アブラムシに牛乳はなぜ作用するのか

アブラムシになぜこの飲み物が働きかけることができるのか気になる人も多いことでしょう。これは牛から出るミルクなので、つまり白くてタンパク質や乳糖が含まれています。プロテインなどにも加工されて筋肉を維持したい人にとっては欠かせないものかもしれません。ヨーグルトなどにもなっていて、これは発酵させて作るものです。これはちょっと臭いにおいがしますね。その上澄み液を保衛と言います。確かそうでしたよね。記憶違いかもしれませんが。その栄養価は結構高いものらしく、これも健康食品として人気があるようです。しかし、カルシウムが補給できるイメージとは裏腹に実際は不足に陥らせる体に悪い飲み物だとかいう話も聞きます。

牛乳が白いのは、もしかしたらこのミネラルが溶け込んでいるからかもしれません。普段飲んでいる時に、油の存在を感じ取ることはあまりないかもしれません。でも、確実に脂肪が含まれています。これは
アブラムシに作用する成分です。そう、実は何が効いているのかっていえばオイルなのだといわれています。あと、もしでんぷんのぬめりを水に溶かすことができればそれも良いでしょう。そういう成分がありますから。おにぎりを握った後の手を洗う時に、いつまでも粘りが取れませんよね。しばらく手を擦り合わせて水で流さないと元の皮膚に戻りません。それが不完全で乾くと突っ張る感じがあり、剥がれてきます。これらは、どうして虫に対して天敵となり、家庭菜園をする時の心強い味方となるのか。それは呼吸をする器官と空気の間に膜を張り、つまり人間でいうならビニール袋に包まれたみたいな状態になってしまい、命を落とすからです。

雨が降ってきてもアブラムシへの効果は衰えないという話を聞きます。それはそうですよね。油性マジックとかは、クレンジングオイルや石鹸を用いないと落ちにくいでしょう。つまり、界面活性剤を使わないと。

だから牛乳はおすすめなんです。ちなみに、スキムミルクではおそらく意味がないでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする