パンジーに付く赤い虫の正体と防御

パンジーで見かける赤いやつ

ダニみたいな雰囲気ですね。体の形がなんとなく似ています。でもあまり触らないほうが良いですよ。どんな毒を持っているか分かりませんからね。そして、植物にとっては絶対に悪影響があります。益虫なんて絶対にいないでしょう。土壌を作るためには役立つかもしれませんけど。

噛まれたら細菌汚染の被害が出てしまうかもしれません。それがきっかけで病気になってしまうと残念ですからね。消毒とか絆創膏ができないので、大丈夫かと心配になります。免疫力によって枯れずにいてくれればいいです。

雨が降ると泥が跳ね返るという現象がありますね。だからそれによって駄目になってしまうかもしれません。

虫を除去する方法

お酢や重曹を薄めてパンジーに噴霧すると虫を寄せ付けなくなるみたいですね。
人間にかかっても安全です。なぜなら食品ですから。もちろん、掃除用の製品は飲み込まないほうが良いです。グレードの違いがあります。別に鑑賞するだけなので体に悪い農薬を使っても問題ないですけど、気を付けないといけませんからね。吸入しないようにとか皮膚を保護するなど。それが面倒くさいです。調味料なら既にキッチンを探せばあるでしょうからそれを水で何倍かに増やせばいいですね。とっても簡単です。酸っぱすぎてもおそらく適切ではないですし、丁度いい濃度にしてある製品もあります。それがこちらです。ネットショップで販売しているのを見つけました。

まとめ

というわけで、赤いのとか世の中にはたくさん虫がいますが、それらは植物の養分を吸って成長を妨げますからなるべく駆除したほうが良いということなので、頑張ってください。パンジーのお世話など庭いじりをする時は紫外線が強いと短時間でもこんがり焼けてしまうこともあるので日よけ対策を心掛けて、熱中症にも気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする