インコが足を噛むという自虐的な行為をするわけとは

インコの奇怪な仕草

ささくれを器用にくちばしでもいで行ったり、羽を広げてさかさまにぶら下がったり、頭の上に止まってくるなどのちょっと失礼な行動まで、
インコには謎が多いですね。頭があまり良くないということは、鏡の前を何度もダッシュする姿からもわかります。人間ではない生き物だから、その動機を察することは不可能かもしれません。そして、どんなストレスや悩みを抱えているのかも共感することはできない場合もあるでしょう。自分を傷付けて減らしていくような作業をすることはカッターを使って手首を切るとか、過食するなどが良く知られていますね。買い物に依存するなど。そして、道具を使ったりお金を持たない動物はといえばなんでしょうか。

足を噛むという行動

それは、餌を吐いてからまたそれをくちばしでつまむとか、糞を噛むということもあるかもしれません。金網をひたすら切るようにしたり。それから、自分の羽や足などを傷付けるということもありますね。
インコにとってはあまり痛くないのかもしれません。外傷によってあまり苦痛を感じないようになっているのではないでしょうか。でも毛が薄くなってしまうと寒くなりますから気を付けないと冬は命が消えてしまうかもしれません。とりあえず、対策としてはかじり木や割り箸などを与えましょう。そうしたら単に暇だっただけでそちらで気分転換するようになるのではないでしょうか。

まとめ

あまり、深刻に考えずに、痛そうな行動ですがおそらく人間が退屈した時に髪の毛や爪に注意を向けるようなのと同じではないでしょうか。
鳥にとっては手がないから視界に映る足に八つ当たりをしてしまうんですね。しかし、一つ分かるのは噛んでもなにも良いことはないです。だから早めに孤独を鏡の設置などで和らげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする