サソリは虫の仲間?サソリの種類や目が8つあることについて

毒があって嫌なイメージの強いサソリ。サソリは虫の仲間なのでしょうか。ザリガニにちょっと似ている感じもしますね。

ザリガニやカニなんかとは、見た目は近いかもしれませんが、ザリガニたちは虫ではないですよね。

サソリの気になる情報を確認していきましょう。

スポンサード リンク



サソリは虫?目や種類についても

蜘蛛の仲間だった

サソリは虫の仲間です。蜘蛛の仲間みたいですね。蜘蛛と同じく実は目もたくさんあるようです。

サソリは、蜘蛛と同じように8本の足で口にはハサミがついていて、昆虫のような触覚は持ち合わせていません。

サソリの目は2つ+6個

サソリの目についてです。

蜘蛛の仲間ということで、蜘蛛というのは目がいくつもあるのが特徴的ですが、サソリもいくつも目があるようです。

ちなみに蜘蛛は目の間隔がとても狭いですね。あのほとんど間隔のない目を見ていると気味悪さと恐怖を感じるのですが、同じような人いるのでしょうか。

顔相的に、犯罪者は目の間隔が狭いという情報もあります。目の間隔が狭い顔相というのに、本能的に恐怖を感じるのかもしれません。

そういえば、ちょっと無駄話をしますが、個性豊かなキャラクターが出てくる「おそ松くん」というマンガですが、あの登場人物に対して無意識に抱く印象も顔相の影響を受けているなあ…と思ったりします。

スポンサード リンク



例えば…。

「ダヨーン」
口が大きいので顔相的には行動力があり愛情豊かで心も大きい。

センター分けなので大人っぽい性格で自分の道を行くタイプ。賢明で争いを嫌う。

ダヨーンには、なぜかパッと見好意を持ってしまいます。顔相的に良さそうな人だと感じるのかもしれません。

「チビ太」
極端に背の低い男性は、性格に問題のある人が多いと言われています。それから頭のハゲも特徴的。イヤミとは、出っ歯!ハゲ!の言い合いになることもありましたっけね。

ハゲの男性は、男性ホルモンが多く性格も男性的だったり怒りっぽい人が多いのだとか。なんとなくチビ太にいだいていた違和感というか危なそうな人だというイメージは、おっさんのような禿頭に釣り合わない身長の低さなどが原因かもしれません。

それから、四白眼。チビ太は危険な顔相である四白眼の持ち主です。チビ太が怒りっぽいというのは顔相的にも当たってますよね。

追記:しばらく読んでいるうちに、チビ太の顔もなかなか好感を持てるようになってきました。なぜ嫌いだったのか不思議です。慣れというやつなのでしょうか。あるいは動物にやさしい、なかなか魅力的なキャラクターだと分かったのでその印象が上書きされたのかもしれません。

スポンサード リンク



「イヤミ」
出っ歯とおかっぱ頭が特徴的なイヤミさん。出っ歯は、おしゃべりで前向きで軽率で好色な面もあるとか。そのまま当たりですね。

とか、どうでも良さそうなことを書いてしまいましたが、話をサソリに戻したいと思います。

サソリは目が何個あるかというと、合計8個みたいです。頭頂に2個と、左右にも目が3つずつ並んでいるのだそうです。

サソリの種類

サソリの種類について確認してみましょう。色が「これぞサソリ!」という風に黒黒として強そうで不気味なものや、色の薄いサソリもいますね。

サソリの種類は、サソリをペットとして飼育したい人は特に知りたいでしょう。

毒の強さや見た目などサソリの種類によってそれぞれ違います。

スポンサード リンク



「デザートヘアリースコーピオン」
薄い黄味帯びたベージュ色のサソリです。毒はあまり強力ではありません。しかし刺されたら強烈痛いようです。

「オブトサソリ」
輸入禁止の危険なサソリ。レモン色の爽やかな色あいのサソリなのですが、デスストーカーと呼ばれていて確実に毒殺することが得意で人もオブトサソリの犠牲になったことがあるようです。

あとは、イエローハットテールスコーピオンとか、ストライプバークスコーピオンとかも、体は色が薄くて弱々しそうな感じなのですが毒がとにかく強烈です。

油断させておいて…という戦略なのでしょうか。

スポンサード リンク



「ダイオウサソリ」

大王の名にふさわしく、黒くてごっつい世界で最も巨大なサソリです。しかし毒性は低く刺されても痒かったりするくらいで済みます。

いかつく見せておいて、姿で取り敢えず敵を遠ざけるタイプなのでしょうか。

最後に。サソリは虫の仲間だった

サソリについていろいろとご紹介しました。

毒が意外と弱いサソリもいると知りましたが、それでも見た目からしてやっぱり危険な生物のイメージがありますね。

でもペットとして飼っている人もいたとは驚きですね。他にもワニとか蛇とかクマとか…世界には危険な生物を可愛がって育てている人もいるんですね。

スポンサード リンク



シャチの知能について〜最強動物のシャチは高い知能がある!

シャチの知能についてご紹介します。

自然界において敵無しのシャチですが、その秘訣は身体能力の他にも高い知能があるからだと思われます。

人間にとっては海中生物の中ではサメが一番最強な存在かもしれませんが、サメはシャチの捕食する対象であり餌になります。

たとえ体の構造的に優れていても、知能が高いからこそシャチはいろいろな海中の生き物を捕食できるのです。

そんな知能の高さを伺わせるシャチの行動についてご紹介します。

スポンサード リンク



シャチの知能の高さは群れでの狩り

シャチの知能の高さ1.群れで暮らす社会的な生き物である。

ただでさえ強いシャチなのに、群れで行動するのでシャチの群れに狙われて無事でいられる生き物は少ないでしょう。

狩りの技術に関してシャチは最強です。群れでのチームプレイによる狩りや奇襲などを行います。

狩りの仕方から知能の高さが伺えるのでご紹介しますね。

■氷板に逃げたアザラシを狩るために、群れで海上に波を起こしてアザラシを海中に落とす。

■罠も仕掛ける。捉えた魚を吐き出し、海鳥をおびき寄せてから海鳥を捕食する。

スポンサード リンク



シャチの知能の高さ2.分別をわきまえている

シャチは、獲物を乱獲したりしないのも知能の高さを感じさせます。獲物を必要な分だけ捕食するので海中生物の食物連鎖の頂点に立つシャチですが生態系が崩れることがないのかもしれません。

まあ、たくさん獲ってもどこに保存しておくこともできませんから当たり前といえば当たり前。地上のモズとかリスとかは餌を多めに取って溜め込むこともありますね。

しかし、シャチは獲物の乱獲はしなくても、シロクマなど大型動物の絶滅危機というのは実はシャチが関係していると言われています。

スポンサード リンク



シャチの知能の高さ3.強い復讐心を持つことがある

人間に、群れの仲間を捕獲されたりすると根に持って一週間も漁業を邪魔してくることがあります。

その漁師の体験談です。

「偶然シャチの子どもを網にかけてしまって、船の左側から網を引き上げていると、船の右側から強い視線を感じた。見ると、シャチが海上にすっくと立ち上がって船の乗組員たちを覗き込み恐ろしい気迫で睨んでいた。あわてて漁場を離れたよ。」

そんなシャチに攻撃されずに無事で済んだなんて…そう思ったのですが、不思議とシャチが人間を食べたなどの事故はこれまでに起こっていません。

サメはよく人を襲いますが、シャチに関する事故は無いのです。シャチは人間を不味そうだと思っているのかもしれないし、人間とは共生関係にあろうとしているのかもしれません。

ここもシャチの知能の高さが伺える点です。

シャチは超音波によって対象物がどのような内容物か、形状かまで判断することができます。その精度は驚くべきもので、数ミリ間隔に置かれた2本の糸すらちゃんと認識したりしているといわれています。

それで、人間は骨っぽくて脂肪が少なく不味そうだと思っているのかもしれないですね。

そして、シャチは無駄な戦闘をせず、無駄に食べ物を乱獲することはしないので、人間を捕食することはないのかもしれません。

スポンサード リンク



シャチの知能の高さ4.食の好みにこだわる

シャチは食の好みにこだわりがあるようで、個体差によっても好きな餌が違うと言われています。

シャチは魚や海鳥、ペンギン、アザラシ、シロクマ、サメ、イルカ、クジラなどを捕食しますが、その中で好みの餌がそれぞれ違うんですね。

グルメなシャチだからこそ、人間を好むシャチがいなくて、人間がこれまで無事でいられたのかもしれません。

スポンサード リンク



シャチは知能のみならず身体能力も抜群

シャチは知能が高いばかりでなく身体能力にもすぐれています。体の大きいのがシャチの武器でもあります。しかも泳ぐのがとても速いです。

ちなみに、ジョーズで出てきたホオジロザメとの比較ですが…。

ホオジロザメは最強のようなイメージがありますがシャチのほうがホオジロザメの5倍程も体重が重く、泳ぐ速さもホオジロザメより2倍も速く泳げます。

スポンサード リンク



シャチの知能は高かったまとめ

シャチの知能の高さについてご紹介しました。

シャチは体格や泳ぐスピードも海中生物最強クラスですが、シャチは知能の方も高かったのですね。

知能を使って賢く狩りをするところはさすがです。キツネも賢くて狩りに関して上手いですがシャチも狩りが上手なんですね。

恐ろしい脅威になりえるシャチですが、幸い人間とのトラブルはないということで良かったです。

スポンサード リンク



ラーテルの天敵は蜂?蜂によるショック死には勝てない…

今回は、ラーテルの天敵が蜂であるというお話です。

ラーテルは、世界最強な生き物といってもいいですね。

ライオンにもハイエナにも、毒蛇にも恐れず立ち向かっていくという不敵さが人気を博しています。人間も捕食しようとすることがあるので、小さな体に見合わず怖いもの知らずということで周知されています。

そんなラーテルの天敵ですが、ライオンもハイエナも怖くない、毒蛇も怖くないというラーテルに天敵は果たしているのでしょうか。

もちろん、ライオンやハイエナだってラーテルをうまくひっくり返せさえすればあの鋭い爪や牙で一撃に留めることができるでしょう。

背中の皮膚とは違って、お腹側はライオンの爪が通る柔らかさだそうですからね。例えば毒蛇に噛まれて数時間ひっくり返って気絶している間に、ライオンとか他の生き物にとどめを刺されたらラーテルもおしまいなわけですね。

しかしラーテルもなかなか隙を見せるような真似はしませんから、分厚い背中の皮によってラーテルはライオンとも五分五分に闘うことができます。

毒ベビの毒も効かないというラーテル。では、天敵はいないのだろうか?という疑問に対して「蜂」が死因になるという情報が出てきました。

ラーテルの天敵は?蜂

ショック死

ラーテルの天敵は何かというと、蜂です。

ハチミツを狙って蜂に刺された時に、ショック死するということもあるみたいですね。

もちろん蜂に刺されて死ぬ確率はそんなに高くないとは思いますが。死亡率がそんなに高かったら流石にラーテルもハチミツを狙い続けるという本能?は撤退されていくのではないでしょうか。100匹目の猿現象というのがありますが、第六感に働きかけて仲間内に伝わっていくものがあるでしょう(100匹目の猿現象については否定している説もありますが)。

しかし、ラーテルは別にハチミツを主食にしているわけではないはずです。ハチミツはただのおやつみたいなものなのではないでしょうか。

食肉類ですから、蛇とか動物のお肉が主食のはずですよね。わざわざ自分から蜂にちょっかいかけなければ刺されることもないので、ラーテルはやっぱり天敵といえる天敵はいなくて、結構無敵と言っていいのかもしれません。

スポンサード リンク



隠れた天敵は…ミツオシエ?

しかし、大好物のハチミツをなめたいばかりに刺されて死んでしまうというのもなんだか悲しいような気がしますね。

ハチミツを狙って大変なことになって痛い目を見るのはラーテルもですがプーさんも同じですね。

ラーテルの天敵は、蜂の毒。共犯者はミツオシエということでいいのでしょうか。

ラーテルが蜂に刺されてショック死した後、何食わぬ顔でハチミツをすすっているミツオシエの姿を想像するとなんだか…ですね。

ラーテルがミツオシエに道を教えられてハチミツを狩りに行く様子の動画もありますね。

YouTubeで、英語でhoneyなんたらかんたら〜というタイトルで表記されていたと記憶しています。

実に鮮やかな動画というか…初めて見た時ラーテルの動きがやけに芝居がかって見えて、これってCGの映画でないの?と疑ったくらいでした。

ミツオシエの飛び方が、これまたディズニー映画とかでありそう!と思いましたね。

ラーテルに次々、穴からイノシシが飛び出てきて追われて崖から転がり落ちたり、そうかと思ったらハイエナがのそのそ出てきて行く手を塞いだり、この攻防が作り物みたいに見えましたね。野生の動物は毎日がこんなドラマティックなのですね。

まとめ!ラーテルの天敵

ラーテルの天敵についてご紹介しました。直接的には蜂、間接的にはミツオシエということでよろしいですか?

ラーテルは、健気にたくましい感じが個人的に好感を持っております。

短足でどてっとした体型でのそのそ動くところがまた可愛らしくて良いですね!

スポンサード リンク



ヒクイドリの蹴りは凄まじい威力!その身体能力や生態とは

今回は、ヒクイドリの蹴りは凄まじい威力を持っているということについてご紹介します。

体は真っ黒なのに、頭部から首にかけてはやけにカラフルな鳥、ヒクイドリ。

蹴りの破壊力がすごくて人間も死んでしまうほどだと言われていますね。実際に死者が出たりしたのでしょうか、そのあたりも気になります。

ヒクイドリの身体能力や気になる生態について詳しく確認していきましょう。

ヒクイドリの蹴りはどのくらいすごい?

身体能力

走る速さは時速50キロ。人間の走る速さよりずっと速いです。

走って逃げても逃げ切れませんね。追いつかれて蹴りをかまされてしまうかもしれません。

ダチョウのような屈強な足。この足から蹴り出されるキックは人間も動物(馬など)も一撃で倒します。

助走がついていれば尚更ひとたまりもないことは間違いありません。

足についている爪も鋭くて、攻撃力を高めています。紺色でツヤツヤして綺麗ですが、この爪付きの足に蹴りを入れられたら人間は死んでしまうこともあります。

実際に人間がヒクイドリの蹴りの犠牲になった事例は、第二次世界大戦の時に兵隊さんが何人もヒクイドリにやられています。

しかし、ヒクイドリは本来は怖がりで保守的な性格です。

まず逃げますが、逃げ切れなさそうと判断したら一転して攻撃に転じます。

自分一人の時ならまず逃げるのでしょうが、巣を守るとか雛を守る場合は近付いたら最初から攻撃してくるでしょう。

名前の由来

ヒクイドリは、火を食う鳥と書いてヒクイドリといいます。

いかにも強そうな名前ですが、名前の由来は一体何なのでしょうか。

まるで火を食ったように気性が荒く攻撃的になるからかな?という予想でしたが外れました。

ヒクイドリの名前の由来は、喉の所に赤い肉垂があります。これが火を食べているように見えるからだといいます。

体の特徴

体長は、でかいです。150センチ〜170センチくらいあります。でも、人間よりでかいということもないんですね。

ただし体重が重くて、90キロくらいです。ダチョウの次に重い鳥です。

何年くらい生きるかというと、50年くらいの寿命です。場合によっては人間より長生きですね。

体の色は頭から首にかけてが美しい色合いで、体は地味な黒色、脚は灰褐色、足は黄土色です。

目付きは鋭く、三白眼気味(これは写真にもよります)。

鳴き声は、まるでライオンなどの猛獣のように低い唸り声のような鳴き声です。鳴き声はオスとメスでも違います。雌はヴォ〜〜〜と伸ばす鳴き声で雄がヴォ、ヴォと短い鳴き声だと言われています。

スポンサード リンク



育雛

ヒクイドリの育雛は、全てオスが行います。イクメンパパです。

抱卵も、育雛もヒクイドリの場合はオスが担当するのです。

ヒクイドリの雛は、成鳥のヒクイドリと違って薄いクリーム色の体に茶色のシマリスみたいな縞があります。とてもかわいいですよ。

ヒクイドリは何を食べて生きているかというと、主に果実です。

ヒクイドリは、見た目に似合わず草食的なんですね。ヒクイドリより小さな鳥でも肉を食べる鳥もいますが。

お肉とか食べてそうな見た目ですが、熱帯雨林には果物がたくさんなのでヒクイドリは果物を食べるように進化してきたのでしょう。

果実でよくあんな屈強な体が作られるものですね!1日にどのくらい食べるのでしょうか…調べてみたところ1日に数百個もの果実を食べます。

それも、種はほとんど消化されずフンになって出てくるそうです。

フンをしながら熱帯雨林を歩き回り、森林再生に役立っています。

まとめ!ヒクイドリの蹴り

ヒクイドリの蹴りの威力や、ヒクイドリの生態についてご紹介しました。

ヒクイドリは、オーストラリアなどの熱帯雨林に住んでいますが、環境破壊で絶滅寸前だと言われています。

ヒクイドリ自身も森林再生に勤しんでいますが、環境破壊のストップに人間も協力して取り組みたいですね。

スポンサード リンク



ライオンとトラどっちが強い?トラの勝ち!

今回は、ライオンとトラのどっちが強いのかという疑問についてご紹介します。

ライオンもトラもどちらも強い野生生物として知られていますね。

どちらがより強いのかと気にね人もいることでしょう。

ですが、そもそもライオンはほとんどが群れで行動するのに対して、トラは一匹の単独行動です。

住む環境も違うので実際に出くわすこともありえません。

トラとライオン、どちらが強いのか…。この疑問をもったのは、ドラえもんの第30巻、「実物ミニチュア大百科」という話で、のび太がライオンとトラを出現させて戦わせるという話を見たのがきっかけです。

もし、ライオンとトラか一対一で戦ったらどちらが勝つのか強いのか?というのを今から確認して行きましょう。

スポンサード リンク



ライオンとトラどっちが強い?体の構造

まず、ライオンとトラの体の構造的にはどっちが強いのか。

爪の長さ、キバの長さ、足の大きさ、体重。

比べましたところ、いずれもライオンよりもトラが勝っています。

体の構造的にはトラのほうが強いかもしれないということですね。

皮膚も、ライオンは薄いのに対してトラの毛皮は分厚いのでライオンの攻撃が効きにくいなんて意見もあったりします。ですからトラのほうがライオンより強いのかな?と考えます。

しかし実際にどちらが強いのかというのは、分かりませんけどね。個体差にもよるでしょうし。

自然界では肉食動物は怪我で動けなくなったら獲物を狩れずに亡くなってしまいますから無意味な争いはしないそうですけど、もしもライオンとトラが闘ったらというのを考えてみると、体格的にはトラのほうが強いのかもしれないですね。

スポンサード リンク



ライオンとトラどちらが強い?実戦の差

次に、ライオンとトラどちらが強いのかという、実践の差で見てみましょう。

トラは普段から単独行動なので、大型動物でもなんでも自分一人で仕留めて食べています。

それに対して、ライオンのオスというのは群れのシンボル的存在ですから普段はメスに狩りを任せていますね。

ライオンのオス自身は、あまり狩りを頑張ることが少ないのです。オスどうしで戦うことはありますけどね。

それを考えると、普段から獲物を狩っているトラのほうが強いというのは予想できます。

トラは、ヒグマやインド象を一匹で仕留めた実例もあります。ライオンは、クマや象を一匹で仕留めたことはありません。群れで向かっていっも逆にやっつけられて逃げてくることもあるでしょう。

それを考えてみてもやはり、トラのほうが強いのではないでしょうか。

スポンサード リンク



しかし狩りと闘いは違う?

しかし、狩りという点ではライオンよりトラが強い、優れているという意見が濃厚ですが、そもそも狩りと闘いは全く違うのでライオンが勝利するという専門家の意見が最近は多いそうです。

ライオンのオス同士は、群れに留まるために戦うことが多いですね。ライオンとトラが実際に出くわしても、怪我を避けるために闘わずに威嚇で終わることが多いでしょうがライオンのオス同士は戦います。

ライオンのオスは、一匹でリカオンを8匹も仕留めたこともあるそうです。トラが大型の草食動物を仕留めるのに長けていたとしても、肉食動物を相手にしたらどうなのかは分かりません。

ライオンは自分と同じく肉食動物のリカオンを8匹相手にして勝利しているのです。

専門家の意見を参考にしながら、アニマルプラネットさんがシミュレーションを作成してみたところ、トラとライオンではライオンが勝つようです。

では、やはりライオンとトラはライオンが強いということになるのでしょうか。

スポンサード リンク



ところが見世物で実際はトラが強い

とはいえ、実際にトラとライオンを戦わせた見世物ではトラが勝利していますからトラのほうが強いのかもしれません。

ローマ時代のことですが、その頃は動物に対してひどい仕打ちな見世物も多く行われていたようですね。

その一つとしてライオンとトラの戦いがよく頻繁にありましたが、その多くではトラが強いようで、勝っていたのだとか。

つまりは、個体差があるということですね。ライオンでもトラでも、強いライオン、強いトラ、弱いライオン、弱いトラ、いろいろいるのでしょう。

戦わせる組み合わせにもよりますが、全体的にはトラの方がライオンに勝つ要素があるようですが、個体差がありライオンが勝つこともあるようです。

スポンサード リンク



まとめ!ライオンとトラどっちが強い?

ライオンとトラどっちが強いのか?という疑問についてご紹介しました。

ライオンとトラは、どっちも強いですがライオンよりもトラの方が先天的に勝つ要素が多いようです。

しかし、個体差がありライオンの方が強い場合もあるようですね。

先ほどトラは草食動物ばかり狩っているみたいな表現をしましたが、さらに調べたらそれは誤りでしたのでここで訂正します。

トラはワニとかヘビとかクマとかオオカミとか、いろんなものを狩っているようです。やっぱりトラはライオンと同じかそれ以上に強いんでしょうね。

スポンサード リンク