文鳥が壁や窓で脳震盪を起こさないようにしよう

文鳥は飛ぶのが上手い場合もあればそうでないかもしれません。個体差があるでしょうね。
脳震盪になると、亡くなってしまうかもしれません。あまり家具とかにぶつかりやすい部屋ではなくて、片付いた空間を用意しましょう。それでも、やはり自然と比べたら狭いし天井が低いのでしょうね。窓とかない昔ながらの日本家屋だと、障子をばりっと破ってそのまま外へ逃げてしまうかもしれません。ですからその対策として、
文鳥の羽を切ってゆっくりとしか飛べなくするというのも良い方法です。

なぜなら、例えるなら車のスピードの出しすぎができないように、のんびり走る製品しか作らないみたいなことだからです。自転車で進む程度の速さなら、そんなに恐ろしい事故は起こしませんよね。でも短くしすぎて全く空に浮かべなくなるということもあります。そうなると能力を奪われて鬱状態になってしまうこともあるので気を付けましょう。でも、やはりそれによって壁にぶつかってしまうのは避けられても窓はどうにもなりません。なぜなら見えていない可能性が高いからです。

ですからカーテンなどでここに障壁があるということを
文鳥にとっても分かりやすくしましょう。人間よりずっと早く亡くなってしまうので、せめて不慮の事故で大切な命が消えないようにしたいですね。意外な天敵には、部屋に侵入したネズミや猫。野良だと網戸を開けて入ってきてしまうこともあります。お散歩中に興味本位でということがありますから気を付けてください。というわけですが、ペットが
脳震盪を起こしても自分をあまり責めたり悔んだりしないでください。次に気を付ければいいんですよ。