文鳥が撫でると嫌がるのはなぜか

文鳥がなつくのに、どうしてだか頭や背中の羽などを
撫でようとすると嫌がってしまうということがありますね。この原因について考察してみます。もう一羽買ってきた飼い主さんの話によれば、喧嘩ばかりするということもあるようです。それは、好みにうるさいということですね。少ない同じ種族なんだから仲良くすればいいのにそうできないのです。ということは、お世話のために必要だけど、もしかしたらあまり好きではないと
文鳥から思われている可能性があります。

それは悲しいことですが別に可愛いから問題ありませんよね。見ているだけで癒されます。そして、もう一つはオスだから縄張り意識が強いということです。つまり、存在自体は気に入っているけど、その関わり方について注文が多いということになります。例えば、親や知人などを見渡してみて、「このくらいの社交はいいけど、これはちょっと心が寄り添いすぎだ。」とか。上手く表現できませんが、パーソナルスペースというのがあってですね、親密な仲であればそれだけ近くに居られても大丈夫だというのです。逆に、嫌悪していると耳にしたり気配を感じたり見えるだけで気分が落ち着かない、吐き気を催すなど。

それで、面倒を見てくれる人間というのは
文鳥にとってどういう位置づけなのかといえば、雛の頃から餌をくれましたから、「親」という認識が一番しっくりくるでしょう。ということは、成長したのにいつまでもベタベタと触られていたくはないでしょうね。パートナーとして認識している個体もいるかもしれませんが、その場合は抵抗感はあまりないでしょう。むしろ歓迎しているのではないでしょうか。
撫でるのを許すどころか手の上でお餅みたいに溶けちゃってね。リラックスしすぎだよって感じです。羨ましいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする