文鳥がニンジンを好きでも葉は欠かせない

文鳥は野菜からベータカロテンのみを補っているわけではありません。
ニンジンには、それが多いですけどね。ビタミンというのは、リーフからしか得られない種類があります。納豆とかにも含まれていた気がしますが、いまいちですからね。それは、出血傾向になるのを防ぐ働きがあります。でも、アブラナ科というのは、甲状腺を阻害するものがあるので控えたほうがいいというのが獣医の見解でもあります。おすすめなのは、レタスです。
文鳥に上げてもあまり意味がないのが薄い結球です。

ほとんどが薄いですからね。与えるべきなのがベビーという品種のやつです。プランターと相性が良くて、初心者でも育てられます。収穫しても脇からまた伸びてくるように切り取れば、長期間野菜を買わなくても良いでしょう。シードも、本当のことを言えばプランターに撒いてみたらほったらかしでも栽培できそうですけどね。枝豆なんかは、丈夫ですからお気に入りです。でも、喉に悪影響があるのでキャベツやブロッコリー、大根などと同じく控えたほうが賢明です。植物というのは自分を守るために毒のある成分を持っているんですね。人間に都合よく行かない点が、生きるのって大変だなあと思わせます。

文鳥には、安全で美味しい食品をあげたいですね。だから無農薬のが最善ですけど、スーパーではあまり見つからないようなイメージです。お菓子とかしか買ったことがないので良く知りませんが。通販で見てみると、やはり高品質のものは値段が張る感じですね。なので、家でも例えば短い品種のを植えてみるとか。でも、そういえば重大なことですが部位によっては駄目なようです。
ニンジンは、ご存じない人も多いかもしれませんが、真ん中よりヘタ側は飼い主さんで消費して、下ならペットにも安全です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする