文鳥の死因はたくさんある一覧を紹介

死因が多いというのも、コンパニオンバードの特徴であって、飼い主である自分がもっとしっかりしていたら防げたかもしれないのにと後悔することがないように、あらかじめ勉強しておいたほうが良いかもしれません。というわけでご紹介しますから予防の役に立ててください。たくさんあるのですがノイローゼにならず落ち着いて対策していきましょう。

中毒が死因の場合

観葉植物と金属。アボカド、お菓子、ガスなどによって肝機能障害や神経がおかしくなって亡くなるというものです。好奇心旺盛だと、あらゆるものをくちばしで噛んでみたくなるかもしれません。飲み込まずに吐き出せば、重症にはならないかもしれません。植物からは成分が既に若干溶けだしているかもしれませんけど。舌下錠というのがあるほど吸収されやすい箇所ですからね。なるべくちゃんとしまっておきましょう。
死因2つ目は、圧迫や窒息など体に力を加えられたことによるものです。亡くなり方としては飼い主にとってのショックがとても大きいかもしれません。直接
文鳥に手を下してしまったわけですからね。起こりやすいのは、爪切りの時の固定と、油断している時に足や腰の下、つまりフローリングとかソファにいたり、ドアの隙間にちょうど飛んできたりすることで、座ろうとした時や部屋を後にするタイミングで踏んだり挟むというものです。なるべく目を離さずに集中して、常に注意を向けながらペットのケージに戻すまで油断しないでください。

文鳥の目によるもの

これは知らなかったから仕方がないとはいえ、窓を見ても何もないように見えているということを理解する必要があります。それから、呼吸器が人間より弱いとか、違いがあるということをちゃんと意識した対策が必要です。ストーブは使わず、キッチンに入らせない、コンロを使う時には特に気を付けて絶対に部屋に放たないようにしましょう。つまり湯気というかガスを嗅がせずに。アロマやボディクリームに近付いたら体調を崩したということもあります。芳香剤も置かないほうが良いでしょう。とにかく
文鳥にとってガスや匂いなど人工的なものというのは、害になることが多いということです。こんな感じですかね。
ということで、まだたくさんの、病気とかの危険性もあるわけですからペット保険には入っておいた方がいいかもしれませんし、信頼できるバードのお医者さんを探したほうが良いですよ。でも、やっぱり一番は栄養状態に気を付けてあげることです。カルシウム、ヨウ素、ベータカロテン、青菜などの不足による骨粗しょう症や甲状腺のガンとかになるリスクがありますからね。
文鳥を管理してあげられるのは飼い主さんのみですからボレー粉を洗ったり野菜を与え、日光浴させたり頑張ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする