牛乳でおならがどれだけ臭くなるかは人による

牛乳って消化に悪いらしい、乳糖に耐性がない人は特に。消化が不十分だとゴミがたくさんできるからやはりおならもくさくなるんじゃないかな。臭気に自分で涙目になったりむせて可笑しくて思わず独り笑いのループにハマったりする。

クックック、アハアハアハて伸びたみたいになってる理由が屁だという事実にまた何かこみ上げてきてなかなか冷静になれない。そういうことってありませんか。

牛乳ってくさいですよね、普通に。腐るとすごくニオイが強烈なんじゃないですか。タンパク質だから悪玉菌のエサです。炭水化物は酵母が増えるのか。

おならは、食物繊維で良い香りに?いや、酸とかかもしれないね。悪玉菌というのは弱アルカリ性で増えるらしい。そして弱酸性の環境を好んでいるのは乳酸菌。これがいいおならの元。

牛乳は、善玉菌を増やす要素はないのかもしれなくてむしろその逆。だから、ヨーグルトなら発酵させているのでまた別かもしれないけどね。

胃酸が少ない人って悪玉菌が増えやすい。胃酸は常に胃に待機しているわけではなくて食べていない時間も定期的に小腸へ流れているんだろう。

人の体は複雑に出来ててアルカリ性の消化液が膵臓?どこだか忘れたけど胆汁かなあ?思い出せない。酸と合流して重曹になるとかなんとか。クエン酸もアルカリ性に体液を傾けるのに役立つとか。

だからかな、アスコルビン酸を飲むとお腹の蠕動運動が起きてトイレに行きたくなるのに、クエン酸を飲んでも便意を催さない。

おならが臭いなら、アスコルビン酸を飲んで酸で悪玉菌を抑えると良いかも。牛乳のタンパク質も、胃酸がないと酵素が働かずにアミノ酸に分解して吸収できないみたいだし。消化が悪いとリーキーガットとか様々な問題に発展して大変だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA