インコのあくびが連続するわけと対策などを紹介

あくびをする時

顎が外れないと良いですけどね。人間でなく鳥がそうなったという話は聞いたことがありませんが。
・寝不足
・喉がカビだらけで痒い
・緊張している
昼間にインコの活気がない場合はきっとまだ眠りたいと考えているんですよ。でもまったりしている感じが癒されるけど体に悪いんですよね。肌荒れしそうです。長生きしてほしければちゃんと早い時間に消灯しましょう。

病気と健康

そして、連続でくちばしを開けたり閉めたりするのはどういう時かといえば貧血で苦しいとか、酸素不足の場合もありますが、喉がむずがゆくてそういう動作をしていることもあります。それはやめたほうが良いのですが背中をつい掻いてしまうのと同じです。蚊に血を吸われたところを我慢することはできませんよね。そして、心も安定していないと本当に幸せとは言えません。
インコが怖い、天敵に身を縮めるような思いをしていたらもっと激しく反撃するでしょう。しかしちょっと見慣れないものに遭遇して「どうなるんだろう」「これは何」「この人は誰で、危害を加えられないと良いけど」などパニックになりそうな状態を自分で落ち着けるために、こういう仕草をするようです。

まとめ

インコにとって良い環境は変化があまりないというものです。でも暇すぎるのも嫌ですよね。あくびは他の動物だったら「つまらない」という表現に用いられるかもしれません。餌を変えたり、ケージの場所を少しずらしたりなどそういう対策はどうでしょうか。季節のフルーツ、野菜を与えるとか。あとは麦茶も飲めるみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする