セキセイインコの嫌がる水浴びを促す方法

大型のペットとは異なり、洗浄剤を使ってはならないというのはもはや知られた話です。
セキセイインコというのは、常温の水でないと油が落ちます。バリアなので残させてあげましょう。断るなら、鏡を置くと仲間がいると思って喜んで毛繕いするでしょう。最初はスプレーを掛けてもいいです。乾燥には強いみたいですが、雨はあまり降らない地域みたいですから。

オーストラリアですからね。暖かい部屋で乾くまで過ごさせましょう。寒さには弱いです。しかし、
水浴びを怖がるかしれません。それはなぜかといえば、学習できないからです。親や兄弟もいませんから、人生の先輩というのが飼い主しかいません。おすすめなのは容器に手を泳がせてパシャつかせて水滴を飛ばし、興味を持たせればいいのです。

他の動物はどのように寄生虫を落としているのかと気になりますね。意外にも不潔なイメージの泥を掛けたり、乾いた砂の粒を利用することもあります。虫というのはタンパク質が豊富で鳥の餌になりますから、運んであげる代わりに背中にとまらせて駆除してもらう動物もいます。オカメインコはくちばしで毛繕いするのが主です。

コミュニケーションのひとつであり、群のチームワークを良くする働きもあります。そして油は皮膚の毛穴から分泌されるものですが、これを羽毛に伸ばしておかないと雨をはじきにくくなりますから、体温が下がって亡くなってしまうかもしれません。人間も冷えによって命を失うことがあります。

災害などの時はビニールやアルミみたいな金属に見えるシートなどを体に巻いたりしていますね。このように、鳥にとっては大切な水浴びと毛繕いなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする