インコがサンドバーチとやらのカバーを食べるのは趣味なのか


文鳥さん、美味しくないと思いますけどねえ、ボリボリって。食べたら体にも良くないんじゃないですかね、だから大丈夫か気がかりになってしまいますけど。でも砂肝とかっていうじゃないですか。だから多少の砂っぽいものが胃に収まっていても大丈夫な体質ではないかと推測するんですよ。でも、
サンドバーチというのはおそらく、カバーに加工されることによって他の成分とかもあるんではないかと予想するんですね。なぜ毟ったりするのかといえば、楽しいからですよ、そんなの。剥げかけた文字とかを爪を使って徹底的にまっさらにしたくなりませんか?スリッパとかに旅館の名前が印刷されていますね。子どものころ、家族で長野だか群馬に出かけたら、「ほてる こだま」というところに宿泊したのですが、ふと足元に視線を移したら使い込まれて劣化した履き物に「てるこだよ」と自己紹介されました。

まあそんな話は良いとして、腸に挽肉を詰めたものがウィンナーだとしたら繊維や消化しにくいものが滞るのが運の尽き、じゃなかった糞の詰まり、つまり便秘です。そういう弊害があるんですね。えへへ、ここ笑ってくださって結構なところですよ。

それで、
文鳥がもし、捨て去りたいストレスを持て余しているなら思う存分噛んで発散できるように
サンドバーチカバーではなくてイタチとかがかじる木のような奴があればそれを使いましょう。くちばしが短くなって自分で爪とぎを使って研磨してあげなくても大丈夫になるかもしれません。カロリーにならないのに、食べたって意味がありませんからね。繊維は腸内細菌を増やす働きがあり結構重要みたいですけど、さすがに砂はね~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする