カエルの干からびた時の対処法

カエルは面白いですよね。人間より丈夫にできていて菌とかそういうのに近い生き物かもしれません。冬眠できるということも、環境の変化に適応できるという能力に優れている証拠でしょう。
干からびたら、まず水をかける。それで奇跡の復活、生き返るかもしれません。駄目なら諦めましょう。プランターや庭に埋めてあげてください。
反省して次の予防に役立てましょう。例えば時々、水をかけてあげるとか。
干からびないようにスプレーで湿度を高く保つ。暑い日には絶対にクーラーを付ける。直射日光が当たるような場所には置かないように気を付けるというのも基本的なことです。人間とは違って、皮膚でも呼吸をしているとか。いえ、進化した生き物でもわずかに行ってはいるのですが、
カエルのような両生類はその割合が高くて全体の酸素の半分を皮膚から取り入れているとか。小麦粉を捏ねている時に、水分が多めだと手にまとわりつくようになって、苦しいと感じます。やはり、細胞は酸素を絶たれてしまうと駄目なんでしょうね。