犬が蚊取り線香を食べたけど害が気になる

犬が誤食したら出るかもしれませんね。それも仕方がありません。線香など毒になるものを吸ったら、それを排出しようというのが普通の体の働きです。デトックスというやつです。流行っているみたいですよね。咳をしていると避けられたりするかもしれません。風邪などを移されたくないからです。

アレルギー

というのは腸の壁からタンパク質や金属などが吸収されて免疫が過剰に攻撃する結果炎症が起きるというものでしたよね!?違いましたっけ。唾液とか羽など、呼吸困難の原因になる場合もあります。ハムスター、鳥、蜂の毒とかが引き金になってみたいな話を良く聞きます。だから、
犬がおかしくなってしまうなら絶対に蚊取り線香を近づけないことです。あれ、成分はなんなのでしょうね。ただ魚とかを焼いた時の煙は別に大丈夫だと考えますが。それも結構ゴホゴホむせますけど。そうですね、どちらも危険です。やはり、空気は清浄でないと。

虫を弱らせる効果のあるものですから当然人間や犬もあまり吸わないほうが良いに決まっています。食べたら助からないかもしれません。そこまでではないことを祈りますが、あまりたくさんバリボリと噛んでいたら確実に肝臓とかが打撃を受けそうで怖いですね。胃や腸は結構丈夫かもしれませんけど。塩素みたいなものは胃酸で凶悪になりそうですが、普通は大抵のものは消毒してしまうし、ただ単に食物とかを糞として出させるための滑り台みたいなものですからね。正しくは、ベルトコンベアでしょうか。それも違うか。

外に犬小屋がある時

蚊というのはLEDに集まってきてそれを電気でバチッと退治するやつがありますけど。アロマなどハーブも駄目みたいですし、そういう無臭のアイテムを使うしかないですね。あとは、なるべく流れのない水を溜めている置き場を作らないことです。といっても喉が渇くでしょうからお皿は必須です。植木鉢の底に敷くやつとかがあるとボウフラが発生して蚊が栄えてしまいます。飲み残しがあるコップとかに、いつの間にか卵を産み付けているのではないかとか考えてしまって、神経質になる私はおかしいでしょうか。想像力が旺盛というか、危機感を常に強く持ちすぎな気がします。
犬と関係ない話題ですみません。とにかく、線香は子供やペットの手の届くところには置かないほうが良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする