文鳥の鼻が蓄膿症だったら原因はカビか

体調を崩すこともある
文鳥。いつも健康というわけにはいかず、風邪を引いたり副鼻腔に炎症が起こると
蓄膿症になるかもしれませんね。早めに獣医さんに診せに行ったほうが良いでしょう。でも、なぜそんな症状が出たのかというのは、理解しておかないと一度は完治しても、再発してしまうかもしれません。鼻から黄色いのが出てきてしまうのは何が原因なのかという考察ですが、まずエアコンのカビ。それから暑くないし使ってもいないという場合は
文鳥の餌に生えているとか。

梅雨などは特に、湿気が作用していませんか。目には見えなくてもあまりに古いものは処分しましょう。そういえば、人間の場合は陰性の食品が過剰になると症状が出るとか聞いたことがあります。フルーツとかお菓子みたいなものです。同じく痔になったりしやすい体質になります。膨張とかの性質があるからですね。副鼻腔が腫れたりしますね。煮干しとか陽のもので引き締めると改善しやすいです。自分の場合ですけどね。ペットにも応用できるかもしれません。だからタンパク質も補給させると良いでしょう。程よい塩分も。ナトリウムは熱中症予防にいいんですよ。ミネラルというのは、体内酵素の働きに欠かせないですからね。

文鳥が、あまり果物ばかり食べているとかいう場合には控えさせなければいけません。与えないようにしましょう。でもビタミンCが不足すると困りますからみかんなら豊富なのでいいかもしれません。症状の緩和にも使いましょう。免疫力が高まりますから。ウイルスとかをやっつける効果があるといわれています。野菜のベータカロテンや葉酸も必要です。
蓄膿の手当には、栄養も活躍するということです。