メダカの隔離について思うこと

メダカというのは、仲良くいかずにどうしても誰かが攻撃するので
隔離しなければ危険だということになってしまうことがあります。でも、病気の治療でという場合は別の容器に入れますけど、ネットで仕切って同じ水槽の中に入れておくという方法もいいかもしれません。例えば、魚を掬う用の網とかを置いてみたり。やっぱり、二つも運営するとなるエアレーションも買い足さなければならないですし、ヒーターは
メダカには使わなくても別に大丈夫かもしれませんが、水替えも倍の労力が必要で面倒くさいですからね。

金魚鉢とかで飼えないですかね。服を入れる引き出しみたいなやつを使っても良いみたいですよ。木製でなければ何でもいいのではないですか。バケツでももちろん大丈夫でしょう。100円ショップに販売していますしね。家の外でも飼えるみたいですしもし、問題を起こす個体に困っていて、その一匹とかのために容器を増やすのも面倒くさいのであれば、別に放任主義な感じでいい加減に育ててもいいでしょうね。睡蓮鉢とかがあれば、別に手入れも要らないでしょうし。花と一緒に飼えばね。ちょっとした自然の環境みたいですね。

でも、あれって実は
メダカの水替えとかお掃除をしなければならないのでしょうか。個人的には、草原とかに生えている植物を育ててバッタを飼いたいです。あれほど、見ていて心の和む生き物もあまりいないのではないかと考えてしまいます。他の虫にはあまり良いイメージを持てません。トンボもなんか気持ち悪いし、恐怖を感じます。ハエなんて、世界からいなくなるとか
隔離されれば助かる存在ですよね。見た目もですが雰囲気が汚いです。蝶も陰気で湿っぽすぎるような印象で苦手ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする