文鳥がキュッキュッと鳴く心境

文鳥にとって甘えている時とかではないでしょうか。
キュッキュッという声からは、威嚇や嫌悪、恐怖などは感じませんね。その場合はギャーッとかすごい音なのではないでしょうか。ジャングルとかで聞けそうな。それか、弱っているのかもしれません。風邪でつらいとか。その場合は体を湯たんぽとかで温めて病院に運んであげましょう。ビタミン剤を垂らしてあげるのも忘れないでください。あとは、おそらく
文鳥は眠いんですよ。まどろみながらぶつくさと寝言をいうのだと推察します。むにゃむにゃという感じですかね。

そして、寂しいというのが普段起こりがちなことです。飼い主さんを呼んでいるのかもしれません。その時には、声をかけてあげるとか。でもあまり構いすぎてもわがままなペットになってしまいますから毎日放鳥を60分くらいというのはありますよね。ちゃんと、レクリエーションを忘れなければ基本的に大丈夫でしょう。

いえ、平気ではないのかもしれません。もしかしたら、パートナー、友達など同じコンパニオンバードがもう何羽か必要です。ドイツでは単体の飼育は罰せられるのかな。法的に駄目みたいです。すごいカルチャーショックですよね。意識の高さが違います。詳しい人がいて、動物に敬意を払っているのでしょう。それで決まりを作ったのかもしれません。とにかく、病気でない場合は心配しなくていいでしょう。
キュッキュッというのはね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする