何しよっと?はかわいい

「なんばしちょっとかね?」とかはオバちゃんっぽいけど、これのもうちょいソフトな表現が

何しよっととか、なんしよーと?なんでして、これは博多なんですってね。そして女の子が言うと謎に可愛いと定評があるようです。

個人的に好きなのは「〜だに」という語尾で確か赤塚マンガにも登場していたような。あれは方言としてだったのかは良く分かりませんが。

例えば、「いきゃあいいだに。」という言葉は、どういう意味か分かりますか?いきゃあ!とはしゃいで、ダニを賞賛したのかな、と考えたあなた、はい、違います。

たとえば休日に家族で出掛けるときなどに思春期のムスメが断ったり連れない態度をした時に使います。「一緒に行けば良いのに」みたいな感じです。

あと、高校生グループが夏の海に行った時に素晴らしいマユミとサリーが先に泳ぎに行ってしまって不貞腐れてしょげているチッチに対して優しい親友のトンコが良く言うセリフでもあるかな、と閃きましたけど、このマンガを知っている人は最近の世代にはほとんどいないんじゃないかな。

まあとにかく、何しよっと?などの気の抜けたゆるさは、現代ではカワイイ!と大受けしているらしいということが分かりました。ギャップ萌に近いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA