文鳥にお米は良いけど炊飯は駄目な理由

文鳥というのはベータでんぷんばかり食べている生き物なので
米に水分を加えて加熱するとアルファになってしまいますから代謝経路が酪酸ではなくてブドウ糖になってしまいます。なのであまりおすすめできません。飼い主さんが食べているような状態のは、ペットにとっては生活習慣病になる原因かもしれませんからね。ということなのですが、もし加熱して湯気の立った
米をつまみ食いしたがるようならどうしたらいいかですが、自分の食事の時には籠に閉じ込めておきましょう。

そして、視界に入ると興味を持ってしまうので布で覆うとか、別の部屋で用意するとかですね。晩御飯ならもう眠っていなくてはいけない時間です。人間と一緒に起きていると確実に寝不足になってしまいます。羽毛だらけなので目の下にクマができるとかはありませんが、昼間にあくびをしているとか、そういう症状は出ていませんか?もしそうなら18時から空が明るくなってくるまでしっかり暗い部屋に置きましょう。

文鳥は人間とは生態が違うというのがね、分かっていないと大事なペットを守れませんよ。部屋に植物を出しっぱなしで放っていませんか。トイレに行っている間に、かじってしまうかもしれません。なんと、ポトスとか、どのご家庭にもありそうな草花で
文鳥が死んでしまうかもしれないのです。一覧を見たことがありますが、その多いことといったら。これは、うかつに近付けられませんね。近所の猫じゃらしとかを持ってきて籠に差して置いたら自然を感じてもらえるかもしれないとか、木の枝をかじるのや足を止まらせるのに良いのではないかなど考えがちですが、そのような行動はやめておくべきかもしれません。お米は大丈夫でしょうから稲とかなら良いのではないですか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする