メダカで癒しが発生する理由

メダカは、大きな素っ頓狂な表情の目をしているので可愛くて
癒しを感じる人も多いでしょう。生物は水中で暮らしていたのです。それから陸に上がり進化してきましたよね。ですから魚を見ているとどこか懐かしくなるという人もいるのではないでしょうか。いや、そう表現すると意味の分からない人だと思われてしまうかもしれませんが。人間はお母さんのお腹の中で浮かんでいたわけですからね。お風呂に入ると
メダカのように浮力でプカプカして面白くありませんか。

そのような感覚を、見ているとイメージ出来るというのも人気があるのではないかと推測します。つまり、ミラーニューロンという脳には鏡のような細胞が存在します。視界に飛び込んできたものは、あたかも自分であるかのように認識するのです。ですから自然に、泳いでいる姿を眺めているとその動作を自分もしているような気分になり普段とは違った非日常を楽しめているのですよ、きっと。

それで、見た目も小さくて可愛いですよね。ですから平和な心になれるのです。ストレスとか、攻撃的な存在はここにはありません。ただのんびりとした時間を感じながら、穏やかな生き物を鑑賞しているというのは良いことです。個人的には、
メダカのようなペットに近いものとして昔のちびまる子ちゃんを挙げたいですね。描く人によって神秘的で女性らしい繊細さに溢れていたり、後期になると俗っぽいイメージだったりします。最初の頃の動画を見ていると、とても和みます。ところで、水槽で手軽に飼えるのはカエルやヤモリ、トカゲもですね。あのぱっくり開閉する口とか、吸盤付きの手は
癒されるではないですか。こちらも良いです。