カニの生態の面白さ!足を置いて逃げる!?ちょっと怖いカニの生態

カニの生態についてご紹介します。

砂浜にはカニのものと思われるポコポコ開いた穴がありますね。

なんで穴なんか発生するのでしょう。生態は不思議です。

海水にも潜れますし、陸も移動できます。呼吸器とかはどうなっているのでしょうか。

口から泡を吹くのはなぜでしょう。カニの気になる生態について確認してみましょう。

スポンサード リンク



カニの生態

体の特徴について

カニは、目がとても良いです。目が細長く飛び出ていますね。

巣穴に入るときには目を引っ込める習性があります。おそらく穴は外的の侵入を防ぐためにカニの体のピッタリサイズに作られているため、飛び出た目は邪魔になるのでしょう。

カニの餌

小さなカニは、砂の中の藻とか有機物みたいな細かなものを食べています。

かとおもったら、ウミガメの生まれたばかりの小さなウミガメの子どもとかも食べてしまうみたいです。砂浜のその辺にいるカニは、小さい割に案外強いんですね。

でも警戒心も強くて砂浜に掘った巣穴のすぐ外で餌を食べます。いつでも巣穴に逃げ込めるようにです。

巣穴の深さは結構あって数十センチ〜1メートルもあります。

スポンサード リンク



カニの足

カニの足は前進もできるし後退もできるんです。右に左にと移動する姿しか浮かびませんが、種類によっては前に前に進むカニもいれば後ろに後ろに進むのもいます。

そしてちょっと怖い生態なのですが、カニは足がちぎれることがあります。

病気ではなくて、トカゲのしっぽが切れるのとおんなじように切れるのです。トカゲはしっぽを置いて逃げますよね。

でも足なんか切って…スタコラサッサと走って逃げるよりほかないカニなのに大丈夫なのでしょうか。矛盾している気がします。と思ってよく調べたら、全部の足が落ちるのではなくてたくさんある足のうちの、天敵に捉えられた足のみを外して逃げるようです。

切れた足は脱皮してまた生えてきます。一度の脱皮では完全に元に戻りません。何度か脱皮しないと足は元に戻りません。

人間の食べ物になるわけですが、「足落ち」という銘柄があり、「短足」という銘柄があります。

これはカニが足を切ってからまだ再生していない状態のものです。

完全に成体のカニに脱皮し終わると、二度と脱皮しません。成長がストップしてしまったようなもので、この状態の時に足を切っても脱皮できないから再生しません。それで足落ちというのができるわけですね。

スポンサード リンク



カニの卵から大人まで

カニは、まず卵から孵ってプランクトンとなり海中を漂います。

脱皮をして稚カニに近付いていき、カニっぽい見た目になったらまた地面を這う生活をするのです。

海中を漂っているうちに、そのカニに適した生息地域に自然に運ばれていきます。

満月とか、決まった時期に一斉に産卵をするカニ。この時期に産卵をすると潮の流れ加減とかが良いというのが分かるのかもしれないです。

カニは、成長するごとに何度も脱皮し、卵から生まれたては、とてもカニには見えない見た目をしています…。

☆オススメ・海洋生物の本☆

カニは、エラ呼吸というのをご存知でしたか?エラがあるようには一見見えませんがエラ呼吸をしています。

そして陸に上がることもできるカニですが、甲羅の中にある水の中の酸素を吸っています。つまり陸でもずっとエラ呼吸をしているんですね。

泡がブクブク出るのはカニが酸素をより多く得ようとするためです。水槽の酸素ポンプみたいに自分でブクブクやっているんですね。その泡をまた甲羅の中に取り込んでエラ呼吸しているのです。

スポンサード リンク



最後に。カニの生態

カニの生態についてたくさんご紹介しました。カニの生態については満足行く情報量をまとめて載せているサイトがなくていろんなところから寄せ集めました。

カニは小さいのはとてもかわいいです。大きなカニは、かわいくはありませんが漁師さんには好かれます。小さなカニは海岸とかで見付けると嬉しくなります。

12星座の一つにもカニ座があります。わたしは月星座がカニ座です。普段自分が○○座だと思っているのは実は太陽星座で、他にも月星座とかがあります。

太陽星座は人生の目的、公的な面を表し、月星座はより自分のプライベートな内面を表しているとか言われています。

以上、カニの生態についてでした。

スポンサード リンク



ラッコの生態について

可愛いラッコの生態が気になるという人へ、ラッコの生態についてご紹介します。

ラッコについては、どんなイメージがあるでしょうか。貝を石などに叩きつけて器用に貝の中身を食べるというのは誰でも知っているのではないかと思います。

その他にも、昆布を体に巻きつけて眠るなど。ラッコの気になる生態を詳しく見ていきましょう。

スポンサード リンク



ラッコの生態

ラッコは意外にも群れで暮らす生き物です。

昼間は起きていて夜は休みます。

ラッコにとって昆布などの海藻は大切で、眠る時には昆布のような海藻を使います。

体に海藻を巻きつけることで流されるのを防ぐわけです。

ずっと海中にいるわけではなくて天候が荒れるときには陸に上がる場合もあるんですよ。あとは、シャチに襲われそうになった時とか偶然居合わせた人間のボートに上がり込んで救助されることもありました。

それから毛づくろいをしょっちゅう行うようです。寒い海水の中に浸かっていても体温が下がらないのは、毛皮のおかげです。

スポンサード リンク



ラッコの餌はどんな?

ラッコの餌は、海中の生き物を食べています。

肉食で魚や貝やカニやウニを食べています。しかし魚を捕るのはあまり上手くないみたいです。

貝などを食べるときは他の貝を体に置いて叩いて割ることで中身を出すのです。

それから賢く貯蔵もするようです。余った貝などは、脇腹のたるんだところに隠して持っておくんですね。

水族館では、ラッコはガラスに貝を叩きつけているので強化ガラスにヒビが入った水族館もあるようです。

スポンサード リンク



ラッコと生態系

ラッコを取り巻く生態系について少しご紹介しましょう。ラッコとウニと昆布の関係は複雑です。

ラッコが増えると、ウニはラッコに食い尽くされるのでウニが採れない!と漁師からは不評です。

しかしラッコがいなくてウニが増えると、今度は昆布がウニに食い尽くされてしまうので、ラッコがいることで昆布が守られているという面もあります。

スポンサード リンク



ラッコの子育て

ラッコの子育てについてご紹介します。ラッコのお母さんは、子育てに命がけになります。

子育てには多大なエネルギーを使うのです。なので、ラッコのお母さんは赤ちゃんラッコのいないメスと比べると2倍もの餌を食べていて、さらには14時間も餌探しや餌を食べるのに費やしています。

ラッコの多い地域では、餌の奪い合いで生存競争が厳しいようです。癒し系な見た目のラッコですが実はかなりハードな生き方をしているんですね。

餌が不十分で痩せてしまうお母さんラッコは、病気にもかかりやすくなります。

そのため赤ちゃんラッコを育児放棄して産まれたばかりでも捨ててしまうお母さんラッコもいるようです。赤ちゃんラッコにお乳を与えるというのはなかなか大変なことなんですね。

早々に乳離れさせるお母さんラッコもいて、ラッコの子育ては厳しいもののようです。

種の保存という点においては、自分の命を再優先することでまたいずれ別の時期に赤ちゃんラッコを育て上げられる機会も巡ってくると考えるのでしょう。

スポンサード リンク



最後に。ラッコの生態

ラッコの生態についてご紹介しました。

・ラッコといったら、貝殻と昆布が必須アイテム。

・魚を捕るのは下手でもっぱら貝やカニやウニを食べている。

・お母さんラッコは子育てが大変。

こんなところですかね。

海中を気ままに漂っているイメージのあったラッコですが、ラッコの生態は思いの外厳しいものでもあるようですね。

スポンサード リンク



シャチの知能について〜最強動物のシャチは高い知能がある!

シャチの知能についてご紹介します。

自然界において敵無しのシャチですが、その秘訣は身体能力の他にも高い知能があるからだと思われます。

人間にとっては海中生物の中ではサメが一番最強な存在かもしれませんが、サメはシャチの捕食する対象であり餌になります。

たとえ体の構造的に優れていても、知能が高いからこそシャチはいろいろな海中の生き物を捕食できるのです。

そんな知能の高さを伺わせるシャチの行動についてご紹介します。

スポンサード リンク



シャチの知能の高さは群れでの狩り

シャチの知能の高さ1.群れで暮らす社会的な生き物である。

ただでさえ強いシャチなのに、群れで行動するのでシャチの群れに狙われて無事でいられる生き物は少ないでしょう。

狩りの技術に関してシャチは最強です。群れでのチームプレイによる狩りや奇襲などを行います。

狩りの仕方から知能の高さが伺えるのでご紹介しますね。

■氷板に逃げたアザラシを狩るために、群れで海上に波を起こしてアザラシを海中に落とす。

■罠も仕掛ける。捉えた魚を吐き出し、海鳥をおびき寄せてから海鳥を捕食する。

スポンサード リンク



シャチの知能の高さ2.分別をわきまえている

シャチは、獲物を乱獲したりしないのも知能の高さを感じさせます。獲物を必要な分だけ捕食するので海中生物の食物連鎖の頂点に立つシャチですが生態系が崩れることがないのかもしれません。

まあ、たくさん獲ってもどこに保存しておくこともできませんから当たり前といえば当たり前。地上のモズとかリスとかは餌を多めに取って溜め込むこともありますね。

しかし、シャチは獲物の乱獲はしなくても、シロクマなど大型動物の絶滅危機というのは実はシャチが関係していると言われています。

スポンサード リンク



シャチの知能の高さ3.強い復讐心を持つことがある

人間に、群れの仲間を捕獲されたりすると根に持って一週間も漁業を邪魔してくることがあります。

その漁師の体験談です。

「偶然シャチの子どもを網にかけてしまって、船の左側から網を引き上げていると、船の右側から強い視線を感じた。見ると、シャチが海上にすっくと立ち上がって船の乗組員たちを覗き込み恐ろしい気迫で睨んでいた。あわてて漁場を離れたよ。」

そんなシャチに攻撃されずに無事で済んだなんて…そう思ったのですが、不思議とシャチが人間を食べたなどの事故はこれまでに起こっていません。

サメはよく人を襲いますが、シャチに関する事故は無いのです。シャチは人間を不味そうだと思っているのかもしれないし、人間とは共生関係にあろうとしているのかもしれません。

ここもシャチの知能の高さが伺える点です。

シャチは超音波によって対象物がどのような内容物か、形状かまで判断することができます。その精度は驚くべきもので、数ミリ間隔に置かれた2本の糸すらちゃんと認識したりしているといわれています。

それで、人間は骨っぽくて脂肪が少なく不味そうだと思っているのかもしれないですね。

そして、シャチは無駄な戦闘をせず、無駄に食べ物を乱獲することはしないので、人間を捕食することはないのかもしれません。

スポンサード リンク



シャチの知能の高さ4.食の好みにこだわる

シャチは食の好みにこだわりがあるようで、個体差によっても好きな餌が違うと言われています。

シャチは魚や海鳥、ペンギン、アザラシ、シロクマ、サメ、イルカ、クジラなどを捕食しますが、その中で好みの餌がそれぞれ違うんですね。

グルメなシャチだからこそ、人間を好むシャチがいなくて、人間がこれまで無事でいられたのかもしれません。

スポンサード リンク



シャチは知能のみならず身体能力も抜群

シャチは知能が高いばかりでなく身体能力にもすぐれています。体の大きいのがシャチの武器でもあります。しかも泳ぐのがとても速いです。

ちなみに、ジョーズで出てきたホオジロザメとの比較ですが…。

ホオジロザメは最強のようなイメージがありますがシャチのほうがホオジロザメの5倍程も体重が重く、泳ぐ速さもホオジロザメより2倍も速く泳げます。

スポンサード リンク



シャチの知能は高かったまとめ

シャチの知能の高さについてご紹介しました。

シャチは体格や泳ぐスピードも海中生物最強クラスですが、シャチは知能の方も高かったのですね。

知能を使って賢く狩りをするところはさすがです。キツネも賢くて狩りに関して上手いですがシャチも狩りが上手なんですね。

恐ろしい脅威になりえるシャチですが、幸い人間とのトラブルはないということで良かったです。

スポンサード リンク



綺麗な魚一覧!綺麗な魚を6つ厳選

今回は、綺麗な魚を6つご紹介します。

綺麗な魚は観賞魚として飼育するとかなり癒やしになりますよね。

綺麗な魚といっても、混泳に向かないものもありますから、綺麗な魚をいっぱい水槽に入れて飼いたい!と思っても飼育するとなるとその魚の性質も考えなければなりません。

それは置いておいて、綺麗な魚は画像を見ているだけでも楽しくなるものです。

綺麗な魚を6つ選んでご紹介します。

スポンサード リンク



綺麗な魚一覧

シクリッド

シクリッドというのはカラフルな綺麗な魚です。黄色とか、水色とか、何色か揃えて水槽に入れたくなります。

混泳には、正直なところ不向きな魚です。残念ですね。

メタリックみたいに、というか千円札とかのキラキラ光っているところみたいに光った模様が浮き出てとっても綺麗な魚だから、何匹もたくさん水槽に入れて飼育したらすごく綺麗なアクアリウムになりそうですよね。

5匹くらいまでは混泳させられます。

クイーンエンゼル

クイーンエンゼルフイッシュは、黄色と水色の色のコントラストが綺麗な魚です。

エンゼルフイッシュはそもそも綺麗な魚ですよね。しかし、クイーンエンゼルフイッシュは特に色が鮮やかで黄色に水色の縞模様が良く映えます。

スポンサード リンク



サザナミヤッコ

サザナミヤッコは、茄子みたいな夜空みたいな濃い紺色の胴体に、紫や白色の縞模様がさざなみ模様みたいに付いている綺麗な魚です。

ただし、サザナミヤッコの綺麗な体色は、幼魚の時のみ。成魚になったらその綺麗な模様は消えて地味な色の魚になってしまいます。幼魚の頃だけの醍醐味ですね。

インディゴハムレット

インディゴという名前の通り、濃いブルーの体に明るい水色の模様が入っている綺麗な魚です。

あと、目が大きめのつぶらな目で黒くてツヤっとしていてギョロっとしています。目が可愛い魚だなーと思いましたです。

スポンサード リンク



ヨツメクラゲ

ヨツメクラゲは、日本で最も多く見られるクラゲですが、傘のお花模様みたいな4つの目みたいにも見える模様が綺麗ですね。

透き通っていて模様が光るところもいいですよね。ところでクラゲは魚のうちに入るのでしょうか?綺麗ならいいですよね。

フタイロハナゴイ

フタイロハナゴイというのは、なんとも綺麗な魚です。

色がとても綺麗で、金魚みたいな黄色〜オレンジの胴体で、胴体の下のほうが淡いピンクっぽい色になっていて、さらに魚のヒレの方の縁のほうが青紫色で、フタイロハナゴイの輪郭を青紫色の発光色が縁取っているみたいな感じです。

更に詳しく言うなら、背びれと尾びれの縁取りの色は青紫色で、下の方のヒレは薄い水色です。

透明感があって、なんとも綺麗な魚ですよ。しかし、画像によっても「綺麗だなー」と感じる透明感のある魚もいますが、「あれ?さっきのフタイロハナゴイとだいぶ違う?」というようなのもいます。

個体差もあるようですし、水槽の環境とかカメラにもよるのでしょう。もしかしたら、買ったフタイロハナゴイが画像で見たフタイロハナゴイとは違うなーと期待はずれに感じるかもしれません。

スポンサード リンク



まとめ!綺麗な魚

綺麗な魚について6つほどご紹介しました。

綺麗な魚というのはまだまだあることは間違いありませんから、図鑑を買ったり、ペットショップやネットショップを覗いてみたりして探してみるのも楽しみになりそうですね。

私もこれから更に綺麗な魚をもし見つけたら、また記事にまとめたり追記したいと思います。

追記:ネオンテトラとかも定番ですが綺麗ですよね。
では、以上綺麗な魚についてでした。

スポンサード リンク



かわいい魚一覧!かわいい魚を飼育しよう

かわいい魚をご紹介します。

せっかく魚を飼うなら、自分好みのかわいい魚を飼いたいですよね!

日本だけでなく世界各国原産の、珍しいかわいい魚を確認して行きましょう。

ピンポンパール

ピンポンパールというのは、金魚みたいですがお腹がピンポン玉みたいに丸く膨れていて丸っこい物好きの人にはたまらない魅力がありますよ。とってもかわいいお魚です。

中国原産のピンポンパールというお魚は、まるでフグが膨らんだ時みたいな感じでかわいいです。

フウセンウオ

フウセンウオというのは、丸っこいオレンジ色の体に、ぽけーっとした顔のかわいいお魚です。色はまるでグミキャンディみたいに透き通って程よい透明感があります。

あまり泳ぐ姿は見られず、置物のようにじーっと石にへばりついていたりします。

小さくて丸っこいお魚が好きな人に、フウセンウオはおすすめです。とってもかわいいのですでにかなり人気になっていますよね。

ダンボオクトパス

オクトパスという通りタコです。でも、ちょっと不思議な可愛さがあるんです。

どこがかわいいかというと、宇宙人みたいな見た目です。賛否が分かれそうですが、好きな人は好きだと思います。女性より男性が好みそうなかわいさのある魚です。

ジョーフィッシュ

黄色くて、目は青くて、ボケッとした表情がなんともいえないかわいい魚です。

体は丸っこくないです。細長くて白い体をしていますが、隠れ家からひょこっと顔出してる系の魚です。

カクレクマノミ

ニモでお馴染みのカクレクマノミです。海水魚。

色が綺麗で、サンゴに隠れる姿が人気があります。

ライトアップすると、体がいい感じに透き通ってとっても綺麗ですよ。

サンゴ恐怖症な人には無理そうですが…。

スポンサード リンク



ブルーグラスリボン(グッピー)

グッピーというお魚は、熱帯魚の代表格です。グッピーというのは品種改良も盛んに行われていて、ブルーグラスリボンというのが特に人気です。

尾びれと背びれが、綺麗な水色で黒?藍色?のドット模様が付いているんです。

魚というよりかわいい子供服着てるみたいなかわいいお魚ですよ。

ドイツイエロータキシードリボン(グッピー)

またグッピーですが、こちらも人気の品種なんですよ。

タキシードうんぬん言ってますが、尾びれはまるでバレーのチュチュを着ているみたいな感じ!という印象が第一印象でした。

ライトが当たると透けてすっごく真っ白に光って見えて神秘的で素敵です。とてもかわいい魚ですよ。

金魚

最後はやっぱり、日本に一番馴染み深い金魚でしょうか。

金魚のヒレは、着物をまとったかのような優雅さで美しいですよね。

金魚すくいの金魚は、細長く小さいところと、真っ赤な色がとても可愛らしく見ていると元気が出てくるようなお魚です。

大きくなると、なんか色も薄くなってしまってあまりかわいいと感じられないという人も。

そんな人には、琉金という金魚をおすすめします。大人になっても色が鮮やかな金魚です。

キャリコワキンという品種の金魚は、模様が黒と黄色?金色?と白のまだらでなんだかとても綺麗なお魚ですよ。

桜コメットという、アメリカ原産の金魚も尾びれが長くて優雅で、体の一部が桜色で綺麗ですよ。かわいいというか優美で綺麗な金魚。

まとめ!かわいい魚

かわいい魚について一覧でご紹介させていただきました。

気に入った魚はございましたでしょうか?私はグッピーとフウセンウオがツボでした。

丸っこい魚は見てて和みますし、ヒレが優美で綺麗な色の魚もかわいいですよね。

気に入ったお魚を是非家で素敵に水槽をレイアウトして飼ってみてください。

スポンサード リンク