文鳥が偉そうなのはスズメ科だからか

遥か遠い南国でしたっけ?から輸入されてきたエキゾチックアニマルな生き物。実は、生息していた地域ではごく一般的で
文鳥はスズメみたいなポジションなのだとか。だから性格的にどのような影響があるのか疑問かもしれませんが、日本では控えめなイメージがありますね。近寄るとすぐに警戒して高い空へ飛び去ってしまう。でもドリトル先生という物語ではチープサイドという非常に生意気な、シャカリキなやつが出てくるのです。

文鳥の気質について考察

ロンドンという都会で、犬や人工物による事故(ペンキの入ったバケツに落っこちて羽が固まってしまう)など、まあ滅多に起こらないことではありますが天敵が多い過酷な環境で生きているだけにそのような性質が強いといえます。好戦的で、喧嘩を吹っ掛けるような。攻撃的になる時もあるかもしれませんがどちらかといえば
文鳥はそう、しっくりくる言葉はナルシズムを感じさせるというか、ツンとしているようなところがあるという。でも、それは飼い主さんの接し方にも問題があるかもしれず、やはり動物というのは第六感が強くて空気を察する、人の心を見抜く能力に優れています。テレパシーで古代人は会話していたとかいう説を聞きませんか?そのような力が備わっているかもしれません。ですから、純粋な愛情のみで接さないと高飛車な面が強く表れる個体になるかもしれません。
文鳥は手に乗ってくれるほど懐く一面もあれば、やはりプライドが高いのではないかという
偉そうに感じさせる態度もありますね。体の色が真っ白というのも何か関係があるでしょうか。昔から神聖なものとして崇められてきたのはキツネとかカラスでも、人の着物でもホワイトなカラーですからね。風水的に神経質とかになりやすいといわれていますが。六白金星も、自分勝手というかわがままという特徴もあるみたいですし。だから、シナモンは別として単色の場合はそのカラーが影響しているのかもしれないというのを思いつきましたが、どうなんでしょうかね。

違う性格のペットと暮らしたいなら

コンパニオンバードといっても種類によって性格が様々なところが面白いですよね。オカメインコはのんびりしていて、怖がり、気が弱くて自分より体の小さい鳥に押しのけられたり噛まれることもあるようです。セキセイはより幼い感じ。特にオスは3歳児という雰囲気であるといわれているかもしれないですね。ウロコインコは知的さが動作に漂っている。このように、ある程度やはり遺伝によって決まっているのだと思います。だってどのような育てられ方をしてもやっぱりオカメインコは比較的おっとりしていますし。どんくさくて笑ってしまうこともありますね。ですから仕方がないと割り切らなければなりません。
偉そうなところも個性だと受け止めて楽しく暮らせばいいのではないでしょうか。

文鳥の掃除にエタノールは禁物なのか

人間のように、アルコールに対して酔っぱらってしまうというのは
文鳥も同じです。ハエとかも、瓶に閉じ込めてかがせると中毒で倒れるといわれています。沸騰した熱いお湯を除菌に使うのが一番一般的なのではないでしょうか。後に成分が残りませんからね。でも、何を使うとしてもよく洗い流してすすいだりすれば別に大丈夫だとは思いますが。

消毒する際の文鳥への配慮

ケージに入っている状態ではもちろんできません。そんなに、たくさんスプレーしないとしても、除菌の成分は舐めてしまうと体に悪いですし、個室というテリトリーを侵害するのはいくら懐いている飼い主さんとはいえ許せない気持ちになる場合もあります。機嫌を損ねないためにも、基本的に
文鳥を外に出してからお掃除をするようにしましょう。威嚇して噛んだりする場合もあれば、そんなにはっきりとあらわさない場合もあるかもしれませんが、例えば止まり木に糞がくっついたからちょっとふき取ろうみたいなテンションで手を入れるときに気に障るかもしれません。

エタノール以外のおすすめ

世の中には、塩素、アルコールなど、衛生を保つためのツールはたくさんあります。よりやんわりとした効果の食酢や重曹というのは体に優しいことで知られています。でも、カビとかウイルスをしっかり除去するならやはり熱湯か、塩素系漂白剤が良いでしょう。
エタノールは濃度によってはあまり意味がないみたいな話も聞きますからね。

薄めて使っては効果がないかもしれないということですからそのあたりも気を付けなければなりません。
熱湯を使う時は、一瞬で菌は退治できないかもしれないので何秒かにわたりかけるというのが基本の使い方になります。
コストも、お湯を沸かすガス代や水道代なので、かなり安く抑えられます。

ですから、やはり何日かに一度は大掃除をして、ケージの部品もすべてブラシでこすって糞を落としてエタノールや熱湯消毒しましょう。

止まり木については、くちばしをぬぐったりするときにも接触しているので、不衛生だと感染症にかかる危険性が増します。

ですから放鳥の時にでも取り外してすぐに除菌したほうが良いかもしれませんね。
免疫力が衰えないようにビタミンCが不足しないように心がけましょう。まとめると、
エタノールをあえて使うメリットはそれほどなさそうということと、プライバシー、テリトリーに配慮しましょうということでした。あと酔っぱらわないためにかがせないようにしましょう。

文鳥にわざわざ液体カルシウムを与える必要があるのか

煮干しとか食べていれば充分だと思いますけどね。まあ、ボレー粉とかは洗わなければならないのでそれが面倒くさい
文鳥の飼い主さんにとっては好まれるのでしょう。でも、ビタミンDも摂取しなきゃだめですよ。吸収できませんからね。どちらかといえば合成するという感じですけど。紫外線を浴びて。日光浴はしっかりしないといけません。

ですから、毎日カーテンと窓を開けて網戸にしてからしばらく日向ぼっこさせましょう。怖がることもありますけど、それは逃げ場がないからかもしれません。やはり日陰もないと、暑すぎて不安になりますからね。その点に気を付けて、あとは脱走させないように注意してください。

欠乏で文鳥に起こる疾患

煮干しはタンパク質とか微量の塩分も摂取できますから、栄養が豊富です。脂溶性ビタミンも豊富なのではないですかね。不足するとくる病とかいいましたっけ?足の骨の軟化とか変形が起こるかもしれませんし、スカスカになってちょっとしたことで折れやすくなるかもしれません。文鳥のくちばしや爪の生成にも異常が出てしまってやたらに伸びやすくなったり、形がいびつになるのではないでしょうか。

過剰になると、今度は吐いたり頻尿になるかもしれません。ですから、あまり血液中にこのミネラルが豊富になりすぎないように気を付けてください。

あと、カルシウムには善玉とその逆の作用のものがあるといわれています。それはどういうことかといえば、例えば焼いたサンゴとかは吸収されるのが早すぎて、血管にくっついてしまったりするみたいです。そうすると、脳こうそくとか詰まりになりやすくなります。

カルシウムの種類によっては逆効果

石灰化というのは確か、関節とか手首に痛みが走るものでしたっけ。五十肩とかもそうなのかな。腕が上がりにくくなるなどの不自由があるものです。そのようになりやすい悪玉カルシウムというのは避けたほうが良いですね。でも、あまりサプリメントのことは知りませんが、飲んでいると、ん?むしろ歯や骨に対して逆効果な気がするという体感のものがあります。メーカーに睨まれてしまうかもしれないので、具体的にどの製品がとはいいませんけど。

でも、そのようなものがあるということだけは覚えておいたほうが良いかもしれません。なぜなら、善玉でないと、むしろ摂取するたびに体内から減ってしまうといわれています。その知識があったからこそのプラシーボ効果なのかもしれませんけどね。お使いになっている
液体カルシウムがちゃんと効いているならいいのですが。そうでなければ小魚とか自然の食品から補給させたほうが良いかもしれません。

文鳥に枝豆を与えたいけど生と塩は駄目か

夏になると、たくさんの
枝豆が実を付けていますね。塩ゆでして食べるのが一番おいしいですが、
文鳥と分け合いたいという場合はあまりナトリウムを与えてしまうと駄目みたいです。ですから別のお鍋にお湯を沸かして真水で調理しないといけません。案外、蒸してもいいかもしれませんね。甘味とかを逃がさずに。でも、加熱は必ずしないと危険です。レクチンとかいいましたっけ、たしか生で食べると中毒になります。吐き気がしたり、下痢などの害があるかもしれません。なので必ず茹でるなどしてから与えましょう。それにしても、甲状腺を阻害する成分があるのであまりたくさんではないほうがいいですよ

ご飯にマヨネーズと和えるの好きだったなあと思い出しました。子供の頃は
枝豆をそうやってよく食べていましたね。もちろんコンパニオンバードにアルファでんぷんは禁物です。ブドウ糖が多すぎてガンの腫瘍とかが増える原因になってしまいますからね。カビが増えて喉や胃の炎症も。若いうちに収穫するとベータカロテンとかが多いのでしょうか。タンパク質が豊富なんですよ。アミノ酸を換羽期に与える人が代わりに枝豆をおやつにしてもいいでしょう。熟成したら乾燥大豆になってしまいます。どちらが好きですか?若いうちはエグミが少ないような気がして食べやすいですね。でも黄な粉にすればおいしいです。単に煮たのとかはあまり好きではないですし。でも基本的には加熱したものは
文鳥にとって自然に反しているのであまり与えないほうが良いかもしれません。コーンとかはどうなんでしょうね。ひよことかインゲン、レンズ。エンドウなど他の穀物は。基本的に、加熱して与えたほうが良いでしょう。レクチンがありそうですからね。でもコーンとサツマイモという炭水化物が多そうなものは
枝豆と違ってそのまま調理せずに食べても害は無いと聞いたことがあります。

フトアゴヒゲトカゲの便秘にどんな原因があるか

対策方法も一緒に、
便秘についてご紹介します。
フトアゴヒゲトカゲというのは、普段どんな餌を食べているかにもよりますが、消化不良とか水分不足、運動していないなどによって糞詰まりになる恐れがあります。コオロギなどは、乾燥しているものはふやかしてからのほうがいいかもしれません。どのくらい、普段水を飲むのか分かりませんが、例えば人間に例えると焼き芋や炒り豆、乾燥したフルーツなどを食べたりした場合には水分を意識的に摂取しないと翌日滞ってしまうこともあるかもしれません。あと

便秘に関するミネラルでは、マグネシウムが不足した時にかなり危険です。焼き固めたクッキーみたいに、あるいはちょっとした岩石のような塊になってしまうかもしれないからです。糞がですよ、そうすると肛門が切れて痛がるかもしれませんね。ボラギノールを塗ってあげるわけにもいかなさそうですし、野生動物にとっては結構こうなってしまうとつらいものではないでしょうか。死活問題ですからね。食べて、出す。というこの基本は毎日欠かさず行わなければならないものです。もっとも、

フトアゴヒゲトカゲなどは、低体温になって休眠みたいになっている期間は代謝が鈍ってご飯を拒んだり糞をしないこともありますけど。ミルワームとかは脂肪が多いので、うんちの滑りを良くして予防に良いかもしれません。でもカロリーも高いのでどうですかね。冬の前には、休眠に入る前に栄養価の高いものを食べたほうが良いかもしれませんから与えてみるのもいいかもしれません。でも、飼育下ならヒーターで室温を上げて活発にしておくというのもいいですね。なぜなら、じっとしているのを見ていてもつまらないですから。それに、冬眠に失敗してそのまま亡き人、もとい
フトアゴヒゲトカゲになってしまう可能性もあります。そうなってしまっては悲しいですからね。ところで、人間は下剤を飲んだり浣腸をしたりできます。そのように、予防だけではなくて治療を自宅でもできないものでしょうか。もちろん、分量とかを間違えるとかなりお腹が痛くなってしまったりして大変なので素人よりは獣医に任せたほうが良いのは言うまでもありません。しかし、マグネシウムを少し多めになるように餌を工夫するとか、スポイトでグリセリンを薄めたものを肛門に注入するなどトライしてみてもいいのではないでしょうか。なんなら、ただの水を入れるだけでも腸を刺激するので

便秘の解消にいいかもしれません。塩素は腸内細菌を減らしてしまうので、できればミネラルウォーターみたいなものや、沸騰させてカルキを飛ばしてから冷ましたものを。グリセリンとかを使うのが怖い場合はそのようにしてみてはいかがでしょうか。

あと消化不良になっているだけかもしれないので、ヒーターで温めたりライトで温浴させてみてください。そうすると動き出して、糞も毎日のように快便になると聞いたことがあります。

なるべく人工的にではなくて、自力に任せる、能力を引き出すということですね。大げさな表現ですが他の言い方が思い浮かばなかったので。

可愛いフトアゴヒゲトカゲ。痛みや体のつらさはかわいそうですからなるべく早く手を打って糞詰まりから解放してあげましょう。

フトアゴヒゲトカゲの暴れる(特に温浴の時)原因とは

バタバタと
暴れるのは、なぜなのか。謎の行動が気になる
フトアゴヒゲトカゲについてです。本来、野生の環境だったら走り回っているのではないかと考えます。ですから運動不足を実感して、手足を動かしているのかもしれません。

温浴と関連しているのか

ライトを点けたら、活発になるということはあるようです。人間も、お風呂に入って温まったりすると腸が働き出して催したりすることがありますよね。そのように、自律神経が切り替わったりして、バタバタしているのかもしれません。暑くて、冷たい地面を探しているとか。
フトアゴヒゲトカゲは、日向から岩陰などに素早く走りこみたい気分なのではないでしょうか。自然界では良く見られそうな光景ですよね。それか、第六感が発達しているとしたら地震が来ることを感知している可能性もあります。魚とかもやたらに泳ぎ回ったりとか、インコもパニックになるみたいな話を聞くことがありますよね。ネコや犬はどうでしょう。
暴れることなく、いつでも落ち着いているイメージですが。どちらかといえば小さい生き物のほうが敏感ですかね。でもソワソワとしているかもしれません。

まとめ(フトアゴヒゲトカゲの暴れるわけ)

ということで、暑さやまぶしさなどの何か体の不快感から逃れようとしている、興味を持ったものがケース越しに見えている、広い場所で走り回りたがっている、地震などびっくりしてパニックになったなどの原因が考えられます。そして、特にライトを点けたタイミングとかではなくて定期的に最近、なんだかうるさく騒ぐことが増えたと感じるなら寄生虫への感染による痒さとか痛みなどを内臓に感じている可能性もありますから、エキゾチックアニマルを担当する獣医さんに
暴れる治療をしてもらったほうが良いかもしれませんね。その費用は分かりませんが、高額になると大変なのでペット保険というものに加入しておいたほうがいいのかなと考えます。犬や猫のみならず、
フトアゴヒゲトカゲインコとかも対応しているのでしょうかね。詳しくはないのですが。気になる人はちょっと調べてみてはいかがでしょう。

フトアゴヒゲトカゲの糞に血が付いている原因は?

血便といいますね。
糞に混ざる赤色が、それと分かる鮮やかなカラーの場合は肛門のすぐ近くに傷が付いている可能性があります。

フトアゴヒゲトカゲが、痔である場合もあるかもしれません。うんちが大きくて、出すときにちょっと切れてしまったとか。便秘気味の時とかに起こりがちです。やはり溜めていた期間、水分は腸壁から吸収されますから(人間の場合であって、爬虫類も同じなのかは知りませんけど)カチコチに固まります。

ですからそれを防ぐために2つの対策をしていきましょう。あ、もちろん他に内臓の疾患である可能性もあるのでエキゾチックアニマルの動物病院で診てもらったほうがいいかもしれません。

運動不足とマグネシウム

もちろん、水分は欠かせないのですがあまり飲んでいなかったりすると、便秘になりやすいですからね。乾燥したコオロギなどの餌を与えている場合は、どうしても不足しやすいので水に浸して戻してからのほうがいいかもしれません。

そして、マグネシウムというのが欠乏すると
糞が硬くなります。多すぎるとお腹が痛くなって下痢をします。塩も少しは必要ですよね。野生の場合は岩を舐めているのではないでしょうか。ロックソルトです。

フトアゴヒゲトカゲに粗塩を少し与えれば、補給できるでしょう。ナトリウムも熱中症の予防には重要ですからね。

あとは、運動をさせましょう。やはり、左右にお腹を揺らして走っていますよね。野生の場合は。広いですからたくさんジョギングできます。

飼育されていると狭いです。ですから運動量はどうしても減ります。それが便秘の元かもしれません。毎日、一時間くらい部屋に開放して自由に移動させてみてはいかがでしょうか。

まとめ(フトアゴヒゲトカゲの糞に血が付く原因)

ということで、病気の可能性もありますが、黒っぽくなくて明るい赤の場合は切れ痔の可能性が高いということをご紹介しました。

金属とか、とがったプラスチックの破片など消化できないものを飲み込まないように気を付けましょう。それらが排出されるときに肛門を傷付けて
血が出ているかもしれないからです。

フトアゴヒゲトカゲの内臓が病気である場合は早めに獣医さんに治療してもらいましょう。

トカゲに爪切りをするときのポイント

トカゲの尻尾を見かけることはあっても、あまり手に乗せる機会がないためか、飼い主さんくらいしか
爪切りの必要性を感じることはないでしょう。

しかし、インコやネコみたいに、伸びるものなんですね。野生の場合はどうしているのか考えてみると、岩とかで削っているのかもしれません。

やっぱり、そんな知的な行動をしていることはあまり想像できないので、たくさん長距離を走り回ることによって細かな砂によって自然と研がれているのでしょう。サンドペーパーといいますしね。インコとかの止まり木に付けるヤスリは。

だから室内で飼われている
トカゲのみに必要な手入れということになります。ネコとかは血管が爪の中に通っているのですが、同じですかね。だとしたらうっかり血が出ないように太陽光に透かして見ながらパッチンする必要があります。

それにしても、
トカゲを手にもって空にかざしているのを想像したら、何とも言えない可愛さがあると思いませんか?腕から手のひらにかけてとか、ぷっくりしたお腹とかがすごく好きなのですが。爬虫類が嫌いという人があまり理解できません。いかにも、怖そうな蛇はやっぱり苦手ですけど。

ヤモリ、カエル、あたりはすごく好きですね。そして、もし出血したらきっと痛みはあるのか分かりませんが、暴れるかもしれません。でもそれを押さえて小麦粉をまぶした指でギュッと止める必要がありますね。お線香とかを使う人もいますが、それが怖ければ市販のパウダーや台所にあるものを使いましょう。

あと
爪切りの際、動かないように固定するときに、お腹や呼吸器などを潰さないように気を付けてください。内臓を傷付けてしまっては危険ですからね。以上でトカゲのお世話についてでした。

プレーリードッグの臭い対策とは

ペットの
プレーリードッグは中年のような皮脂の酸化した・・・とか、そういう
臭いのではないでしょう。下痢というのもあるかもしれません。毛並みからくるのかと思いきや、実はホルモン的な、ワキガのようなアポクリン腺みたいな器官から発せられるマーキングのだったりするかもしれません。これは、子育ての時期に主に見られるか、あるいは縄張りを主張しなければならないような事態に陥っているかですね。それで
プレーリードッグは、もしかしたら適合できないことによるストレスとかを抱えているかもしれません。睡眠時間をきちんと確保してあげることも大切です。
ハムスターはちょうどいい環境を整えてあげるのがとても難しい生き物なのですが、他のペットも飼っているとか、掃除の度に落ち着かない様子を見せるなどがあるなら自分のテリトリーが安心できなくて、過度にマーキングを付けようとしている可能性も考えられますよね。ハムスターの場合は地下の巣穴がしっくりくるはずなので、地上に出ている時みたいに風が吹き抜けやすい環境はあまり好みません。というか、正確に表現すれば狂いそうになって無我夢中で逃げ出そうとして脱走を図ったりします。

そのようなサインを単なる「よくあること」で済まさずに、ちゃんと手作りで地下型の巣箱とかいうのを用意してあげるところまでする飼い主さんは、ペットを気にかけていると思いますし優しくて素晴らしいなと感心します。どんな目的で、用途で動物と暮らすかというのは人によって様々ですけど、中には我慢できずについパワーハラスメントのようなことをしてしまうという場合もあるかと。何なんでしょうね、加虐したくなるような雰囲気なのか、見た目なのか特徴があるかのようです。

ところで、
プレーリードッグにも共通することですが、洗濯物は早く乾かさないと雑巾みたいに菌の香りが漂ってきます。それと同じことが、動物の毛に対しても言えますね。ですから、もし水浴びをしたらドライヤーの冷たい方でもいいですから手早く乾燥させましょう。そして、それは熱風だと火傷をしてしまうかもしれないからであって、遠ざけてちょうどいい塩梅に調整したら大丈夫ですよ。でも、
臭いのが下痢だとしたらやはり鬱憤が蓄積して病気になりそうなのかもしれないですね。こればかりは、飼い主さんがいくら「この部屋には敵はいなくて安心だから」「自分はペットが大好きだから」と愛情いっぱいでいても、向こうはそう思っていないかもしれないので難しいところです。合わない環境というのは、本当につらいものです。人間の自分でさえそのような経験があり、物を言えぬ動物たちがもし一生涯もそのようなしんどさを味わっていたらと思うと、なんだか形容しがたい気分になりそうです。

しかし、本来飼い主さんとは全く別の生き物です。意思疎通もできませんし、完璧にお世話できなくても無理はありません。でも、なるべく生態などについて詳しく調べたり、健康のために添加物をあまり使用していない餌とか、ビタミンやミネラルなど必要な栄養素がちゃんと欠乏することなく補給できているかなど気を配ってあげましょう。

ちなみに、保温のし過ぎは過剰に子育てモードになってしまいます。子孫を残すにふさわしい季節、つまり餌の多い時期だと勘違いしてしまうんですね。ですから、
プレーリードッグはあまり晩秋から冬などにかけて、暖房を効かせすぎずに過ごすといいかと。どんなに可愛いペットでさえ同じ空間で暮らすのが辛くなりますから早く解消できると良いですね。

ハリネズミの痩せすぎる病気と偏食

ハリネズミは好き嫌いがあってお残しすることがある。生きた虫の餌を食べたらもう普通のペレットみたいなものには見向きもしなくなるかもしれない。やはり脂質が多いと中毒になりやすいかもしれないですね。

お腹を壊すということや、毒性によって亡くなるような場合もこの言葉が使われることがありますが今は依存性が高いという意味です。

ヒマワリの種とかを与えすぎるとインコでも太ることがあります。でもやはり、今回は
痩せすぎについて困っているので餌を食べていない原因と解決法などについて確認していきましょう。。。。
ハリネズミは、人間もですけど食事は普通にしていても
痩せていくことがあります。ダイエットしているのになぜか太ることもあるのと同じですよ。代謝がよくなったとかホルモンの関係でなぜかエネルギオーの消耗が早い、吸収されていないということがありますね。

ガンとかね。新薬の開発は進みますが、やはり副作用とかの話を聞くとあまり良いイメージは持てません。痛みとかはどのくらいなんでしょうね。そうなるとやはり現代医学に頼りたくなる、藁をもすがる気持ちになるのかもしれません。

しかし、動物の場合はそもそも腫瘍があったところで飼い主に話しかけて主張することができませんよ。ですから食欲がないとか、そうでないのに
痩せるという場合にはやはり早めの診察で病気を発見したほうが良いでしょう。エキゾチックアニマルなので受け入れてくれる獣医さんもまだまだ全国には少なさそうですけど、頑張って探すしかないですね。

遠方までわざわざ電車とか使って通院する飼い主もいるらしいですけど、やはり珍しい動物は大変ですね。鳥とかもそうですよ。まあそれはいいとして、糖尿病とかもありますし、甲状腺の機能が促進されているのかもしれません。

鈍ると逆に太りやすくなると聞いたことはありませんか。これは、エネルギーを代謝しているのに関わっているホルモンの出る場所だからです。ヨウ素不足で甲状腺はがんになるかもしれません。インコにも多いみたいで、やはり穀物では不足するからでしょう。

ミルワームとかを
ハリネズミに与えている人は多いかもしれませんが、それで補給できるものなんでしょうか。煮干しとか海苔みたいなのは豊富ですけどね。猫は不足しないでしょうね。犬は鶏肉とかが使われているドッグフードが多いですが、キャットはお魚の製品が多いイメージです。

とにかく、どんな病気だとしても基本はビタミンやミネラルが不足すると体調を崩す原因になるので補給させてくださいね。それから体に悪い要素が何かあるなら、ストレスとか塩素、農薬、などをなるべく減らすようにしてみてはいかがでしょうか。

こんな感じで、
痩せすぎになったら下痢でないかとか、単に偏食であまりおやつ以外に関心がないみたいなことでないかもチェックしてみましょう。やはり餌が悪いとカビとか菌でお腹を下してしまいますし、
ハリネズミの腸内環境が悪いとあまり消化吸収がうまくいきませんからね。

乳酸菌とかのペット用製品も活用してみるといいかもしれません。暑いと水が腐りやすくなるので気を付けましょう。参考になればいいですけど、誰もがインターネットで気軽に情報発信できる世の中ですから複数のサイトで確認して判断することをお勧めします。鵜呑みにしないということは大切です。