文鳥には長生きしてほしいものだ

文鳥というのは短命ではあります。でも、他のペットと比べたら意外と
長生きということも特徴です。しかしやっぱりポックリ死してしまうことが多いです。なぜなら、毒になるものが多く好奇心旺盛だから。ちょっとした金属とか、植物などを間違ってかじったり。

ガラスを見ることができないということを知らない飼い主だと窓に頭をぶつけて目を回してしまうということもあるでしょう。そういうことがなく、無事に老いていく
文鳥をお世話することができればいい人生だったのではないでしょうか。

コンパニオンバードとしては、合格点です。ただ、天敵から保護された空間であると同時に、寂しくなりやすいという欠点があります。ですからそれをどうにかしないと、ストレスが溜まって早く亡くなることもあるかもしれません。毛を引っこ抜いたりして、痛々しく剥げているのってどう思いますか。吐いた餌をまたついばんだりするような異常な自棄になっているような行動をすることもあります。ですから、やはり何羽か追加しましょう。それか鏡を置けば大丈夫です。

普通、人間というのは対面したりしてエネルギーのやり取りをしていることによって自己を保っているわけですが、
文鳥の場合はどうなんでしょうね。ミラーに映るものは、他人だと思っているらしいです。それが頭の構造が違う証拠ですが、そんなにたくさん飼うことができないという時には助かりますよね。知能が低いことも役に立つんです。それはそうとして、睡眠時間はたっぷりですか。悪いことをして警察のご厄介になると、真実を吐かせるために寝かせないでライトで眩しくするみたいなのがありますよね。そうすると、精神疾患を起こしたりするみたいです。ですから、寿命を長くするためには12時間くらいを確保しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA