文鳥さんの吐血とは肺炎かな

内臓が弱ると
文鳥の異常な行動が現れますね。胃が悪くて餌を吐くとか。
吐血なら肺かお腹でしょう。喧嘩してそうなることがありますよね、人間の場合は。そういうシーンを見たことがありませんか。口の中が切れているとか。でも、それなら軽症で良かったですね。傷は浅いかもしれませんから。金属とか尖ったものを食べようとしてしまってそうなったのかもしれません。でも、もっと重いのは結核とか炎症などによるものです。
文鳥が、このようになったら獣医さんに診せに行く必要がありますね。早めに治療を受ければ助かるかもしれません。

でも、遅れたらもう駄目な場合もあります。もう一つ、大切な健康管理のポイントを挙げておきます。それは、ヨウ素を摂取させるということです。どういうことかといえば、穀物や野菜には不足しがちなミネラルですが、甲状腺を正常に保つためには必須と言えます。ですから、魚とか海藻などを定期的に与えてはいかがでしょうか。もちろん、加熱しないと虫がいるので怖いですから気を付けて。腹痛を起こしたり、下痢になるなど食中毒の原因にもなります。この世には、嫌な存在もいるものですね。埃とかハエ、蚊など。汚いものや、臭い成分は、おならとかは時に面白いですけど基本的に無くても良いものです。トイレの後ってすごく鼻をつまみたくなりませんか?腸に善玉菌が多い人は大丈夫でしょう。しかし、タンパク質や大豆などをたくさん食べた場合はとても笑ってしまうくらいですよね。

文鳥のゲップとかガスの音を聞いたことはありますか。自分でも気になるポイントがおかしいとは思いますが、たまにはこういう話題もいいでしょう。体というのはまったく仕組みが複雑で、健康を損ねると不安になりますよね。美味しいものは体に悪かったりしますし。それが残念なところです。でもお米の麺とか工夫された製品も登場していますけどね。まあとにかく、
吐血は異常事態なので軽く見ないようにしましょう。窓とかにぶつかってしまうとまずいので、カーテンを閉めるのも忘れずに。透明なものが見えていないとは意外でしたね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする