文鳥が怪我をして止血する場合のアイテム

文鳥がうっかり、窓とか壁にぶつかって羽を傷めたとか、
止血が必要なほど爪やくちばしを深く切りすぎてしまったという場合に用いるものについてご紹介します。お線香があれば、それを一瞬押し当てればいいみたいですよ。でも、熱いのではないかと心配になります。私は花火で足にケロイドができたことがありますからね。とてもショックな温度でしたよ。メカニズムは、
文鳥のタンパク質を変形させることによって血管の出ているところをコーティングするということです。

卵の透明な部分が、熱したフライパンに落とした瞬間にもう白くなり始めるのと同じですね。黄身は分厚いので蓋をしてしばらく蒸さないといけません。目玉焼きを作る場合ですけどね。醤油とソースのどちらをかけるかで意見が分かれるやつですね。でも、菜箸で混ぜてから炒るのも好きです。あれにはマヨネーズとケチャップが合いますよね。調理法によって似合う味付けが変わるのが不思議です。白米とかも、大切なのは水加減で、おいしかったり不味く感じたりします。研究しがいのある面白い分野ではないですか。

それはそうと、
文鳥が痛がっているのか疑問ですね。そうだとしたら怪我をさせた飼い主はとても嫌われるかもしれません。まあ、心配しなくても相手が一人しかいなければ遠ざかることはないでしょう。他に奥さんとかご主人など家族がいれば、そちらに愛情が移ってしまうことはあるみたいですけど。それは寂しいのではないでしょうか。だから手入れをするときは気を付けてくださいね。
止血の必要がないように。でも、大型の動物に捕食されることのある生き物は、あまり苦しまないようにできているらしいですけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする