってしまうことが多いようです。ですから素早く逃げ出して隠れられる場所に逃げ込めるかどうかというのがトカゲの勝負どころですね。

また、これらの天敵が上手い具合にトカゲの尻尾のみを捕らえるならトカゲは尻尾を切って逃げられることもあるでしょう。

スポンサード リンク



トカゲの尻尾再生についてまとめ

トカゲの尻尾再生のメカニズムについてご紹介しました。

トカゲの尻尾は再生されるとこれまでとは違った軟骨の尻尾になってしまうこと、おそらくそう何度も再生はできないことが考えられます。

トカゲは尻尾を切る必要性については察しが悪いというか、人間が別に捕まえるつもりはないのに側を通ったら勝手にびっくりして尻尾を残して去ってしまったということもよくありがちですよね。

持ち主がいなくなったのにいつまでも動いている尻尾を見てショックを受けた人もいるのではないでしょうか。

トカゲにとっても負担が大きく、見る側にとってもショッキングなトカゲの尻尾切り。

でもトカゲの尻尾切りに痛みとかはそれほどないのかもしれないと聞いて安心しました。

ちなみに、トカゲのしっぽに限らず自分の体の一部を置いて逃げるのを自切といいますが、トカゲの他にはカニなどにも見られる現象です。

カニも捕まると、足を一本とか置いて逃げたりします。カニの生体についてはこちらの記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

足を置いて逃げるちょっと怖くて面白いカニの生態

スポンサード リンク



イリエワニの天敵や生態!日本漂着の歴史も

イリエワニの天敵や生態をご紹介します。

イリエワニは、世界最大のワニで攻撃的な性格のため、人間を捕食することもあります。オーストラリアの海岸にも出没しますし、少女だか少年だかが胃の中で見つかったという事も。

また、かつて日本軍が太平洋戦争の時ラムリー島から撤退するとき何百人もの日本軍がイリエワニの犠牲になったとか。

そんなイリエワニには天敵はいるのでしょうか。体長は8メートルにもなるという巨体な体長。捕食するというより丸呑みするという表現がぴったりくる生き物です。

しかしそんなイリエワニも、オーストラリアでは蛇に丸呑みにされることもあるようですが。

イリエワニは日本漂着していた歴史もあり、東京都八丈島や、鹿児島県の島や沖縄県の島にはイリエワニの漂着した記録が残っています。

そんな気になるイリエワニの天敵や生態について確認していきましょう。

イリエワニの天敵の前に

イリエワニの天敵について気になりますが、その前に生息場所を確認してみましょう。

イリエワニの生息場所は名前のとおり、主に入江や三角州を好みます。海水に強いワニです。もちろん淡水域にも生息しますがオーストラリアの海辺などでも見られるので海水浴に行く人は注意が必要です。

ということは、イリエワニの天敵がいるとすればサメとか海洋生物ということになりますね。

イリエワニの他にも、オーストラリアには危険な生物がいっぱいいます。詳しくはこちらでまとめました。オーストラリアの危険な生き物

イリエワニの天敵の前に・餌

イリエワニの天敵について気になりますが、餌についても確認してみましょう。

イリエワニは何を捕食し餌としているのでしょうか。イリエワニを天敵とする非捕食動物はどんなのがいるのか。

イリエワニは、海のものでは甲殻類や魚など食べています。陸のものでは、両生類や爬虫類や鳥、哺乳類など捕食して食べています。

海洋生物の中からは甲殻類や魚がイリエワニを天敵とし、陸の生物も爬虫類〜哺乳類まで幅広くイリエワニを天敵に思っているのですね。

イリエワニは、動物性の餌しか食べません。

イリエワニの天敵

そんなイリエワニには天敵はいるのでしょうか。イリエワニは、ワニの中では最大のワニですがそんなイリエワニが小さく見えてしまう敵が海の中にはいます。

そう、サメです。サメもワニも、オーストラリアの海岸にも普通に出没する生き物であり、イリエワニの天敵になります。

■サメ■
大メジロザメとイタチザメというサメが、イリエワニの天敵になりえます。

海流に乗って沖合に出ていく最中に、サメなどの手強い天敵に遭遇することもあります。

この場合漁師たちの証言によればイリエワニがサメと戦いどちらもイリエワニの方が敗北したとのこと。イリエワニにとって手強い天敵です。

そんなイリエワニの天敵である大メジロザメは、イリエワニを一噛みして食べずに去り、イタチザメはイリエワニをすぐ噛みお腹を食べてそのまま去っていったという証言があります。

なんだか、強いイリエワニが軽くあしらわれた感じが伝わってきてイリエワニの天敵の強さを物語ると同時に哀しい感じですね。

スポンサード リンク



サメといえば、思い出すのはシャチも最強ですね。

そう、シャチもイリエワニの天敵になりえますがシャチとは遭遇しないであろうという説があります。

シャチの生息地域は海水の温度の低い地域。イリエワニは温かい地域に生息しているので、海上でのイリエワニの天敵はサメのみということになりそうです。

■ヘビ■
ヘビがワニを捕食していたという情報は、オーストラリアのムーンダラ湖のものです。

実際はイリエワニなのかどうかはわかりませんが…。ヘビが同じくらいの体長のワニと闘って勝ち捕食することもあるという例ですね。

ヘビは、ワニと5時間闘ってやっと息の根を止め、捕食していたそうです。野生の戦いは壮絶ですね。

イリエワニの天敵には、蛇がもしいれば蛇も天敵になり得るということです。

スポンサード リンク



イリエワニの天敵まとめ

イリエワニの天敵や生態などについてご紹介しました。

イリエワニはワニの中でも最大のワニ。人間も何人も犠牲になってきた人間となり得る恐ろしい危険な生き物です。

しかしそんなイリエワニもオーストラリアでは保護動物であり、だんだん数を増しているとか。

ただでさえ危険生物の多いオーストラリアは、ワニを保護していったい大丈夫なのでしょうか…。人間の天敵が増えてますます危険な地域として認識されそうですね。

以上、イリエワニの天敵などについてご紹介しました。

スポンサード リンク



ニホンヤモリの飼い方〜餌・冬眠・卵など〜

今回は、ニホンヤモリの飼い方についてです。

ニホンヤモリは家庭でもよく窓に貼り付いているのを見かけることがありますね。

家の中や洗濯機の中にいつの間にか侵入してきて、ギャーッと悲鳴を上げる奥様方もいるようですが。

ニホンヤモリを苦手な人からしたらそんなものでしょうね。しかしニホンヤモリを可愛いと感じ、飼いたい人も少なからずいることでしょう。

ニホンヤモリの飼い方で基本的な餌のことから、冬眠、産卵などについてもこの記事で確認して行きましょう。

ニホンヤモリの飼い方

ニホンヤモリの餌は、昆虫です。コオロギや、ミルワームなどの虫を与えましょう。

生きたコオロギやミルワームが、ニホンヤモリなどの飼育用に通販で販売されているので購入しましょう。死着保証が付いているショップさんで買うことをおすすめします。

餌やりは、ニホンヤモリのいるプラケースに生きたままでコオロギを2匹入れておきます。

ヤモリの顔の半分くらいの餌でないと、食べられないので注意しましょう。また、ミルワームは脂肪が多いので栄養的にはコオロギの方がニホンヤモリにおすすめです。

冷凍コオロギの場合は、しっかりと解凍してニホンヤモリが消化に負担が掛からないようにしましょう。しかし冷凍コオロギは楽ですが、あまり好まずに食べてくれないニホンヤモリもいます。なるべくコオロギの生きた餌を用意して与えましょう。

コオロギはまとめ買いするのでその間コオロギも死なないように飼わなければなりません。昆虫ケースの中には昆虫マットと昆虫ゼリーや、水を含ませたティッシュなど入れておきましょう。

水分補給しないとコオロギが死んでしまいます。湿度が高くてもコオロギが死んでしまいますので梅雨や夏場気をつけましょう。

ニホンヤモリ自身の水分補給には、水入れを置いておきますがもし飲んでいない様子だったら霧吹きでプラケースにスプレーしてあげればプラケースをなめて水分補給します。

スポンサード リンク



冬眠

ニホンヤモリは、蛇やカエルのように土の中に潜り本格的な冬眠はしないようです。基本的に家屋の壁の隙間などで寒さをよけながら暖かい日には水分や餌を探したりするようです。

冬になる前に、冬眠の間の栄養を蓄えることは事実ですが、完全に冬眠してしまうわけでもないようです。冬眠中に、お腹の中のうんちが腐ってしまうことが原因で、死んでしまうこともあります。

なので、もし冬眠させたくなかったら室温やプラケースの中の温度を暖かめに保ち、活動モードにしておくことをおすすめします。

産卵

ニホンヤモリは、一度に2つの卵を産みます。最初喉のあたりにあった卵がだんだんお腹の方へと降りてきて、傍から見てもお腹のボコボコした膨らみが分かります。体の割に大きな卵を産むようです。

卵は最初白で、だんだんピンクに変わります。そして灰色のような卵になっていき、60日間くらいで孵化して産まれます。

ニホンヤモリは暗い場所に産卵する習性があるので、トイレットペーパーの芯など影になる場所を与えてあげると良いでしょう。卵を産んだら、ニホンヤモリから隔離してあげないと足で踏んづけて卵をダメにしてしまうこともあるようです。

時々卵を乾燥から守るために霧吹きで湿り気を与えましょう。ニホンヤモリの場合は、卵を産みはしますがその後赤ちゃんヤモリのお世話をすることはありません。卵を踏んだり食べたりすることもあります。卵を産み落としてからは自然におまかせな姿勢です。

ニホンヤモリは生まれた時から自立していてすごいですね。

まとめ〜ニホンヤモリの飼い方〜

ニホンヤモリの飼い方についてご紹介しました。

他の哺乳類のペットのように世話がかかることもなく、基本的には水やりと餌をあげて、時々プラケースを掃除するだけで良いので楽ですね。

餌のコオロギの管理がちょっと大変かなとは思いますが…それと、そもそも虫が苦手な人はニホンヤモリを飼えませんね。

コオロギのような見た目の虫が苦手なら、蟻とか蚊でも良いでしょう。小さめバッタを与えても食べなかったヤモリも、蟻や蚊は食べたという話もあるみたいです。

蟻ならそこらへんにいくらでもいますし、蚊も食べられるなら餌には困りませんね。

スポンサード リンク