ホウセンカのうどんこ病にしっかり予防と対策する方法

ホウセンカは野草ですね。しかし、
うどんこ病になることもあるのです。その原因は主に2つあって、対策は農薬と、他には予防のためにしておきたいことがいくつかあるのでご紹介します。子供の頃から親しんだ人も多いであろう植物。別に野菜と違って食べるものではなく観葉植物みたいなものだから、体に悪い農薬使っちゃっても構わないですね。八重咲き品種を見つけたのですが、思わず育ててみたくなるほど、とてもかわいいですよ。

花はおよそ4センチと小さめ、草丈もあまり高くはありません。赤やピンク、白のフリルのようで美しいですね。

スポンサード リンク



ホウセンカに効く
うどんこ病の農薬

まずはこれ以上、他の葉に蔓延しないための対策を施していきましょう。すでに感染しているところを切り取るのが一番先にすべきことです。

それはしっかり菌を消毒した園芸の道具で行うよう気を付けましょう。なぜならば、原因になる特定のカビとかウイルスがいるのかは分かりませんが、なるべくホウセンカに負担を掛けないためにです。雑菌と戦うと、
うどんこ病ではなくても少なからず消耗してしまうものです。特に体調の悪いときに切り傷でも作ってしまうと、一段と具合がおかしくなります。

細胞が、修復のためにタンパク質だのビタミン、ミネラルなどを使って忙しく働いていたり、侵入した微生物と戦うために免疫が稼働しているのかもしれません。

まあそれはさておきですね、取り敢えず農薬を散布しましょう。リンゴを収穫するにはたくさんの種類、それこそ何十も使ってやっと病害虫から守れるというものみたいです。

スポンサード リンク



しかし、ネットで通販のショップを見てみると、結構広範囲にネキリムシやらコナジラミ、ハダニ、
うどんこ病など効くものもあるように思えます。

なのでどれか一つ購入して撒布しておけば、取り敢えず観葉植物やお花の
ホウセンカくらいは充分健康に育つでしょう。そして、忘れてはならないのが目や口を保護することです。

買ってすぐそのまま
うどんこ病に使って良いスプレータイプもありますが、容量が少なそうでお得感はあまりありません。手軽さは製品の中で一番ですけどね。

自分で調合しなければならないのもあって、その場合は跳ねて眼球を痛くしないように、
ホウセンカに撒く時にはゴホゴホむせるのを防ぐために農薬用のマスクを装着するのを忘れずに。

手袋もしたほうがいいのではないですか。肌の荒れている人、皮膚が薄いとか乾燥している場合は特に。キメが荒くなってしまうとバリア機能が衰えて体に悪い成分も浸透しやすくなってしまいますからね。

スポンサード リンク



蚊とかハエに使う駆虫スプレーを使った時でも、その部屋にいると空気が汚れてしまって鼻を手で覆ったり、吸い込みたくないので呼気が変になります。

防ぐにはどうするのか

うどんこ病は、菌やカビみたいなのに感染することによって起こるんでしたよね。ですからあらかじめお世話で心得ておきたいのが、
ホウセンカをカラッと過ごさせるということです。

人間にも水っぽい体質の人は暗いとかしつこい、ネガティブ、あるいはロマンチックという側面もありますが、そのような特徴にどうしてもなりがちです。

インドの医学的にも、他に火と風があることが知られていますね。討論好きだったり争いがち、イライラしている、オープンで明るいとか。クールでさっぱりしている、神経質などの心は体質にもよって変化するものです。

そしてそれは食べるものや環境によって、あるいは天候などが左右しています。だいぶ関係ない話をしてしまいましたが、ジメジメとした空気はなんだか重たくて洗濯物が雑巾みたいなニオイを発したりしていて嫌なものですね。

カビは梅雨を喜びますし、ダニとか菌もそうです。
うどんこ病にかかりやすいのはひょっとして6月頃かもしれません。人工的に湿りすぎになるのは水やりによるものです。基本は表土の具合を確かめてから。

気温によって蒸発の早さが違いますからね。夏は頻繁に、冬は減るのが普通です。といっても一回につき、鉢の底からはみ出るくらいに気前よくという常識は守ってくださいね。なぜならば、
ホウセンカの根が出す老廃物とかを追い出すためと聞いたことがあります。

スポンサード リンク



スミレの花の育て方〜春の花〜

スミレの花は、春の5月頃が見頃の花です。

スミレは野草でもよく見られますが、濃い紫色や薄い紫色が綺麗ですよね。実はもっとカラーバリエーションがあり、白やピンクのスミレもあるようです。

そんなスミレの花の育て方についてご紹介します。

スミレの育て方〜春の花〜

水やり・肥料

スミレの水やりと肥料についてです。

スミレを鉢植えにした場合は、土の表面が乾いてから水やりを行いましょう。

水やりは、基本のことですが必ず鉢の底から水がたっぷり流れ出るまで水やりしましょう。

なぜなら、根が出す老廃物を押し流したり、水の中の酸素を根にたっぷり届けるためです。根にまんべんなく水が行き渡るように、水やりするときはたっぷり行いましょう。

肥料は、鉢植えにしたスミレなら液体肥料を薄めて月に二度与えましょう。ただし、花が終わって夏になってから秋までの間です。

庭の地面に直接植えたなら、緩効性の肥料を秋に株元から少し離して置きましょう。

ただし、肥料の与え過ぎは窒素過多で花が咲きにくくなるので注意しましょう。

種まきをしても発芽しない!?

スミレの種まきをしても発芽しないという問題について、完熟種子という、遅くに収穫された種子は一度寒い時期を過ごさないと発芽しません。

なので冬を過ごせばこぼれ種からも発芽するでしょう。しかし、完熟種子を春に購入して種まきするという場合は、一度冷蔵庫で湿ったティッシュに包んで1ヶ月くらい置いてから種まきしないと発芽しないみたいです。

しかし、それが無理ですぐに発芽させたいなら未完熟の種子をまきましょう。早くに収穫された種子ですね。

土壌は、酸性土壌では育たないでしょうね。なので、中性くらいに土を整えましょう。苦土石灰がアルカリ性なのでph調整に向いています。腐葉土を3割ほど混ぜたり、肥料も混ぜこんでおきます。

市販の培養土なら、パンジー用か野草用の土が良いですよ。

スポンサード リンク



スミレの生育が悪くなったら害虫かも

スミレの根っこを弱らせる害虫がいます。ネコブセンチュウという害虫です。

スミレの根っこを弱らせるということは、土の中にいます。なので見た目では気が付きにくいです。

スミレの根っこにネコブセンチュウがいるかもしれないので、もしスミレの生育が悪くなってきたな〜と気が付いたらスミレの害虫駆除を行いましょう。

といっても、ネコブセンチュウ駆除の農薬は、スミレに使うと違法になるそうです。スミレは対象植物に入っていないとかなんとか。

でも、いずれにしろすでにネコブセンチュウにかかってしまったスミレには、使い方が難しいようです。

なので、種からまた育てるしかなさそうですね。予防のためには、マリーゴールドと寄せ植えすると良いそうです。コンパニオンプランツというやつですね。

それから、予防のためには理想的な有機物がたくさん入っている土であることが大切なのだそうです。有機肥料を混ぜ込むと良いでしょう。

また、鉢植えにしてもネコブセンチュウという虫は、スミレの根に取り付くようなので地植えでも鉢植えでもあまり効果は変わりません。

予防のためには、土を整えることと、マリーゴールドと寄せ植えすると良いでしょう。

まとめ!スミレの花の育て方

スミレの花の育て方は、初心者でも意外と簡単ですね。地植えにしたスミレなら、野草として見かけるくらいなので放っておいても自然に育ちます。

あまりお庭の手入れをする暇がないという人にもスミレのは手がかからないのでおすすめのお花です。

スポンサード リンク



オジギソウ(ネムリグサ・ミモザ・羞恥草)の育て方

オジギソウは、葉っぱを触ると葉っぱがゆっくり閉じていくのが面白くて、子どもにも人気のある植物ですよね。夏休みの自由研究にも良さそうな植物です。

ところで、オジギソウの葉っぱの先を触ると、先から順に一枚一枚ドミノ倒しみたいに閉じていくのをご存知ですか?葉っぱの真ん中らへんを触ると葉っぱ全体が一気に閉じますよね。

子供の頃は葉っぱが一気に閉じるのしか見たことがなかったのですが、最近youtube動画で端から順番に閉じていく動画を見つけました。面白かったのでぜひ探して見てみてください。そしてオジギソウを植えたらぜひ真似してやってみてくださいね。

オジギソウは、別名をネムリグサや羞恥草、ミモザなどと呼びます。ネムリグサとは、夜になると葉を閉じるオジギソウをぴったり言い表していますね。羞恥草も、触ると閉じるところが恥ずかしがっているように見えることから名付けられたのでしょう。

では、そんなオジギソウの育て方について確認して行きましょう。

スポンサード リンク



オジギソウの育て方

水やり・肥料

オジギソウの鉢の土の表面が乾いていたら、水やりしましょう。庭の地面に植えたオジギソウは、普段は水やりの必要はありません。よほど雨が降らなければ、乾燥してしまうので水やりしてください。

鉢植えのオジギソウは、夏は朝と日暮れ、一日二回の水やりが必要になります。日当たりの良い場所だと特に乾燥しがちになります。

肥料は、あまり与えなくても大丈夫です。もし追肥するとしたら、ゆっくり効くタイプの肥料を少し追肥するといいでしょう。

あまり肥料を与えすぎると花が咲きにくくなるので、肥料の与えすぎの方に注意してください。

スポンサード リンク



種まき

オジギソウの種まきは、育苗用ポットや箱、地面などにバラまいて、適度に間引きしながら育てましょう。

苗が大きくなって本葉が何枚が出たら他の場所に植え付けて定植してくださいね。

鉢植えなら、土は赤玉土と腐葉土を七三くらいに配合した土を利用しましょう。

地面に直接植える場合も、酸性土壌ならph調整をして、肥料もある程度混ぜこんでおきましょう。肥料は化学肥料で良いですが、有機肥料なら完全に肥料を発酵させてから種まきや苗植えを行いましょう。

スポンサード リンク



植え替え

オジギソウは、植え替えしないほうが良いです。根が弱いので、植替えせずにずっと植えたまま。もし植え替えるとしたら根をなるべく触らずに、鉢から取り外した株をそのまま植え替えしましょう。

まとめ!オジギソウの育て方

オジギソウは、指で触ると葉を閉じるのが面白いですが、あまり何回もオジギソウで遊んでいると株が弱ってしまいダメになってしまうので、程々にしましょう。

オジギソウは、夜になると葉っぱが自然と閉じますよね。あれは日光のない夜のうちは光合成の必要がないので、葉から水分が蒸発するのを防いでいるということです。

植物は、葉から水分を蒸発させますからね。葉がたくさん育ってきたら水切れも早くなるので乾燥させて枯らさないように注意しましょう。

スポンサード リンク



ネギの花は取る?ネギ栽培の方法

今回は、ネギの栽培方法についてご紹介します。

ネギの栽培は、まず種をまくところから始めますよね。ネギの種があるということは、ネギにも花が咲いて実ができるということです。

スーパーに売っているネギの姿からは、花が咲くなんてちょっと想像しにくいですよね。しかし、ネギはまんまるのボールみたいな白い花を咲かせます。

小さな小花が集まってふわふわのまるい花が咲くので、その姿が坊主頭に似ていることからネギ坊主と呼ばれています。

そんなネギ坊主は、実は開花の少し前に摘んで食べるととても美味しく食べることができるという評判です。

ネギをしっかり育てるためにも花は取る必要がありますね。

ネギの栽培方法を、種まきの段階から、水やり、肥料、土寄せ、収穫まで詳しく確認して行きましょう。

スポンサード リンク



ネギの栽培方法

土作り

ネギの栽培に適した土壌は、弱い酸性〜中性です。連作障害はないので連作できる野菜ですよ。

土作りは、野菜用の土を買ってプランターで育てても良いですし、畑の場合はph調整のために種まきをする2週間くらい前から石灰を1平方メートルに100グラムくらいの割合で混ぜ込みます。深く耕しましょう。

その後1週間したら肥料を混ぜ込みます。畝も作っておきましょう。追肥は、種まきの後は1ヶ月ごとです。

寒い時期はマルチやビニールで保温しましょう。

種まき

種は、パラパラーっとスジまきにします。土を薄くかぶせて手で抑えてから水やりたっぷり行いましょう。

そうして芽が出てきて6センチくらいに成長したら、1.5センチ間隔になるよう間引きし、さらに10センチくらいに育ったら3センチ間隔くらいに間引きしましょう。葉ネギの場合で、深ネギなら5センチ間隔くらいです。

スポンサード リンク



土寄せ

深ネギなら、50日くらいで一回目土寄せ、その後は3週間ごとに土寄せ、収穫40日前に最後の土寄せを葉っぱの密集しているところまで土寄せです。

土寄せの時に追肥も行いましょう。しかし最後の土寄せでは追肥なしです。土寄せは、あまり高く盛らないように、6センチくらいに留めるよう気を付けましょう

追肥は、1平方メートルに50グラムです。

病気・害虫

薬剤を使う場合、ネギには薬剤が付きにくいという特徴があります。展着剤を使いましょう。べと病、さび病、アブラムシ、スリップス(別名アザミウマ)など付きやすいです。

スポンサード リンク



花は、ネギ坊主と呼ばれますが、そのままにしておくと実がなりネギの葉が固く枯れてしまい食べられません。

ネギ坊主は、咲く前に摘み取りましょう。そのままネギ坊主は食べられます。次の年にまく種を取りたいなら、その分のネギはそのまま花を育てて実がなるにまかせ、種を収穫しましょう。

収穫

葉ネギの場合は、50センチ草丈で収穫しましょう。50センチになったら、引っこ抜くか、ハサミで切ります。ハサミで切ると、また新芽が伸びてきて収穫できます。

深ネギは、白い部分が伸びたら、片方だけ畝を掘り、そちらに倒して抜き取ります。

スポンサード リンク



まとめ!ネギの栽培方法

ネギの栽培方法についてご紹介しました。

葉ネギか、深ネギかでだいぶ土寄せなど作り方が異なるみたいですね。

葉ネギのほうが簡単で初心者向きに思えますが、大した違いはないでしょう。深ネギを作るなら、ベランダでの家庭菜園なら深いバケツなどが必要になりそうです。

葉ネギはいつでも間引く感覚で収穫ができるので、ちょっと必要なときに取って使えますね。

スポンサード リンク



ニリンソウの育て方~植え付け時期・肥料・開花など~

ニリンソウは葉がトリカブトに似ていることで良く知られていますね。そんなニリンソウはイチリンソウの仲間の中でも育てやすさが特徴です。

2cmくらいの小さな白い花を咲かせるニリンソウは、耐寒性が強く比較的育てやすい花。

そんなニリンソウの育て方について植え付け時期や、肥料、開花時期などについてご紹介します。

スポンサード リンク



ニリンソウの育て方

土づくり・植え付け・株分け

赤玉土に腐葉土を7:3の割合で混ぜて土づくりをします。腐葉土は水はけや冬の霜よけに役立ちます。腐葉土は寒い地方であるほど割合を増やして配合してください。

植え付けは、株分けなら9月下旬、10月中旬くらいに行います。ポット苗の植え付けなら春でも大丈夫です。

プランターの場合は株でいっぱいにならないように一回り大きな鉢に植え替えしますが、もし大きさを変えたくないなら株分けしましょう。鉢から株を取り出して、古い土を大体落としてから新しい土を用意し植え替えます。

スポンサード リンク



水やり・管理・肥料・害虫

日当たりはあまりきつい日差しが当たらないところで育てましょう。葉焼けしてしまいますので直射日光を避けて半日向で管理します。

水やりは少し土が湿った状態になるように与えましょう。水やりしすぎも根腐れを起こしてしまいますが、乾燥には弱いのでプランターの表面が乾いているようなら水やりを忘れずに行いましょう。ただし、休眠中は水やりを控えめにします。土の表面が乾いたら水やりしましょう。

冬は寒さに耐えられますが、さすがに霜が降りると枯れるので腐葉土を敷いたり、プランターの場合は室内で冬を越させましょう。

夏はむしむしと多湿になりますが、多湿に弱いですから腐葉土を増やすことにより水はけ良く管理しましょう。風通しも良くすることを心がけてください。

肥料は花が終わったら置き肥を与えましょう。あるいは、芽が出て花が終わるまでの期間に液体肥料を週に一度与えます。

病害虫はナメクジに食害されることがあります。

スポンサード リンク



開花

ニリンソウは4月と5月頃に開花を迎えます。その名の通り、一つの茎に対して二輪の花が咲きます。ただし絶対に二輪とは限らず、環境や育て方によって一輪で咲いたり、三輪で咲いたりもします。白色の花で、花の裏側が時々赤みを帯びます。

ニリンソウはトリカブトに似ている?山菜取りで中毒に注意

花は似ていませんが、トリカブトの若い葉とニリンソウの葉っぱは似ているので、間違って食さないように注意が必要です。自分で育てる場合はなにも問題ありませんが、山菜取りに行く場合は気を付けましょう。実際に間違って食べて食中毒を起こし死亡した事件もあります。

ニリンソウは若い芽を山菜として調理すれば食べられますが、それぞれ現物を見て比べれば違いに気づいても、単独だけで判断すると意外と間違うこともあるので注意しましょう。

以上、ニリンソウの育て方についてご紹介しました。

野草の花も派手さはありませんが可愛い花を咲かせますね。春の開花を楽しみに大切に育てましょう。

スポンサード リンク



キクザキイチゲの育て方・花色・自生地・アズマイチゲとの違いなど

今回はキクザキイチゲの育て方についてご紹介します。

キクザキイチゲ、別名キクザキイチリンソウは日本原産の野草で、早春に自生しているのを見られるキクザキイチゲは、栽培を楽しむこともでき、ポット苗の流通もあります。

そんなキクザキイチゲですが花色は白~群青色、紫などいろいろな色の花が咲きます。

同じイチリンソウ属で間違えやすいアズマイチゲとの違いや、ユキワリイチゲとの違い、見分け方などについてもご紹介します。

では、まずキクザキイチゲの育て方から確認していきましょう。

スポンサード リンク



キクザキイチゲの育て方・植え付け

キクザキイチゲの育て方ですが、9月半ばから10月上旬にかけて植え付けをします。肥料も植え付けと同時に行い、花が咲く少し前の3月下旬から追肥を行います。

ポット苗が冬から早春にかけて販売されていますので植え付けましょう。鉢植えの場合も庭に直接植える場合も、木漏れ日のある環境が良いです。

キクザキイチゲの育て方、日光量の管理。開花するまで明るい日差しに当てて管理しましょう。花が終わったら日差しが柔らかい木漏れ日、風通しが適度で穏やかな場所に移します。直射日光は葉を傷めて次の年花が咲かない原因になるので花が終わったら適度に日陰があり涼しい場所で夏を越しましょう。

そして冬はマルチングで霜から守り、風の当たらない場所に置きましょう。

スポンサード リンク



キクザキイチゲの育て方・水やり

キクザキイチゲの育て方、次は水やりについてです。

一日一回、朝に水やりして、葉っぱなどが枯れるころから3日に一回くらい水やりしましょう。

また休眠中は土が常に湿り気があるくらいになるように水を与えます。ただし過湿は避けましょう。

庭に植えた場合は、乾燥が続くときは水やりが必要ですが、そうでない場合は雨が降るのに任せましょう。

キクザキイチゲの育て方で、水やりは結構コツがいるかもしれませんね。気を付けて土の湿度を管理しましょう。

スポンサード リンク



キクザキイチゲの育て方・肥料

キクザキイチゲの育て方、次は肥料についてです。野草ですからむしろ過保護な肥料は逆効果になるかもしれません。

キクザキイチゲの肥料は窒素の過剰に気を付けましょう。花付きが良くなるようリン酸、カリの多い肥料を使いましょう。植え付ける時に元肥としてゆっくり効くタイプの肥料を一株に数粒混ぜ込んでおきます。鉢の底に肥料を置いておきましょう。根に当たりにくいようにです。

また、芽が出始める3月頃から地上部が枯れるまでの期間、肥料を置いて2週間に一度液体肥料を追肥しましょう。

スポンサード リンク



キクザキイチゲの育て方・開花時期

キクザキイチゲの育て方の次に花の基本情報ですが花色は白、薄い水色、群青色、ピンクがかった薄紫色、紫色。開花時期は4月~5月です。

キクザキイチゲの花言葉は追憶、静かな瞳。

キクザキイチゲの自生地というのは、日本の本州から九州にかけて自生しています。野山ばかりではなくて人里にも自生しています。日陰になっている草むらなどに自生しています。

野草なので育て方もあまり神経質にならなくても強そうな植物ですね。

●アズマイチゲとの違い
同じくイチリンソウで、よく似ているアズマイチゲとの違いですが、アズマイチゲは花色が白一色で他の色はありません。

スポンサード リンク



白いキクザキイチゲとの違いは葉っぱがキクザキイチゲは細かく切れ込みがあって、アズマイチゲには切れ込みがないです。そしてアズマイチゲは葉っぱが下方向に垂れているというのが見分ける際の特徴です。

●ユキワリイチゲとの違い

ユキワリイチゲというのは、花の色は白で一見見分けがつきにくいですが、花粉の色は鮮やかな黄色であるという点がキクザキイチゲと違っている点です

キクザキイチゲも、アズマイチゲも花粉の部分があまり黄色っぽくなく、白やところどころ薄黄色ですが、ユキワリイチゲというのは花の真ん中がくっきりと黄色に色づいていますので、見分けがつきやすいです。

スポンサード リンク



キクザキイチゲの育て方まとめ

キクザキイチゲの育て方などについてご紹介しました。

群青色の花を画像で初めて見たとき、とてもきれいで名前を調べたのがきっかけでこの記事を書きました。

キクザキイチゲのような野草の花もとてもきれいで可愛い花を咲かせますね。

そして育てることもできるのが良いですね。野草ですがキクザキイチゲの育て方を参考にすればちゃんと花を咲かせてくれるでしょう。ぜひキクザキイチゲを育ててみてください。

スポンサード リンク



チューリップの開花時期・植え付け時期は?

今回は、チューリップの開花時期・植え付け時期についてご紹介します。

色とりどりで種類が豊富なチューリップは春の花の代表的存在ですね。チューリップをガーデニングで楽しんでいる人もたくさんいますが、初めて植えた時はなかなか花が咲かなくてやきもきすることも。

開花時期はチューリップの種類によっても若干違います。それぞれの開花時期について見てみましょう。また、植え付け時期などチューリップの栽培についての基本的知識についてもご紹介します。

スポンサード リンク



チューリップの開花時期

開花時期

チューリップの開花時期は種類によって異なります。

早咲き3月末~4月半ば
普通咲き4月半ば~5月
遅咲き4月末~5月

という具合です。

早咲きには「一年早咲き」「八重早咲き」
普通咲きには「トライアンフ」「ダーウィン・ハイブリッド」
遅咲きには「一重遅咲き」「八重遅咲き」「フリンジ咲き」「パー六と」「ブロークンチューリップ」などがあります。

ちなみに花を長持ちさせるには開花してからは半日陰で育てましょう。

スポンサード リンク



植え付け時期

チューリップの植え付け時期は、秋になります。9月~11月に植え付けましょう。5号の植木鉢に3つが目安です。土に、球根3つ分ほどの深さで穴を掘り、球根の頭を上にして植えます。土をかぶせて水を与えましょう。

ある程度寒い気温にさらさないと花が咲かないので、温かい室内に置いておいてはいけません。雨や雪に当たるところに置いておきましょう。

球根は、傷のないものを選び、盛った時にずっしりと重みがありふっくらして形の良いものを選びましょう。

スポンサード リンク



水やり

水やりはチューリップの場合はゆっくり水やりします。一気に水を与えると土が水分をしっかり吸えないまま流れ出てしまうので、数分時間をおいて何回か水やりしましょう。

プランターの底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やりします。花が咲かない冬の間は基本的に水やりは雨に任せますが、あまり晴れ続きで雨が降らないようなら様子を見て水やりしましょう。

ベランダなど雨の当たりにくいところに置いている場合は自分でしっかり水やりする必要があります。冬の間は葉っぱも何も出ていないので土の上が殺風景ですが、しっかり水やりを怠らないようにしましょう。

冬の間に水不足になると春になって花が咲きません。チューリップが綺麗なことで知られるオランダですが、オランダは非常に水に恵まれた土地です。チューリップは乾燥に弱いので水切れを起こさないよう注意しましょう。

チューリップの水やり頻度は地面やプランターの表面が乾いてから、たっぷりと与えます。土が乾く前にい与えると、過湿過ぎてチューリップの球根が腐りますので気を付けましょう。

スポンサード リンク



まとめ・チューリップの開花時期と植え付け時期

チューリップの開花時期や植え付け時期、水やりなどの基本の育て方についてご紹介しました。

チューリップがなかなか咲かない・・・と思っているなら、もしかしたら遅咲きのチューリップの種類である可能性もありますね。

また、冬の間に枯らしてしまって芽が出てこないという可能性もあります。冬の間の水やりは重要なので怠らないよう気を付けましょう。

スポンサード リンク



ピンクの花一覧と育てやすさ

ピンクの花が好きです。

同じようにピンクの花をガーデニングで育てたいという人のために、いろいろなピンクの花一覧と、開花時期や育てやすさなどをまとめました。

スポンサード リンク



ピンクの花一覧

アスチルベ

マゼンタのようなピンク色、薄いピンク色、サーモンピンクのようなピンク色などいろいろなピンク色の種類がある花です。

細長く伸びた穂に、たくさんの小さな花が集まって咲いています。開花期は春5月~夏8月にかけてです。

場所を選ばず幅広い環境に適応し、育てやすく、耐寒性が強いです。地表に出ているところは枯れますが根は残ったまま冬を越します。冬の寒さに当てた方が花の付きが良くなります。

夏の乾燥には葉水やマルチングが必要です。鉢植えやプランターの場合一年ごとに大きな鉢に植え替えしていきます。プランターの大きさを維持したい場合は株分けして増やしましょう。一株に3芽以上付けて分けます。

ゼラニウム

ちっちゃい花で、こちらもいろいろなピンクのバリエーションがあります。薄いピンクに花粉のところが濃いピンクになっているものや、花の中心が薄いピンクで縁が濃いピンクのものなど。

四季咲きで一年を通して花が楽しめます。真夏と真冬では花が咲かないこともありますが、開花時期が長いです。

乾燥に強く過湿に弱い傾向があります。雨にあまりあてないことが大切です。外なら軒下や玄関前がいいでしょう。水はけのよい日当たりのよいところで乾燥気味で育てる野がポイントです。

スポンサード リンク



ベゴニア

なんだかツヤツヤした質感の可愛らしい花です。初心者にぴったりの育てやすい花です。4月~10月に開花します。

暑さと寒さには弱いので夏は暑さを避け、冬は室内や温室で育てましょう。

色はピンク意外にも赤や白、オレンジ、黄色があります。いくつかそろえると華やかです。
花付きが悪い場合切り戻せば大丈夫です。古株は花が付きにくくなるので株元から切り戻し植え替えるといいでしょう。

種類豊富で、八重咲きもきれいですが一重咲きが丈夫で育てやすいです。

スポンサード リンク



アルメリア

長細い茎の先に、小さな花がたくさん集まって丸い球状に見える花です。とても可愛らしい花ですよ。花開花期は3月~5月で、ピンクと白の花色がある。

海辺に自生する植物なので痩せた土地でも育ちやすい野が特徴です。下葉がこんもりしすぎると蒸れてしまい腐ることがあるので株分けが大切です。毎年株分けしましょう。増やすには挿し木でも増やせます。

日当たりがいい場所で、風通し良く育てるのがコツです。水はけの良さも大切です。

ラナンキュラス

バラのようなボタンのような、でもちょっと平べったくて薄い花びらがたくさん重なり咲く華やかな花です。
球根で植えます。水はけがよく養分の豊富な土が必要です。日当たりを好みます。風通しも良い場所で育てましょう。

キンギョソウ

金魚がたくさん集まったような細長い一年草の鼻です。寒さに強く多少の霜や雪も大丈夫です。たくさんの品種がある野が特徴で、色はピンクのほか、赤、白、黄色、オレンジなどがあります。日当たり、水はけがよい場所で育てましょう。春から梅雨にかけてと、秋の年に二回開花します。

スポンサード リンク



カンパニュラ

5月~6月にかけて咲きます。開花期が短いのが残念ですが、釣鐘草という別名のある花で可愛い花の形をしています。
ピンク、白、紫、青の花色があります。電球のカバーの形でこういうのありますね。スズランを緒と細長くして上向きにしたような感じの花です。

ピンク色はとても薄い上品なピンクで、青は群青色のようなこれまた上品な色です。

マーガレット

こちらもとても可愛らしい花で、ガーデニングで人気があります。黄色い花粉に細長い花びらがたくさん集まって丸い形状の花を咲かせます。開花期は5、6、7月です。関東よりも南なら外で冬も越せます。

霜に当たると枯れるので軒下などがいいでしょう。寒い地域では日光がたっぷり当たる室内で育てましょう。夏は日陰で、春と秋は日に当てて育てましょう。

過湿は苦手なので乾燥気味に育てましょう。夏は成鳥がストップするので水やりはしません。意外と育てるのが難しいといわれている花です。

スポンサード リンク



まとめ・ピンク色の花

ガーデニングでも楽しめるピンク色の花をいくつかご紹介させていただきました。

このような花もいいですが、定番のチューリップなんかもきれいですよね。この記事のアイキャッチ画像もチューリップですが、とても綺麗なピンクで癒されると思いませんか?

スポンサード リンク