ビオラを弱らせるアブラムシにおすすめの農薬とは

ビオラに付く虫

アブラムシの特徴

バッタとかウスバカゲロウみたいな薄い半透明の体で、楕円形で足は6本くらいありそうな感じです。
アブラ虫はお酢、重曹などで退治できるみたいですね。というより防御に特化しているかもしれません。すでに大勢ですっかりくつろいでいるとしたらもう少し強力な化学成分を使わなければならないかもしれませんけど、そうでないなら特別に農薬などを買わなくても大丈夫ではないでしょうか。地味に出費で嫌になってしまいます。マスクとかしなければいけないと面倒くさいですし。自然の環境に良い素材なんですよ。最近はコンロの焦げ落としとかお風呂場のぬめり掃除、水垢などに使っている人が多いみたいですね。歯を磨くとホワイトニング効果があるとか言われていましたっけ?削る作用があるみたいです。

ビオラが酸性とアルカリのどちらを好むのかは知りませんが、薄めて散布すれば問題ないレベルなのでしょう。そういえばアジサイとかはピンクか水色になるといわれています。白っぽいものも見かけることがありますけどね。それを決めているのが土のペーハー値らしいですよ。

まとめ

さて、この生き物には喉が渇いたら水をあげなければなりません。でも頻繁に与えると、根が腐ったようになって機能不全になってしまいます。人間にとっての壊死とか毛細血管の消滅みたいなものです。ですからビオラの地面が干からびたカラーに変わってから補給させましょう。
アブラムシが寄り付かないためには肥料を控えめにというのも効果があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする