文鳥にニキビができた時どうしましょう

文鳥に甘いものをあまり与えすぎていると、
ニキビができてしまうかもしれません。これは、どちらかといえば人間に例えて置き換えてみても理解できることです。それは、チョコレートや脂質の食べすぎによるかもしれません。それから炭水化物もですよね。それができないとなると、発狂しそうなくらいストレスを感じるというのは、既に甘いもの中毒の可能性があります。体内の微生物のバランスによってもっとほしくなるようにできているのです。
文鳥には当てはまらないことかもしれませんが。

どういうことかといえば、糖質を食べたとします。それによってカビ菌とかが増えるわけです。なんなら、がん細胞もこれをエネルギーにしています。そして増えてしまうわけです。それらの微生物たちがもっと自分にとって餌になる者を増やそうというわけで、甘いものが食べたくなるような成分を放出して脳に働きかける。つまり、コントロールされてしまっているわけです。大変ですよね。どうやって改善したらいいかといえば、やはりシナモンやカレー粉などのスパイシーなもので殺菌するということです。これがコツになります。そうすれば自分の意志でやめられないお菓子への欲求を減らすことができます。面白いくらい変化するので試してみてください。

ところで
文鳥の場合はどうなのかといえば、辛さは感じないみたいですけどショウガとか玉ねぎを生で食べさせては駄目ですよ。貧血になる恐れがあります。ハーブもあまり与えてはいけないみたいで悩みますね。まあ、つい間食に手が伸びる人間とは違って、果物とか加熱したサツマイモや人参、カボチャ、お米などを与えなければ大丈夫でしょう。吹き出物というのはある意味腫瘍です。膨らみですからね。病気にしたくなければ
ニキビができるような本来の餌からかけ離れたものはなるべく与えないようにしましょう。