文鳥が足元ふらつくのは3つの要因がある

まず、一つ目が神経。そして次に筋肉の弱りです。あとは怪我。それぞれ確認していきましょう。
文鳥がお年寄りの場合とか、脳炎がひどくなった場合に起こるのが震えとかです。そしてそれは足取りがふらつき、不安定になることを意味しています。人間の場合は手の震えとか舌のもつれになるかもしれません。

でも、ペットは飛び方、鳴き声などに現れるでしょうね。壁に衝突しやすくなると厄介です。なぜなら死んでしまうこともあるからです。窓は一番ぶつかりやすいポイントです。透き通ったものは目に見えないからです。家具が本棚とか箪笥みたいに突き出ていて邪魔な場合は健康な時に避けることができていても、それが難しくなるかもしれません。

だからそうなったら羽の風を切るのに重要な役割を果たしている部分をちょっとハサミで短くしたりですね、速度を制限させることで重症になるのを防ぐことができます。あと、アミノ酸とそれを合成するビタミンB6が不足することによって
文鳥さんの足が衰えてしまいます。ですから生肉ではなくて茹でたお肉を少しちぎってエサ入れに投下するとか、考えましょう。塩分と油は控えめで。そして最後に、もしかしたら爪が伸びすぎて飼い主さんの腕を登っている最中に繊維が抵抗になり、足首を傷めたかもしれません。

炎症が起きて腫れているので痛くてちゃんとまっすぐ進めず、ふらついてしまうのではないでしょうか。そうなら、軽く割り箸などを使って固定して静かに過ごしてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA