インコにとって微妙な、わさびなど

野菜というのはそれなりに必要ではありますが控えたほうが良いものも多いですからね。確認しておきましょう。

インコはワサビ禁止

食べてはいけないみたいですね。どうやら、生姜とかも駄目みたいですし人間が食べてみて鼻の奥が痛くなりそうな強い植物は避けましょう。あとはカラシとかニンニク、玉ねぎなどもです。オニオンは涙も出ますけどサラダは美味しいです。特に、ちょっと甘味があるところとかシャキッとした歯ごたえが。

でもインコより大きな犬ですら貧血になるとか聞きますね。だからその辺に転がしておいてはいけません。そしてキッチンにはペットが立ち入らないようにしましょう。あとはラッキョウとかエシャロットなども体調不良になりそうですね。だから間違っても飼い主さんのご飯中に飛んできてつまみ食いできないように籠に閉じ込めて別の部屋に置いておくことです。ニオイで気になってしまうかもしれません。特に、集団生活を営む鳥というのは真似をしたがるものですから親しい存在が箸を付けているものに興味が湧いてしまうのです。それに、加熱しない穀物なんかよりはとても美味しいですからね。でも体に合いませんから。お酒を飲めなくても大人たちが晩酌している姿というのは見ているとなんとなく面白いものでした。だから見学するのが楽しみになっているインコもいるかもしれませんが。

ところでこの調味料、醤油と組み合わせることは多いですがマヨネーズとはあまり少ないですよね。わさびとカラシは似ていますが色が極端に違います。魚によく用いられるのですが、後者はシュウマイとか肉まんなど中華に使われているような印象です。辛いものは下手をすると中毒になってしまいますね。別にそうでもないという人もいるかもしれませんけど。この場合、鳥が死んでしまうことではなくて癖になってしまうとか何にでも掛けるようになるなどの意味です。

唐辛子は食べる

中国で良く栽培されているみたいですがこの赤いスパイスはお米などの防虫作用があるんでしたっけ。おせち料理にも鷹の爪などは使われることが多い気がします。それから、同じくらいポピュラーなニンニクというのは、かなり臭いですね。たしか、キムチに漬けたみたいなやつは美味しかったような記憶があります。でも、そういう製品もありますが普段は輪切りにしてフライパンで炒めて油に香りを移すのが基本的な使い方ですよね。丸ごとをスープとかに入れて煮込んだ時の微妙さは異常ですからおすすめできません。

まとめ

魚とかそうめんに付けることが多く、こんにゃくやアボカドなどにも
わさび醤油を付けるかもしれませんが、人間にとっては隠し味なこの調味料も、駄目ということですからね。チューブに入っているのは、摩り下ろしてから揮発した成分とかがありそうですし甘さとかを調節してあるのでそれほどインコに悪影響はないかもしれませんが。生野菜のやつはもしかしたらもっと辛いかもしれません。

大根、玉ねぎとかもスライスして時間が過ぎると辛みが薄くなってくるのが分かります。基本的に、人間も食べるものでインコに与えていいのは果物と野菜の一部のみということになります。ハーブやスパイス、お菓子、コーヒーなどの嗜好品は厳禁という具合に覚えておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする