ベンガル猫の模様変化

かわいいベンガル子猫の背中に人の顔に見えなくもない模様が浮かんでいて面白いなぁという感想が浮かび上がりました。

縦に細長くて鍵状…ちょうど」←こんなカッコみたいな感じになっているのが鼻で、横長に短めなのが口みたいに配置されていてですね。

なんか芸術的な女性の肖像画に見えなくもないぞ、いや流石にそれは無理があるけど連想しなくもないと思って…まぁどうでもいいですね、そんなこと。

そんでその模様が変化していくのが生後1ヶ月から4ヶ月?ファジー期とか言うのがあってそれが終わるとそのベンガル猫の個体の持つ柄が出て来るというわけです。

ですからそのちょうど本来の個性が隠れやすい時期にペットショップやブリーダーから選ぶとしたら、ちょっとコツがいりますね。でもどれもかわいいですからハズレはなく問題ないですけど。

茶色く輪郭が曖昧になっているのは消える可能性が高いです。黒い縁取りがあるかどうかをチェック。それは残るでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA