メダカの水槽でいじめが起こる問題の根本的な原因

メダカというのは、もしかしたら狭いから追い出そうとして
いじめをするのかもしれないと考えたことはありませんか。人間なら、六畳の部屋に一人くらいがストレスが溜まらないというのがイメージできますけど、水槽はこれよりずっと小さくて、群れて生活するのが当たり前の魚だからこそ、丁度いいバランスが分からないですよね。しかし、鬼ごっこして口でつついて攻撃するとか、白点病になるというのは
メダカにストレスが溜まっているサインなので別の容器を用意して分けましょう。

そうすれば、そのような問題のある行動は鎮まるかもしれません。でも、何匹も泳がせるからこそにぎやかで楽しそうですけどね。体の色が派手な種類なら、美しくて壮観です。セキセイインコや文鳥も、喧嘩することがあります。これは、単にタイプでないからです。好みにうるさいのが特徴なんですけど、人間から見たら正直、どれもそんな違いがなくて可愛いです。もしかしたら、魚も性格というのがそれぞれで会話しているように見えなくても何らかの手段で個性を伝えあっているのかもしれません。そうでなければ、敵から逃げる時とかにちゃんと揃って泳げないでしょうね。

メダカが仲間割れするなら、あえて他のコリドラスなどを一緒に飼育してみてはいかがですか。なんか警戒心が沸き起こる存在がいるぞということで、また一致団結し始めるかもしれません。喧嘩は一時お預けということですかね。ストレスがかかるのでちょっとかわいそうですけど、捕食されるわけではありませんし大丈夫ではないかと考えます。以上、
いじめの問題についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする