文鳥のストレス解消におすすめの二点

噛む、蹴る、探検、宝探しなど。
文鳥も、忙しい人間とはまた違った、普段じっとしているので溜まりがちな
stressを発散したい時もあるのではないでしょうか。どうしたらいいかと言えば心に変化を与えることです。いきなり窓からハエとか、下を見たらゴキブリがいたなどの恐怖や退治するために頭を目まぐるしく働かせるというのはすごく気分転換になります。でも、飼い主さんとは違って驚かせるというのはあまりコンパニオンバードにとっては良い方法ではありません。
文鳥の場合は、手作りおもちゃとかブランコ、階段上り、そして餌を紙に包んで隠すのを発見した時の達成感などを味わわせるのをおすすめします。

あと、大切なのが噛むということです。手でクッションなどにパンチしたりするような効果があります。犬とかも、頭にくるとカーペットなどを引っ張ったりしているアニメなどを見たような気がします。怒った時に歯を食いしばったりするのも、解消に役立っていますよね。逆に、あまりに可愛い子猫とかを見ると、お豆腐やプリン、ゼリーも咀嚼できないくらいふにゃけてしまったことはありませんか。私はたしかあるような気がします。そして目尻がものすごく下がります。実際の表情というよりは、そんな心境ということです。

文鳥に、おすすめなのは木などの固いものを与えることで、毒のある植物が多いですからペット用に販売されているものを購入しましょう。そして、自分のエネルギー、力を使って発散させても虚しいということはありませんか。少し、価値を感じたいとか能力を試したいのではないかと。そこで、餌を飴みたいに包んで、興味をそそり作業に取り掛かって、報酬を得た時の喜びを
stressの対策に役立ててはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする