フトアゴヒゲトカゲが求める睡眠時間と、そのニーズに応えるためには

ヒゲトカゲちゃんは、どのくらいですかね。まあ、インコよりは少なくても大丈夫なんじゃないかと予測していますけど、冬眠をしそうな人種ですから、なんとなくまったりとした印象ですね。それにしても、睡眠というのは重要でして、フトアゴヒゲトカゲは知りませんがこれが短いと本当に体がだるくて生きた心地がしません。頭もぼんやりして、酷いですね。

でも不思議なのが、寝坊するくらいたっぷりそれこそお昼くらいまでぐーすか眠っていたら、なぜかその日は日が変わって2時になっても頭が冴えて、体力も結構余っていて、仕事をすることも可能です。ちょうど今これを書いているのがそういう状況なんですけど、気付いたらちょっと眠たげで、手の動きが怠慢になってきたので、やはり脳の働きが低下しつつあるのだと感じます。ということは、もうそろそろバタンキューしたほうが良いかもしれないですね。

まだ思考はしっかりしているのですが、運動神経のみが鈍っています。もしかして年寄りになったらこんな感じになってしまうのかと考えると恐ろしいですね。さて、フトアゴさんは、やはりヒゲトカゲらしく眠たげな眼差しをしているかもしれません。あれ、それはカエルか。ヤギと同じで、猫とか爬虫類の瞳孔を右に90度回転させたみたいな感じですよね。でも、睡眠で一番確実なのは自然界に時間を合わせることです。それは体内時計にとって一番健康的でしょう。眠りに適した照明や静けさを準備してあげてくださいね。寿命を伸ばすためにも。病気にならないように、心身健やかに毎日を過ごせるようにという意味でもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA