カエルは暑さに要注意

干からびてしまうと大変ですからね。それでも、生命力が強くて水を掛けたら復活するみたいですけど、試してみようなんて思わずに、
カエルにとっての適温は何度くらいか考えてあげましょう。インコとか文鳥も、南国出身の割には熱中症になりやすいかもしれません。直射日光に当たっているのは最悪です。火傷しそうなレベルですからね。エアコンを使って、温度調節をしてあげましょう。

カエルは寒さにも弱い

冬眠をする生き物ですからね。冬はヒーターを使ってあげなければならないでしょう。でも、ある意味手が掛からなくて室外でも育てられそうですね。まあ、部屋の中に入れておいて場所をそんなに必要としないので助かります。手軽に育てられるペットですよね。爬虫類が苦手な人でも、ヤモリとか
カエルは結構好きな場合があるかもしれません。トカゲなんかは可愛いですけどね。さすがにヘビは模様によっては恐ろしい印象があります。

暑さによって起こる症状

夏は人間も、熱中症に気を付けなければなりません。ペットと一緒に、無事に過ごせるように水分補給などに気を付けましょう。そして、塩分も摂取することを忘れずに。倒れてしまっては大変ですからね。もし、家に誰もいなかったら救急車で運ばれることも無理で、そのまま命を落としてしまうかもしれません。それは避けたいですから気を付けましょう。
暑さは、お年寄りには厳しいかもしれませんね。加齢によって喉の渇きをあまり感じなくなるらしいので、意識してこまめに摂取しましょう。そんなに、気を張る必要もないですけど、定期的にトイレに行ったらその分補給するとか心がけたらいいですね。あまり神経質になってもストレスが溜まってしまいますから。カエルと季節の変化を乗り切りましょう。