カエルのあくびをする心理とは

あまり見られなさそうな
カエルの行動にはどんなものがあるでしょうか。時々、暴れることもあるみたいですが。病気ということもありますし、原因はわからないもの。例えば、気分とかかもしれません。あまり感情のなさそうな生き物に思えますが、そうではないのかもしれませんね。頭も良いのかもしれません。ガマ君の本とかありましたが、服を着て深く考えを持つ文化的な姿はそれほど違和感のないものでした。

珍しいカエルの仕草

死んだふりをすることもあります。その時はお腹や足の裏にある毒々しい色で、食べないように天敵に注意を促しているようです。しかし本当に、キツネとかこの生き物の持つ寄生虫で命を落とすことがあるといいます。ところで、
あくびをするのはどんなときでしょうか。眠いのかもしれませんし、緊張をしているのかもしれません。夜行性なので昼間、ある程度明るくないと睡眠不足になってしまうことも考えられるかもしれません。そして、飛んでいる虫とか、餌を捕食する前などに行っているという意見もあります。なぜかといえばプレッシャーを弱めるためですね。命が掛かっていますから、狩りをする時は真剣なのでしょう。

インコとかもあくびをする

哺乳類で言ったら、シマウマみたいなものでしょうか。天敵が多い小さな鳥というのは、とても怖がりです。ですから知らない人や家具、野菜などを見るととても緊張してしまいます。そして心を落ち着けるために頑張っているのです。耐えられずにパニックを起こしてしまうこともあるかもしれませんが、
あくびを何回も試みて正気を保とうとしていることもあるといいます。全く違う生き物ですが、心理は似ているのかもしれませんね。というわけで、以上
カエルについてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする