ハリネズミの痩せすぎる病気と偏食

ハリネズミは好き嫌いがあってお残しすることがある。生きた虫の餌を食べたらもう普通のペレットみたいなものには見向きもしなくなるかもしれない。やはり脂質が多いと中毒になりやすいかもしれないですね。

お腹を壊すということや、毒性によって亡くなるような場合もこの言葉が使われることがありますが今は依存性が高いという意味です。

ヒマワリの種とかを与えすぎるとインコでも太ることがあります。でもやはり、今回は
痩せすぎについて困っているので餌を食べていない原因と解決法などについて確認していきましょう。。。。
ハリネズミは、人間もですけど食事は普通にしていても
痩せていくことがあります。ダイエットしているのになぜか太ることもあるのと同じですよ。代謝がよくなったとかホルモンの関係でなぜかエネルギオーの消耗が早い、吸収されていないということがありますね。

ガンとかね。新薬の開発は進みますが、やはり副作用とかの話を聞くとあまり良いイメージは持てません。痛みとかはどのくらいなんでしょうね。そうなるとやはり現代医学に頼りたくなる、藁をもすがる気持ちになるのかもしれません。

しかし、動物の場合はそもそも腫瘍があったところで飼い主に話しかけて主張することができませんよ。ですから食欲がないとか、そうでないのに
痩せるという場合にはやはり早めの診察で病気を発見したほうが良いでしょう。エキゾチックアニマルなので受け入れてくれる獣医さんもまだまだ全国には少なさそうですけど、頑張って探すしかないですね。

遠方までわざわざ電車とか使って通院する飼い主もいるらしいですけど、やはり珍しい動物は大変ですね。鳥とかもそうですよ。まあそれはいいとして、糖尿病とかもありますし、甲状腺の機能が促進されているのかもしれません。

鈍ると逆に太りやすくなると聞いたことはありませんか。これは、エネルギーを代謝しているのに関わっているホルモンの出る場所だからです。ヨウ素不足で甲状腺はがんになるかもしれません。インコにも多いみたいで、やはり穀物では不足するからでしょう。

ミルワームとかを
ハリネズミに与えている人は多いかもしれませんが、それで補給できるものなんでしょうか。煮干しとか海苔みたいなのは豊富ですけどね。猫は不足しないでしょうね。犬は鶏肉とかが使われているドッグフードが多いですが、キャットはお魚の製品が多いイメージです。

とにかく、どんな病気だとしても基本はビタミンやミネラルが不足すると体調を崩す原因になるので補給させてくださいね。それから体に悪い要素が何かあるなら、ストレスとか塩素、農薬、などをなるべく減らすようにしてみてはいかがでしょうか。

こんな感じで、
痩せすぎになったら下痢でないかとか、単に偏食であまりおやつ以外に関心がないみたいなことでないかもチェックしてみましょう。やはり餌が悪いとカビとか菌でお腹を下してしまいますし、
ハリネズミの腸内環境が悪いとあまり消化吸収がうまくいきませんからね。

乳酸菌とかのペット用製品も活用してみるといいかもしれません。暑いと水が腐りやすくなるので気を付けましょう。参考になればいいですけど、誰もがインターネットで気軽に情報発信できる世の中ですから複数のサイトで確認して判断することをお勧めします。鵜呑みにしないということは大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする