カエルを飼育していると臭いのはなぜか

スカンクみたいに、
臭いを出すということもあるみたいです。どちらかといえば、オポッサムのように死んだふりをする時に使います。自分は腐っていて食べられないからというアピールです。そして、飼育していて水槽から漂ってくるというのは、
カエルの体が悪いのではなくて、糞とか餌の残りなどが腐敗して水質が悪くなって起こるものです。ですから、掃除を心掛ければ大丈夫でしょう。ザリガニとかもそうなんですよね。実は、環境の汚れが原因なのです。ですから、驚かずにお世話をしていれば消えるでしょう。

病気の臭い

でも、やっぱり糞自体が質が悪いと強烈かもしれません。例えば胃腸が不調だとか、悪玉菌が多すぎるとか。ペット用の乳酸菌を補給させてあげてみても良いかもしれませんね。爬虫類用に販売しているのを楽天で見かけたような気がします。でも、そういうのにはブドウ糖が入っていたりするかもしれません。ところで、
臭い理由ですけど与えている餌というのも、虫ではなくて粉を水を加えて混ぜてお団子みたいにまとめるタイプだと、とうぜんタンパク質のみでは捏ねられないのででんぷんも入っています。それは、カビを増やしてしまいます。ですから、糞が悪くなってしまうかもしれません。実際、虫よりも下痢をしやすいという感想を持っている飼い主さんもいるみたいです。人それぞれ、おならが違うようにやはり何を食べているかで発酵具合が変わってきてしまうんですね。

カエルのためにはどんな餌がいいか

おすすめなのは、ショウジョウバエです。筒のような入れ物に、遺伝子改良で飛べなくした成体がいます。それは扱うのが楽そうですし、そのケースの中で卵を産んで増えていくので、子供、孫という感じでずっと養殖できます。それを与えれば費用の面でお得ではないですかね。それも通販で購入できるのでぜひ探してみてください。あと、乾燥コオロギとかもいいかもしれません。でも、小さいのしか食べないですから適当に切って与えると良いでしょう。また、水分不足で
カエルが便秘になってしまうとかわいそうなので、ぬるま湯でふやかしてみてはいかがでしょうか。