文鳥のあくびは可愛いけど多いと問題

文鳥が眠気や病気、あるいは精神的なものによって多くの
あくびをする時、飼い主さんはどんな手当をしたらいいのでしょうか。頻繁に出るなら、なんだか具合が悪いんじゃないかと心配になってしまいますね。嫌な予感がしたら、動物病院に連れて行かなければ手遅れになるかもしれません。進行が人間と比べるとスピードが速いようです。そして、あっけなく亡くなってしまうような弱さもあります。ですから、
あくびくらいと油断しないようにお世話をする者としては気を引き締めたいですね。

というわけで、一番良いのは専門的な先生に診てもらうことです。でも、遠くまで行く必要があるかもしれません。珍しい動物に対してはまだサポートしてくれる人が少ないですから。エキゾチックアニマルとか呼ばれていますね。フトアゴヒゲトカゲとかカエル、カメレオンなども診察してもらえるのでしょうか。メダカとか魚はさすがにお金を払ってまで他人に治療してもらわないですよね。ペットに対するサービスも多様化しているような気がします。一時的に預かってくれるところは便利ですよね。何日か外出するという場合など。でも寂しがるでしょうね、コンパニオンバードというものは。

頭の小ささに似合わず
文鳥は情緒的なんですから。こちらもびっくりするくらいの愛情を示してくれますよね。もちろん、個体にもよりますけど。相性が悪いとあまり懐いてくれないかもしれません。それで、寝不足だったとしたらそれは部屋が日暮れを過ぎても明るくて眠れていないからです。人間と同じ8時間くらいでは外にいるカラスやスズメより短いのではないですか。ですから、
あくびをしたら生活を整えてあげましょう。頻発するほど多く出るというのは例えば見知らぬお客さんが家に来た時かもしれません。帰るまではずっと警戒して不安かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする