氷を飲み込むのが好きってピッタとか癌かもしれないの(疑問)

氷は冷たい、そして体を冷やす効果や喉を潤す作用をするわけですよね。やたら飲み込みたがるのは、炎症体質なのかもしれないです。例えばスパイスや肉など火の性質が高いものばかり食べているから中和しようとしているとか癌であるなどの可能性も否定できません。

やたら、氷に執着したり大根おろしを求めることがありました。今ではその症状は消えているので一過性のものでした。単純に喉が渇いているというのもあった気がします。

ところで、製氷機って生臭いですよね。なぜか家のは不味いなあと考えていました。魚とか肉の香りが移ってしまうのかもしれません。まあどうでもいいですね。おそらく100円ショップとかに販売している蓋付きの、凍って完成したらバキバキねじって落とすやつなら大丈夫な気がします。そこまでの熱意がないので試していません。というより目の細かすぎるタイプを使ったらほとんどくっついたままで握力が弱いのか知りませんが駄目だこりゃと諦めたような記憶がおぼろげながらあるような。

飲み込むのが好きなのは蛇みたいですね。卵をごくりと丸呑みするではないですか。チューイングとかいって太りたくないから味だけ楽しんで吐き出す人もいますけど、全然満足感が無さそうです。喉に味覚でも付いているのかと疑りたくなるくらい、食道を通っていく時の心地が良いですよね。癒やされます。

それで、自分はリーキーガットぽくて炎症が起こりやすいのですが久しぶりにマルチビタミン摂取したら足の辛さがスーッと引いて寛げました。Cが活性酸素を鎮め、AやB6がタンパク質合成などで腸粘膜をちゃんと修復し細菌の漏れを阻止して体内で起こっていた争いが落ち着いたのかもしれません。

氷を渇望するというのも収まりました。多分ガンになりやすいですよね、リーキーガットは。あと、酸っぱいものを美味しくて素晴らしいと感じたり黄色い何かを見ると嬉しくなる時はビタミンが不足しているかもしれません。

ツノガエル様がお便秘になられたでごじゃいますか?

浣腸、下剤、ウォッシュレット、ヨーグルト、マッサージなど我々の便秘に対しては解決する方法がたくさんあります。もしかしたら乳酸菌ゼリーが改善に良いかもしれませんよ。お腹がやや酸性寄りになると蠕動運動が働き出して便意が来ますから。アクシズというのは様々な動物や虫に使えます。甘いと体に悪いのではという疑惑が浮かんできますが…まあべんぴに試してみてはどうでしょう。

その乳酸菌を販売している「トロピカルワールド」というところは他にもたくさんペットの製品を扱っていて小型の水槽でアクアリウムが楽しめるようなのも販売しています。画像を鵜呑みにするならミニサイズのエンゼルフィッシュみたいな品種とか、いるんでね。幼体ではなくて成長しきってこのコンパクトさは珍しいのではないでしょうか。製品名はテトラハーフムーンアクアリウムというやつです。円柱を真っ二つに割ったみたいな素敵でオシャレな見た目で、ledライトで2種類の演出ができます。昼間みたいな灯りと、日暮れか夜明けみたいな色です。でも説明には月光をイメージと書いてあったような気がしますが、実際の現実世界ではオムレツみたいに黄色いのしか見たことありません。ツノガエルも良いけど、綺麗な水に泳ぐ魚も見ているとヒレの動きとかパクッと開く口に癒やされます。フィッシュはおちょぼですがカパッとした豪快な両生類と似ている点ですね。

Amazon、ヨドバシカメラ、楽天、ヤフーショッピングなどで販売しています。何処のネットショップが好きと言えますか?私はRakutenは画像多く説明丁寧だけどページが表示されるのが重くてちょっと急いでいる時にイラつきます。アマゾンはポイントの還元が少ないのが残念です。発送はスピーディーで確実ですけどね。ヨドバシはちょっとした安いものを1点の買い物でも送料無料が嬉しいです。ポイントも多くて助かります。ヤフーショッピングはいちいち店舗毎の住所登録が面倒くさいイメージがあります。それに懲りてあまり使いません。

ツノガエルのお腹を時計回りにスリスリしてあげたりも排便ができるようになるかもしれません。あとはエサが少ないかも。あんまり食欲ないな〜と思ったらメダカとかもあげてみてください。こっちの方が美味しいらしいです。便秘は酷くなると亡くなるかもしれません。毒素が充満して大変ですから。遊び心で出そうになっても我慢してしまう個体もいるかもしれません。動物は本能に忠実だからそんなことは無いでしょうか。インコは溜めフンをやりますけどね。巣を守っている時。文鳥もカワイイ〜ですよ〜。

ツノガエルは脱皮が数日毎の頻度でも異常や失敗じゃないのか

ケロケロ!カワイイ両生類を飼っている人が見ることの多い脱皮。蛇みたいにはっきり殻みたいなのではなくて、薬に浸けて足の古い溜まった角質を剥がす時みたいな感じだけど…。←汚い表現失礼!
ツノガエルの皮膚も活発になると本当に毎日のようにふやけかかってピラピラしている。

背中とかはガビガビして大丈夫かや、と心配になることもあるかも?あまり高温でも冬眠の逆で猛暑に備えるために膜を作り出すらしい。繭みたいなね。その保湿作用でどうにか夏を乗り越えるのかもしれない。

乾季に、日本でもかなり過ごしにくくなるけど、もっと赤道に近い南国では酷いことになるんだろうと予想される。インドとかオーストラリア?大陸ではなく小さな島とかも。

季節なんてあるのかな?日本のみではないかと意外に思ったりしたけど、4パターンもあるのが特殊で珍しいから2くらいはむしろ普通にありふれているのかもしれない。ざっくり言って暑いか、少しそれが和らぐか。

雨に恵まれて湿度が高くなるか、乾燥してしまうみたいな違いなのかもしれません。それでカサカサになって干涸らびそうな時期にはカエルの卵に戻ったみたいに膜で自分を保護し、そのシェルターで眠るということですね。

だからヒーターを使い過ぎて熱すぎになっていないかも要注意。やけに脱皮するな〜失敗なのか?と思ったら水質改善とかも大切。ちなみに、国内ではどうか知らないけど、カタツムリなどにも同じ籠もる現象というか生態があるらしい。

習性か。海外のでんでん虫は大変そうだなぁ。あとは、肺魚もだといわれている。なんだろう、変な名称だけどカワイイのかな、ペットとして飼える?今度調べてみよう。とにかく、今回の話題はツノガエルが結構盛んに脱皮するということで、頻度が多すぎ!なんか病気かもと考えてみても実はそうではない場合もあるということ。おわり。

最後におまけ。熱帯に分布している珍しいエキゾチックアニマルを紹介しますよ!
【アカマクトビガエル】
朱色みたいな、ちょっと不気味なカラーが特徴的な痩せ型で、水掻きが大きくモモンガよろしく、木から跳んで空をスイーッと移動するらしい。体が薄っぺらいからできる技。でっぷり、ドッシリ太った遺伝子の例えばヒキガエルとかが真似したら確実にアウト。もし実行したら失敗してふかふかな森の地面にベチャッと落ちて潰れるだろうけど、なるべくなら面白くボールのように弾んでほしい。
日本人が見たらキレイ〜と感動しそう(両生類が苦手なら毒々しい色に悲鳴が出るかもしれない)だけど、現地ではありふれている。それこそ鳩やスズメのように?

ベンガル猫の模様変化

かわいいベンガル子猫の背中に人の顔に見えなくもない模様が浮かんでいて面白いなぁという感想が浮かび上がりました。

縦に細長くて鍵状…ちょうど」←こんなカッコみたいな感じになっているのが鼻で、横長に短めなのが口みたいに配置されていてですね。

なんか芸術的な女性の肖像画に見えなくもないぞ、いや流石にそれは無理があるけど連想しなくもないと思って…まぁどうでもいいですね、そんなこと。

そんでその模様が変化していくのが生後1ヶ月から4ヶ月?ファジー期とか言うのがあってそれが終わるとそのベンガル猫の個体の持つ柄が出て来るというわけです。

ですからそのちょうど本来の個性が隠れやすい時期にペットショップやブリーダーから選ぶとしたら、ちょっとコツがいりますね。でもどれもかわいいですからハズレはなく問題ないですけど。

茶色く輪郭が曖昧になっているのは消える可能性が高いです。黒い縁取りがあるかどうかをチェック。それは残るでしょう。




何しよっと?はかわいい

「なんばしちょっとかね?」とかはオバちゃんっぽいけど、これのもうちょいソフトな表現が

何しよっととか、なんしよーと?なんでして、これは博多なんですってね。そして女の子が言うと謎に可愛いと定評があるようです。

個人的に好きなのは「〜だに」という語尾で確か赤塚マンガにも登場していたような。あれは方言としてだったのかは良く分かりませんが。

例えば、「いきゃあいいだに。」という言葉は、どういう意味か分かりますか?いきゃあ!とはしゃいで、ダニを賞賛したのかな、と考えたあなた、はい、違います。

たとえば休日に家族で出掛けるときなどに思春期のムスメが断ったり連れない態度をした時に使います。「一緒に行けば良いのに」みたいな感じです。

あと、高校生グループが夏の海に行った時に素晴らしいマユミとサリーが先に泳ぎに行ってしまって不貞腐れてしょげているチッチに対して優しい親友のトンコが良く言うセリフでもあるかな、と閃きましたけど、このマンガを知っている人は最近の世代にはほとんどいないんじゃないかな。

まあとにかく、何しよっと?などの気の抜けたゆるさは、現代ではカワイイ!と大受けしているらしいということが分かりました。ギャップ萌に近いのではないでしょうか。

マタタビの引力!キウイ畑には猫よけが欠かせない

ネコ用の忌避剤などを使わないとキウイを育ててる人は大変でしょうね。マタタビとかキャットニップなどと一緒に流行っていますが(猫の間で)何か、この科の木からは良い香りが出ているらしくてそのニオイに磁石のようにフラフラと向かってしまう生き物らしいですよ。

さて、市販でもたくさん動物避けは販売しています。というのが、粒を撒くだけ!とか針金みたいに物理的にブロックするものなど。キウイ畑の規模とかにもよりますが、鉄線とかを張るよりは成分の方が手軽そう。

美味しそうな香りに混じって嫌いな臭気が鼻をくすぐるという妙な空間になって混乱するかもしれませんね。でも消耗品だとやはり合計は費用が嵩み、コストパフォーマンスが高くなってしまいますからおすすめしません。一度頑張って設置すれば一生ものですからね。

頭の良いカラスとかに協力してもらって壊さない限り…。でも鳥と猫は敵対関係にあるのであまり仲良くしているところは見ないですね。実のところどちらが賢くて力があるのかは良く分かりませんが人間から見ると異なる動物が戦うでもなく一緒にいるのを見ると面白いです。

猫よけにペットボトルなんて全く意味なさそうですね。むしろたくさん集まって近くで寛いでいる画を見たことありますよ、確か。誰かが写真にパチリと収めたんでしょうけど、ナイスなタイミングでしたね。普段あまり外を見ないのでそういう景色に気付きにくいです。

キウイを栽培している皆さんは、楽天とかAmazonを覗いてみて対策を練っては如何でしょうか。

梅干しがカビ臭いのはゴミ箱行きにした方が良い

白いのは見た目だけならカビとは限らず良い酵母菌の可能性もあるけど、梅干しを嗅いでカビ臭いならもうアウトでしょう。
鼻を信じましょう。そういう自分は、お米がなんかくさいなぁ〜と落ち込みつつしばらく食べていたらなんか黒カビっぽいものが全体的にうっすら生えていることにだいぶ後になってから発見して、ズドーンとしょげながら処分したことが2回くらいあります。

この管理状態でカビが生えるわけないと思い混んでしまうのが敗北要因ですワねん、オホホ…(汗)ところでウメボシはスッパくて苦手な人も多いのでは?同じ酸味でもレモンの方がなんとなく好き。梅干しを頭に思い浮かべると口の中がしゅわシワになってジュワッと嫌なヨダレが滲み出てきますよね。汚い表現でゴメンナサイ。

ご飯のおかずには何がお気に入りですか。ハンペンはなんか合わないし、シラスとチーズ、お醤油、明太子、海苔とかが無難です。昆布とゴマの甘いパック売りのやつは何かもう飽きますね。ショウユは日本の臭いけど最高傑作な調味料ではござんせんか。海外の人はあまり慣れないみたいだけど梅干しよりは比較的万人受けするかと。

味噌の自家製にカビ(茶色)が浮いてるけど害はないか

10年味噌とかって、濃い茶色ですよね。あれはカビの作用なんでしょうか。良く分かりませんが。
生えちゃってるところを除去してひっくり返したら紛れて分からなくなってしまいますかね。毒がなくて良いカビなら平気そうですけど。神経質とか、暗示にかかりやすい人は手作りだと衛生面で不安があるのでやめたほうが良いかもしれません。それにしても、湿度のある場所なら何処にでも栄えてきますね。試しに舌に乗せてみて変な味がしないか茶色いところの具合を見てみるといいのではありませんか。おそらく味噌そのものですよ。やはり熟成具合が進むと、カビの作用で茶色度合いが高いみそになっていくような予感がします。通販の画像みたら、5年とか経つにつれて暗いカラーになっていくような。

牛乳でおならがどれだけ臭くなるかは人による

牛乳って消化に悪いらしい、乳糖に耐性がない人は特に。消化が不十分だとゴミがたくさんできるからやはりおならもくさくなるんじゃないかな。臭気に自分で涙目になったりむせて可笑しくて思わず独り笑いのループにハマったりする。

クックック、アハアハアハて伸びたみたいになってる理由が屁だという事実にまた何かこみ上げてきてなかなか冷静になれない。そういうことってありませんか。

牛乳ってくさいですよね、普通に。腐るとすごくニオイが強烈なんじゃないですか。タンパク質だから悪玉菌のエサです。炭水化物は酵母が増えるのか。

おならは、食物繊維で良い香りに?いや、酸とかかもしれないね。悪玉菌というのは弱アルカリ性で増えるらしい。そして弱酸性の環境を好んでいるのは乳酸菌。これがいいおならの元。

牛乳は、善玉菌を増やす要素はないのかもしれなくてむしろその逆。だから、ヨーグルトなら発酵させているのでまた別かもしれないけどね。

胃酸が少ない人って悪玉菌が増えやすい。胃酸は常に胃に待機しているわけではなくて食べていない時間も定期的に小腸へ流れているんだろう。

人の体は複雑に出来ててアルカリ性の消化液が膵臓?どこだか忘れたけど胆汁かなあ?思い出せない。酸と合流して重曹になるとかなんとか。クエン酸もアルカリ性に体液を傾けるのに役立つとか。

だからかな、アスコルビン酸を飲むとお腹の蠕動運動が起きてトイレに行きたくなるのに、クエン酸を飲んでも便意を催さない。

おならが臭いなら、アスコルビン酸を飲んで酸で悪玉菌を抑えると良いかも。牛乳のタンパク質も、胃酸がないと酵素が働かずにアミノ酸に分解して吸収できないみたいだし。消化が悪いとリーキーガットとか様々な問題に発展して大変だ。

ミノキシジルのタブレット飲んでランニングしたらハゲは治るか

ランニングというハゲ対策には矛盾というか葛藤がある。
悪玉男性ホルモンのジハイドロテストステロンが頭皮に到達すれば(正確には毛根の細胞にある受容体)それだけ頭が薄くなる。

でも亜鉛とかの重要なミネラルは届かないとこれまた髪が成長しない。
そこで毛にいいものを調べてみたら出てきたのがミノキシジルだ。これは、悪玉ホルモンを抑えてくれるわけではなく、血管を拡張させる。

これに
ランニングをプラスしたらどうかといっている発想の人もいる。まあ、単純に栄養失調とか血流不足による薄毛なら合っているのかもしれない。ふくらはぎを動かすと全身の巡りが良くなるから相乗効果で良いのではないか。

でも逆に動悸とか出たりしてしまうかもしれない。高血圧の薬だったから。あれ、違うか。塩分過剰でバクバクすることはあって、それを和らげる錠剤ということは…。

反対に低血圧になりすぎて脳貧血とかになって呼吸が苦しくなるかも…。そうはなりたくないから用量はきちんと守って飲まないといけないだろう。
ミノキシジルに関しては、人を選ぶというより遺伝によって不適合な場合もあるということかもしれない。

つまり、母方のおじいさんがハゲていたら自分もホルモンによるどうしようもないものなので、そのジハイドロテストステロンをブロックする育毛剤とかを使ってみるとあら不思議、フサフサになるかもしれないから試してみるのはどうだろう。

ランニングで血行促進しても、その成分が悪い方の男性ホルモンを阻止し続けてくれていたら、毛髪にいい栄養のみが届けられることになる。若い頃のボリューム感が戻って人の目を気にしたり寒い風が吹いた時も頭頂に寂しさを募らせずに済むだろうか。