文鳥の蜘蛛騒動

些細なことにもびっくりして怯え、暴れることがあるのが、
文鳥という生き物です。ですから環境は常に、あまり新しい刺激がないように整えておかなければなりません。家具のカバーとかを変えただけでも結構、パニックになることもあります。特に、ブラックなカラーのドット柄とかは苦手なセキセイインコが多いといいますからね。目のように見えてしまうものは避けるべきでしょう。

文鳥と生き物の対決

出くわしてしまうことがあります。部屋に放している時間などに、ゴキブリ、猫、地域によってはムカデ、ネズミ、蛇などに。野生でも、いったいどこから入ってきたのかというような疑問に思う感じで出現することがあります。デスマッチとなり、場合によっては亡くなってしまうこともあるので気を付けましょう。特に、
文鳥にとって危険なのが忍者のようにあらゆる通路を作り出して侵入する、チーズ泥棒であり生命力が強く百戦錬磨の達人、ネズミさんは神出鬼没で、いきなり現れて噛んでいくということがあるので注意してください。
蜘蛛はすごく小さくて1ミリしかいないような奴が時々、部屋に出ますね。
そしてちゃっかり巣を作っています。家具の角とかを利用して。気付かずに手を突っ込んでしまうと、びっくりしますね。もう少し大きいサイズでブラックなのも見たことがあります。これはもう、虫嫌いとしてはアウトです。絶対に触りたくないですし、動きも早くて腕とかに登られてきたらと思うと窓の外に出すのも気合を要しますよね。集中力、反射神経などを駆使して苦労しますよ。駆虫スプレーは使わないであげたいです。なんとなく、蚊やハエ、ゴキブリとは雰囲気が違うというか、祟りがあったら怖いなと思わせる何かがあります。小説など作品の影響でしょうか。親切にしておいたほうが良いのではないかと思わせるのです。動画で見かけたような気がするのですが、すごく大きい
蜘蛛が、それこそペットを襲いそうになることもあるかもしれませんね。自分の家には絶対出ないと確信できるならいいのですが、田舎とかでは頻繁に見かけるのかもしれません。ネズミも昔は多かったですね。青いタヌキのようなロボットの出てくる漫画でも、悲鳴を上げてポケットから熱線銃とか爆弾を取り出すという危険な展開になることもありました。
蜘蛛はハエを食べてくれるから、ペットとして飼いたいといっている人もいるみたいです。無害なら、まあ置いてみてもいいかもしれませんね。
でも本来だったら虫とか食べてもいいと思うんですけどね。
野生の場合はミミズとかそうしているでしょうし。タンパク質の補給源になるんですよ。

蜘蛛を捕まえて食べさせるのも良いかも

乾燥したコオロギとあも販売していますからね。お米とか穀物や木の実ばかりの雰囲気があるコンパニオンバードですが、やはりアミノ酸はどの生き物にとっても欠かせない餌となっていることは間違いありません。ですから、不足すると飼い主さんの指とか腕などを噛みだすこともあります。あわよくば肉片をとか狙っているのかと思うと、いくら大切なペットとはいえちょっと背筋が凍りますね。まともに対決したら絶対に人間が勝つのに、油断させておいてというのは、愛情の武器というやつを使っています。かわいくて何でも許せてしまうからと言って、さすがに自分の体を切り取られていいはずがありません。ですからちゃんと
文鳥に卵、鶏肉、などアミノ酸は補給させましょう。